オーストラリア・マレーシア研修8日目&9日目

いよいよこの研修も最終局面を迎えました。
8月6日、眠い目をこすりながら朝早くにバスに乗って、マレーシアの姉妹校であるSETA高校との国際交流に向けて出発した私たちは、予想を遥かに超える大歓迎を受け、とても驚きました。
バスを降りた瞬間に校長先生がお出迎えくださり、エントランスでのウェルカムダンスをはじめ、セレモニーでのマレーシアの伝統的な踊りや歌など、この日のために準備して下さっていたものを見て、みんな驚きと感動でいっぱいでした。
日本の研修メンバーも、壇上に上がって挨拶、持って来たお土産(トトロのぬいぐるみ、風呂敷)の説明を英語で行い、この日のために準備してきたダンスを披露しました。SETA高校の生徒たちに大きな歓声をもらい、とても嬉しかったです。
そして、各ホストシスターと対面した後はマレーシアの伝統的な遊びやバティックを着ての撮影など、異文化交流を行いました。
お昼からは各ホストシスターのご家族と一緒に、各々が市内の観光に連れて行ってもらい、オーストラリアとはまた違った文化を感じ、勉強になったと思います。

8月7日
7:30現在
さて、いよいよ異国の地ともお別れです。今からマレーシア国境を超え、シンガポールから日本に帰国します。
★ ★ ★
日本時間の8月7日(火)午前9時過ぎ、オーストラリア・マレーシア研修の様子を伝えるメールが送られてきました。いよいよ今晩、日本に帰ってきます(^^)最後まで無事に研修を終えてください。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!オーストラリア・マレーシア研修のみなさんを応援します!!(校長 平松紳一)