SSH生徒研究発表会 報告(1) 1日目

1日目「5時間30分のポスターセッション」

私たち化学部3年生は1年生のときから多くの人の協力を受けながら、なんでホットケーキは茶色いのか?、梅ジュースを氷砂糖で作らないといけないのはなぜ?など身近な疑問から「糖」に関する研究を続け、実験を繰り返してきました。
近畿総文へ出場するメンバー以外は6月で引退する予定でしたが、顧問からSSH生徒研究発表会の校内選考会出場の打診があり、参加を決めたものの何を発表するかに悩みました。これまでの研究の全てを発表したい気持ちもありましたが、焦点がぶれやすいことから、「カラメル化の構造的アプローチ」に絞ることを決めました。校内選考会でGS科課題研究との選考を経て、私たち化学部が北高の代表に決まりました。
その後の2カ月間、GS科のみなさんや物理部、先生方、研究でお世話になった甲南大学の甲元先生にもポスターを見ていただき、高校生だけでなく大学の先生方にも説明できるように工夫をして大会に臨むことができました。

大会初日
休憩をはさみ5時間30分にわたるポスター発表がありました。今回のメンバーは全員が学会や論評会に参加したことがありますが、ここまで長時間のセッションは誰も経験がなく当初は戸惑いました。しかし、他校の高校生や大学教授など多くの方々に、これまでの成果を発表し、議論を深めることで、足の痛みを感じないほど楽しむことができました。

このポスターセッションで、翌日の5000人を超える参加者に向けて行う口頭発表校6校を決める審査が行われました。審査員への対応では緊張してしまい、なかなか伝えたいことを上手く伝えることができませんでした。また次々と審査員と高校生や教員が説明を聞きに来られるため予定通りにいかないこともありました。ですが部員3人で協力して対応することでたくさんの質問に対する答えを導き出し、私たちの研究のポイントとそこから得られた新規性を訴えることができました。

1日目の最後は全体発表校の発表です。講評を聞きながらレベルの高い発表や実際にセッションをして面白いなと感じた発表が順当に紹介される中、なんとⅡグループ(化学系)で「兵庫県立宝塚北高等学校」の文字が!これには3人とも予期しておらず、スポットライトが当てられて起立しましたが、しばらく実感がわきませんでした。