33回生GS科シアトル研修ブログ(5)

GS科シアトル研修 2日目part2
現地時間 7月13日(金)
朝8時30分に寮を出発して、大学構内を歩きながら近くの消防署に向かい、見学させていただきました。
実際に使用している消防車やはしご車、防火衣、酸素ボンベなど、たくさんのものを見たり、触れたりさせていただきました。中には直接消防士の方に質問している生徒もいて、消火活動に使われるものや使用用途の説明を受けました。途中で実際にレスキュー要請が入ってしまい、見学中断となってしまいましたが、より現場の緊張感を体感することが出来ました。
    
その後、safewayとドラックストア、Bookstoreに買い物体験に行きました。アメリカのお菓子を手に入れたり、日本の商品を見つけたりして、楽しみました。
    
大学構内に戻り、寮の食堂で昼食を済ませたら、昼からはグループに分かれて、ワシントン大学の在学生6人が構内をキャンバスツアーに連れて行ってくれました。それぞれが英語で会話しながらコミュニケーションを取っていました。
 
その後は各自でバスケをしたり、卓球をしたり、夕食を取ったり等、自由な時間を過ごしています。毎日シアトルの文化を体験していく中で少しずつ異文化についての理解が深まってきています。

(現場時間 7月13日(金) PM19時)
         
日本時間で14日(土)午前11時、シアトル研修の現地レポート5号がメールで届きました。恒例の消防署見学の写真、ワシントン大学を学生と一緒に回って撮ったと思われる図書館などの写真も送られてきました。そして、レーニア山もくっきりと見えたようですね(^^)良かったです。明後日、現地の15日(日)にレーニア山に行く予定です。きっと、もっと素晴らしい写真が届くでしょう。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!33回生グローバルサイエンス科のみなさんを応援します!!(校長 平松紳一)