GS科 SSHオープン講座フィールド実習

9月16日(土)

みなさん、丹波竜についてどれくらい知っていますか。秋晴れの9月最初の三連休の初日、丹波竜にかかわる場所を巡っていくSSH(スーパーサイエンスハイスクール)オープン講座フィールド実習に行ってきました。講師には兵庫県立大学准教授・県立人と自然の博物館主任研究員の池田忠広先生に来ていただきました。巡検のコースは、丹波竜の里公園(丹波市山南町)~化石工房ちーたんの館( 〃 )~県立丹波並木道中央公園(篠山市)~県立人と自然の博物館(三田市)です。

バスの車中では、池田先生から丹波竜や中生代白亜紀の日本列島の様子、化石発掘と地域の人とのかかわり、先生ご自身のキャリアなどの講義がありました。

最初の訪問場所である丹波竜の里公園では篠山川に降り、特別に発掘現場で解説していただきました。篠山層群の地層を目の前にしての池田先生の講義はとても貴重な時間でした。移動して化石工房ちーたんの館では丹波竜の復元骨格や中生代のカエルなどの小動物の化石などの標本を前にしての講義です。県立丹波並木中央公園では篠山層群の露頭も見ることができました。

午後は県立人と自然の博物館で篠山層群の石割実習を行いました。割った石から化石を探し、いくつか化石を発見することができました。

本校GS科では科学の視野を広げるために地学に関する実習や、普通科や演劇科の希望者も参加できるオープン講座を年に何回か実施しています。今日一日、池田先生をはじめとして化石工房のみなさま、人と自然の博物館のみなさま、それ以外にも多くの方々にお世話になりました。ありがとうございました。