ありがとう、Shinji Maedaさん <校長ブログ869号>

8月30日(木)
毎年シアトル研修の時にボーイング社でお世話になっているShinji Maeda氏を招いて、グローバルキャリア講演会を開催しました。
1年生から3年生の生徒、保護者の方や先生も合わせて約100名を前に、どのようにして夢を実現させたのか、アメリカと日本でどこが違うのか、生徒と軽快にやり取りをしながら1時間半の講演をしていただきました。
パイロットを目指して北海道から山梨県の航空高校を卒業して、大学の航空宇宙工学科に入学した2ヶ月後、交通事故で右目が失明という失意のどん底を経験されたのですが、恩師の一言でアメリカに行き、日本では不可能だったパイロットになる夢をアメリカで実現されました。人生の中で何度か訪れる転機に巡り合った人、それは友人であり、恩師であり、同僚であり、上司… そんなMaeda氏の話にどんどん生徒たちは惹き込まれているようでした。
2年前にシアトル研修でMaeda氏に初めて会った時、底知れぬパワーと人間的な魅力を感じました。今日の講演の最後にあった「世界は本当に楽しい」という言葉は本当に真実なのでしょう。宝塚北高校の生徒もMaeda氏のように夢を諦めず、その実現に向けて一生懸命努力する。そんな人生を送って欲しいと思います。

講演の後、少人数でMaeda氏を囲んで、いろいろな生徒からの質問に答えていただきました。生徒たちはMaeda氏から、「仲間がいるからこそ一生懸命になれる」「初めから『難しいから』と言っていたら何も始まらない」「『難しい?』だったら、やってみよう!」そんな力強いアドバイスをもらっていました。
 
Maeda氏は2020年に日本人としては初となる単独世界一周飛行を計画されています。39000km、17ヶ国を40日かけて飛行する計画です。その実現・成功を応援します。Shinji Maedaさん、今日はありがとうございました。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)