「科学の甲子園」全国大会始まりました <校長ブログ1014号>

3月16日(土)
さいたま市大宮で行われている第8回「科学の甲子園」全国大会が始まりました。今朝、引率の教諭からメールが送られてきたので紹介します。
以下、送られてきたメールです。
■いよいよ全国大会初日です。朝8時に新大阪駅に集合し,新幹線で東京と上野新宿ラインで大宮駅へ。そして会場のソニックシティへ到着しました。
開会式では全国大会とは思えないほどリラックスした雰囲気で各県代表校が意気込みを述べました。
https://www.youtube.com/watch?v=V33fjZueKc4(本校は26分ごろです)

筆記試験が終わるとスワップミートです。各都道府県の特産や学校グッズを持ち寄り交換を通した交流会で、開会式のすべりネタ(?)もあり多くの方々に声をかけていただきました。実は本校から何を持っていくかということでかなり悩みました。条件である安価でばらまける兵庫県や宝塚の特産といわれるとなかなか難しく、過去2年が神戸地区の学校だったので、宝塚に特化しようということに。その結果、学校近くにウィルキンソンの工場があったことや宝塚温泉にちなんで「炭酸煎餅」を持っていきました。「なんで炭酸なのか?」という質問が多いのが科学の甲子園という感じでした。

 
GSボンバーズの皆さん、健闘を祈ります!
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)