GS科1年生に向けて <校長ブログ1005号>

午後から、今年7月にGS科2年生(34回生)が行く予定のシアトル研修について、事前説明会を行いました。
冒頭、去年のシアトル研修の様子がビデオが流されました。どの顔も明るく楽しそうでした。その後、私から次のような挨拶をしました。
まず、高額な研修に参加できることを親に感謝すること。
そして、英語をしっかり勉強して、アメリカ本土で現地の人と少しでも通じるよう英語で話すことにチャレンジすること。
さらに、マイクロソフト社やボーイング社などの世界企業の本社訪問や世界基準のワシントン大学の構内、学生寮で生活して、世界の大きさ、素晴らしさをしっかりと体感すること。以上3つをお願いしました。
私も2016年、2017年の2回、シアトル研修に同行しました。詳細な校長ブログも毎日アップしました。今から思い返しても素晴らしい研修でした。17歳という若さで、このような体験ができるグローバルサイエンス科の生徒たちは本当に幸せ者です。無駄に過ごすことのないよう、今からしっかりと準備をして研修に臨んでください。決して遊びではありません。将来への夢の実現に向けた第一歩です。
<第二セミナーで保護者と一緒に>
<2016年、31回生>
<2017年、32回生>
今頃、31回生、32回生のGS科の生徒たちはどうしているでしょう。きっと大きな夢の実現に向けて努力していると思います。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)