日別アーカイブ: 2021年8月25日

コーラス部 第88回NHK全国音楽コンクール 兵庫県大会 コンクール部門 奨励賞

8月19日(木)第88回NHK全国音楽コンクール兵庫県大会が、明石市民会館で開催されました。昨年度は新型コロナウイルス感染症のため中止となってしまい、2年ぶりの開催となりました。3年生にとっては勉強との両立をとりながら、コーラス部にとって念願のNHK全国音楽コンクール、コンクール部門に出演しました。
この1年間余りは、感染症対応のため制限された練習時間や不織布マスクを着用しソーシャルディスタンスを保ちながらの練習でした。さらに8月中旬から気象荒天による警報が続き、コンクール当日も宝塚市には大雨警報が発令され、思うようにコンクール前の練習が行えない中でしたが、素晴らしい響きのホールでコーラス部20名全員心一つにした精一杯の演奏ができたと思います。
コンクールに向かって取り組んだコーラスへの深い学びを生かして、これからも豊かな演奏を目指し、練習に励みたいと思います。

放送部 第68回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会結果報告

7月10日~29日の間、全部門、準々決勝、準決勝は、非公開のデータ審査で行われ、決勝もデータ審査ながら、オンラインでその様子が公開されました。本校放送部は、アナウンス・ラジオドキュメント・テレビドキュメントの3部門に出場。うちラジオドキュメントが準決勝に進出し、制作奨励賞を受賞しました。
受賞作『コンフィデンス・スチューデント』は、勉強していても、周囲には「やってない」という、「勉強やってない詐欺」?をテーマにしたものです。北高生の赤裸々な実態と微妙な心理やかけ引きを、楽しく面白く描きました。他の2部門は、受賞は叶いませんでしたが、全国大会出場を果たせたことは、当該の3年生にとっては大きな喜びと満足に、そして後輩にとっては励みと少しのプレッシャーを感じることになったようです。
改めてご協力いただきました皆さまに感謝申し上げます。

放送部 第45回全国高等学校総合文化祭 紀の国わかやま総文2021 出場と報告

8月4日・5日と和歌山県かつらぎ町で開かれた「わかやま総文」に、アナウンスとオーディオピクチャー(AP)の2部門で参加しました。これは前年の県総文の結果の上位者・上位校が、推薦されて出場できるものです。
全国総文の放送部門は、いずれの部門も、「郷土や学校の話題を全国の高校生に伝える」内容であること、という規定になっています。アナウンス部門では、地元の名産品、宝塚の炭酸煎餅を取り上げました。老舗に取材し、炭酸煎餅の歴史から、こだわりや日々のご苦労などを伺い、原稿を作り、本番では堂々と読み上げました。またAP部門では、宝塚の山本地区周辺が植木の街であることを取り上げました。接ぎ木の名人の方に取材し、その技を披露していただいたり、植木や接ぎ木の歴史をお話いただいたりして、『ツナグ』と題した5分の作品に仕上げました。どちらの場合も、地元の方々にとても親切にしていただきました。温かいご協力とご支援を賜り、それが何としてもよいものしなければという思いにもつながりました。
おかげさまで、APの『ツナグ』は優秀賞をいただくことができました。ありがとうございました。