第11回科学交流合宿研修会―2018サイエンス・コラボレーションin武庫川―(2日目)

7月24日(火)

2日目、朝食後から約1時間半、昨日のプレゼンテーションの推敲や発表練習を行いました。

8番目に1年の部員は六甲アイランド高校2年生2人,武庫川女子高校1年生1人の4人チームで、メタンハイドレートの解説と課題となっている採掘方法の提案について発表しました。

14番目に2年の部員は尼崎小田高校の1年生2人の3人チームで、2010年のノーベル化学賞を受賞した鈴木-宮浦クロスカップリングの有用性について実習時に撮影した動画を交えながら発表しました。

発表後は昼食をはさみ、認知に関する研修を英語で受けました。

閉会式では先のプレゼンテーションの表彰が行われ、1年の部員の発表班は全体の2位に入り、表彰されました。

今回の交流合宿を通じて得た経験を次の県総合文化祭に生かしていきたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします。