化学部、信州総文祭からの報告(2)

8月7日(火)
全国総文は運動部のインターハイにあたる大会ということもあり、全国から多数の団体が出場しています。各県で選抜・推薦された自然科学系の部活動のみが参加できること、全自然科学系の分野が集まること、発表の配点比率がかなり高いことなどもあり緊張感も全く違います。特に3年生は本大会が最後の発表の場になる生徒がほとんどです。
部門は分野の垣根なく質疑応答が中心のポスターセッションによって審査される「ポスター(パネル)発表」と、物理、化学、地学、生物と4部門に分かれ12分の口頭発表と4分の質疑応答によって審査される「研究発表」があります。私たち化学部は研究発表の化学分野に兵庫県代表として出場しています。

今回の『スクロースのカラメル化はどのようにすすむのか』は、昨年の県総文とはタイトルが変わっています。これは発表時間の都合上、研究のきっかけとなった「ホットケーキの色」はほぼカットし、代わりに先行研究については英語の文献を読み、より状況証拠を固めるために神戸高校にて測定させていただいた結果を入れましたためです。そのため高校生には非常に難解な内容となってしまいました。そのため例年に比べ全体練習を減らし、代わりに測定原理や測定結果の処理などに物理的な思考と数学的な処理ついてちゃんと理解するための勉強時間と伝わる説明をするために質疑応答への対策も十分に行ってうえで、発表に挑むと決めていました。そのために自然にお互いが自分以外の部分も含め一人でも発表できるくらいまで内容を理解して当日を迎えました。
出発前に全員そろって最後の練習。念のためバックアップのペアでも練習しましたが、どちらも時間も含めバッチリ!

長野県についての紹介をところどころに散りばめた開会式では、生徒も参加するところがあり、直前の緊張感をほぐすことができました。

その後、各部員が各々の興味がある発表を聞きに行きました。1つ前の膳所高校の発表前には全員集合、そして15時39分、宝塚北高校化学部の発表が始まりました。会場には平松校長先生だけでなく兵庫県の顧問の先生が全員見に来てくださりました。

緊張はありましたが、自分たちの研究内容を堂々と発表し、制限時間に今後の課題や謝辞等を省略することなく余裕をもってプレゼンテーションを終えました。審査員の方々の質問も事前練習で想定していた範囲内であり、「測定方法など様々な制約があるなか、高校生らしい工夫が多く、素晴らしい研究」と講評いただきました。発表後も、他県の先生からも好意的な評価を大変多くいただき、化学部なりの発表ができたように思います。ハイレベルな研究発表が多くひしめく化学分野でしたが、贔屓目があるかもしれませんが、引けを取らないものだったと思います。

発表後にも、ほかの高校の発表に足を運び、部員全員が質問をすることができました。
化学部の実験と同じ手法を使う実験や、GS科2年の課題研究や10日に控えるGS科1年の発表に通じる研究もあり、部員全員が積極的に交流を深めていました。

今回の発表者は昨年のみやぎ総文のバックアップ要員でした。SSH校である高知小津高校科学部と還元等の定量法や単糖の性質について昨年度から現在までに至る様々な実験結果について情報交換をすることができました。
明日は午前は観覧のみで、午後には巡検研修として本校は入笠山登山が予定されています。台風の接近による天候不順が不安ですが、自分たちなりに学びを深めていきたいと思います。
★ ★ ★
発表の日の様子は、生徒の目線でかなり詳しい報告です。他校との交流もできて、なかなか充実した全国大会になっているようです。この後も頑張ってください!
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)