化学部 2018信州総文祭に出場しました(4)

8月9日(木)
大会最終日は信州大学理学部教授の鈴木啓助氏の大会記念講演「北アルプスの雪氷から考える地球環境」と、他県の生徒たちとの生徒交流会、閉会式です。
講演から生徒交流会までは団体・地域がバラバラになるように座席が指定され、お互いの研究の話をしたり、地元の紹介などをネタに交流したりしていました。鈴木先生の講演では好きなことを仕事にする楽しみや、教授自身が昭和基地に行かれた経験をもとにした話を展開され、熱心に話を聞いていました。
生徒交流会では、全団体が全国からバラバラになって班を構成した混成クイズ大会が行われました。長野県や諏訪地区についてのクイズでしたが、「司会者の血液型は?」といったものになり、最後には突然ステージに名産品であるおやきが4つ出てきて「イナゴ入りはどれ?」などの超難問(?)も繰り出され、会場は大いに盛り上がりました。他校の生徒ともたくさん交流でき、互いに刺激をもらいました。

閉会式では、まず来年の全国総文開催県である佐賀県への引継ぎ行われました。佐賀大会の主な会場は国立佐賀大学で、巡検研修では潟スキーなどが体験できるコースも含まれるそうで、ぜひとも来年も参加したいという気持ちが強まりました。
<なび助からあさぎちゃんへのバトンタッチ>
そしていよいよ結果発表です。今年は兵庫県から物理部門に出場がないので、兵庫県の学校では本校の結果が最初に出てきます。
<なんと優秀賞(2~3位相当)に!>
<部長が代表して壇上へ>
化学部は前身の園芸部化学班から数えて4回目の全国総文出場でしたが初回の長崎総文(ポスターパネル発表で文部科学大臣賞)以来の入賞で、「化学部」としては初入賞です。今年度は全国入賞を一つの目標にしてきただけに、念願達成となりました。

閉会式後、信州名産の桜肉料理や交流会でも出題された「バッタソフト」など信州、特に諏訪地方のグルメを食べたり、諏訪大社にお礼参りしたりとぎりぎりまで楽しみ、いよいよ帰路に…。緊張も解け、心地よい疲労に襲われ、気が付くと名古屋でした。
今回の結果は私達だけではなく分光光度計を貸していただいた県立神戸高校や測定結果の分析について助言していただいた甲南大学の甲元先生や京都大学の馬場先生、様々な場面で助言していただいた他校の先生方の支援なしには成し遂げられませんでした。この場をお借りして改めてお礼を申し上げます。
ブログにしては長い文章でしたが、ここまでご拝読いただきありがとうございました。今後も応援よろしくお願いします。
★       ★      ★
みなさま、お盆はいかがお過ごしでしょうか?
ちょっと遅くなりましたが、化学部の全国総合文化祭「2018信州総文祭」の生徒の報告を載せました。「優秀賞」とても素晴らしいことです。これからも研究を進めて、さらに努力してください。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)