スーパーサイエンスハイスクール指定校に決定(^^)<校長ブログ1023号>

3月28日(木)
平成31年度、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けることが決定しました。
2月13日<校長ブログ>で報告した通り、GS科の門井科長と一緒に文科省で受けた、あの時のヒアリングの成果?と言いたいところですが、本校のグローバルサイエンス科だけでなく、普通科、演劇科も含めた全ての学科の本校のこれまでの教育活動が高く評価された結果です。化学部、物理部(当時は園芸部物理班)の全国総文出場や今回の「科学の甲子園」全国大会出場も評価されたはずです。
平成31年度から5年間の指定です。年間に1千万円以上の予算を国からいただくことになります。平常の「課題研究」や授業の実験・実習の内容が充実するだけでなく、土曜日、日曜日、長期休業中に実施する様々なプログラムに、全校生徒の希望者が参加できるようにします。
さらに「課題研究」や自然科学系の部活動でも使うことのできる高額な実験・測定機器も購入する予定です。これにより、より高度な研究ができるはずです。GS科の卒業研究発表や化学部、物理部、生物部の県総文、近畿総文、全国総文での発表も楽しみです。
SSHの指定を受けると、県内外のSSH指定校の生徒との交流、大学との連携がさらに深まります。それは将来、大学生や社会人となって科学技術系人材として活躍するためのネットワークづくりの第一歩を踏み出すことにつながります。
もちろん文系理系の垣根を越えて、本校の全校生徒がSSHの恩恵を受けられるようになれば、素晴らしいことだと思います。今春、中学校を卒業して35回生として入学するみなさんも、SSH指定を受けた宝塚北高校のこれからの教育活動の中心として頑張ってください。
  
<本校の「開花宣言!」です(^^)>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)