「科学の甲子園」全国大会10位!おめでとう <校長ブログ1019号>

3月17日(日)
さいたま市で行われている第8回「科学の甲子園」全国大会、現地からのメールを紹介します。総合10位、本当によく頑張ったと思います。
*****
科学の甲子園全国大会 3日目
全競技を終え3,4日目は研修や交流が中心となります。早速、いくつかの学校とジャイロ二輪車のリベンジマッチを行う約束をしていました。
午前中は特別シンポジウムでした。ディープラーニングやゲノム編集等イノベーションをテーマに参加型のシンポジウムでした。(司会の方が長田高校出身ということもあり突然兵庫県に質問の機会が振られ、笑いを取りにいきましたあまり受けませんでした。)
この様子は後日Eテレで放送されます。(カットされていることを祈っています。)

午後は表彰式。すでに校長ブログやTwitterで紹介されている通り昭和技研工業賞(総合10位)に入賞しました。
実はここまでのブログでお伝えしている通りどの競技も実力が発揮できず、競技の度に落ち込み続けていました。「良くて20位くらいではないか」「自分たちはまだまだだ」という気持ちだったので一抹の望みは旭化成賞(優れたチームワークを発揮 した優秀校)だけでした。しかし受賞できず、選手の興味は「優勝はどこか」ということだけでした。そのため呼ばれたとき全く意識しておらず「兵庫県 兵庫県立宝塚北高等学校」と言われたことを自覚できておらず大阪代表からおめでとうと言われるまで理解できていませんでした。しかし表彰を受けるにあたり感極まり涙が出かけたり、手が震えたりしていました。

そしてフェアウェルパーティでは、連絡先の交換したり写真を撮りあったりしながら互いに健闘を称えあいました。
 
パーティ後も同じホテルの選手たちと夜遅くまで語り合い、入賞したことも嬉しいですが本当にこの場に立てたことが貴重な財産になると感じました。
楽しい時間もいよいよ明日の午前で終わりです。最後まで全力で楽しみたいと思います。
*****
本当に素晴らしい結果でした。初出場で場の雰囲気にのまれることなく、よく健闘したと思います。たくさんの刺激も受けたとことと思います。この経験を自身の糧とするだけでなく後輩たちにも伝えてください。理数コースから理数科となって5年、グローバルサイエンス科は着実に理数科としての力をつけてきた感じです。これからもGS科の生徒たちが様々な場面で大いに活躍することを願っています。そして将来、世界を舞台に活躍してください!

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)