中間考査中の一日 <校長ブログ770号>

5月16日(水)
2、3年生の中間考査は第3日、1年生は第2日目の考査が行われました。
久しぶりに朝、宝塚駅からのバスに乗ると、生徒たちが重そうにしながら大きな北高カバンを持って乗っていました。昨日のPTA総会、PTA役員会で、「娘は、『箸より重いものは北高カバンしか持ったことがない』って笑いながら言ってます」という保護者の方が話しておられたのを思い出しました。
今日の考査も無事に終わり、午後、グランドや体育館では特別練習許可の出ている部活動の練習が行われていました。特に3年生のみなさん、怪我のないよう、悔いの残らないよう、しっかりと調整して試合に臨んでください。
校内では、今年の7月末完成を目指して進んでいる本館エレベーター設置工事も順調に進んでいます。来たる6月5日(火)・6日(水)の文化フェスティバルでは、例年使われている中庭が一部使えませんので皆様にご不便をおかけすることになりますが、今年だけはご容赦ください。
<基礎ができあがってきました>
いつもより静かな夕暮れを迎えています(^^)それもそのはず。生徒たちは家で必死に勉強していることでしょう。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)