月別アーカイブ: 2020年10月

SSH事業 グローバルサイエンス科2年 課題研究中間報告会

10月27日(火)

グローバルサイエンス科の2年生が日頃から取り組んでいる課題研究についての中間報告会を1時間目から3時間目で行いました。報告会は本校の教員に加えて2時間目にはグローバルサイエンス科の1年生、3時間目には普通科理系の1クラスを相手に研究の背景や研究の意義とともに現状について発表しました。さらに,3名の大学の先生方(京都大学名誉教授 馬場正昭先生、兵庫県立大学教授・兵庫県立人と自然の博物館主任研究員 高橋鉄美先生、大阪教育大学特任講師 向井大喜先生)も交えたセッションでは有意義な助言をいただけました。生徒は自分たちの研究の取り組みや成果をできるだけ理解してもらえるように工夫して発表しており、その結果多くの指摘や助言が得られ、今後の活動に生かせる良い機会になったと思います。
大学の先生とのセッション

最後に、今回の中間報告会に参加いただいた3名の大学の先生方から講評をいただきました。講評では、助言を全て取り入れるのではなく必要なものを取捨選択することが重要であると述べられており、生徒は先生方の話に聞き入っていました。

教育実習開始(保健体育科)

10月26日(月)

本日から11月13日までの3週間、保健体育科で2名の教育実習が始まりました。
職員朝礼での挨拶では、緊張しているように見えましたが、その後の先生方からのオリエンテーションでは、緊張もほぐれ笑顔も見えました。何事にも積極的に取り組み、貴重な経験を積むことを期待しています。
 

体育大会生徒感想

広報委員が体育大会の感想を届けてくれました。

[総合優勝クラス2年1組]
まず、総合優勝できたことが嬉しかったです。あとは8の字以外の全種目で3位以内に入れて良かったと思います。特に応援合戦は団長を中心に、応援団が何回も遅くまで残って考えてくれたり、応援合戦の内容に合わせた絵を描いてくれたりしたおかげで学年では3位になれたと思うので感謝しかないです。体育大会やその練習を通してクラスの絆も深まってきたと思うので良かったです。

[1年4組]
とても楽しい体育大会でした。クラス一丸となってクラス席から応援していた様子が印象に残っています。応援合戦では新型コロナウイルスの影響で例年と異なっていたそうですがどのクラスでもできる範囲で創意工夫をこらしているのがわかり、面白かったです。

[2年3組]
3組は、大縄やリレーで好成績を残すことができました。これは競技に出ていた人、応援していた人の皆が全力で楽しめていたからこそできたことだと思います。とても思い出に残る、最高の体育大会でした!

 

水泳部 第4回 近畿高等学校新人水泳競技大会

10月18日(日)

和歌山県の秋葉山公園県民水泳場において第4回近畿高等学校新人水泳競技大会が開催されました。水泳部1年生が100m平泳ぎに出場し、1分9秒34の記録を収めました。惜しくも自己ベスト記録の更新とはなりませんでしたが、ハイレベルな選抜選手たちの中で1年生ながらも健闘しました。

「大学模擬授業」

10月14日(水)5,6時間目に1年生を対象に大学模擬授業が行われ、近畿圏を中心に20以上の大学から講師の先生方をお招きしました。最初に校長先生から講師の先生方に、「大学ではこんなことが学べる」、「知的好奇心がくすぐられる」ような講義をお願いしますというリクエストがありました。講師の先生方の専門的な講義が始まると生徒たちは目を輝かせながら講義に参加し、積極的に質問を行っていました。コロナ禍でなかなか未来を考える機会がとれなかった1年生にとっては、視野の広がる貴重な学びとなりましたこの学びが生徒一人ひとりが今後のキャリアプランニングを考えていく上での貴重な財産となることを期待しています。

 

 

サッカー部 選手権予選結果(1012)

サッカー部
選手権予選支部ラウンド 試合結果
2回戦 10月10日(土) 西宮今津G
VS 西宮今津
4-0(2-0/2-0)

3回戦 10月11日(日) 宝塚北G
VS 川西明峰
2-2(1-0/1-2)EX(0-0/0-0)
PK戦 3-4

1・2年生で戦う初めてのトーナメント戦。
延長戦含めての、100分間に及ぶ激闘でも決着つかず、PK戦の結果
決勝ラウンドへの進出は叶いませんでした・・・
両チームとも激しく、熱いゲーム内容で、夏からの成長を感じられるものでした。

この悔しさをバネに、新人戦・総体にむけてよりアグレッシブでクレバーなチームになれるようにトレーニングに励みます。

教育実習生の研究授業 2

10月9日(金)

2週間の教育実習も本日をもって最終日となりました。今日は、2名の研究授業がありました。思い出深い母校で2週間の教育実習を無事終了した感想は
「教師になるためにはもちろん、人としても成長できた2週間となりました。この経験を今後の人生に活かしていきたいと思います」でした。

教育実習生の研究授業

9月28日から始まった教育実習も残り2日間となりました。本日は6名のうち4名の実習生の研究授業があり、教室設置のプロジェクタ等を使ってICTを活用した授業に取り組みました。

第36回体育大会

10月6日(火)

本校グランドにて、第36回体育大会を開催しました。今年度は“新しい生活様式”を取り入れ、競技の前後の手指消毒や、ソーシャルディスタンスをとり、熱中症対策の為に生徒用テントを設置するなど、厳しい制限の中で、無観客での開催となりました。競技種目も厳選し、1年生の“千吉おどり”は、例年のすみれガ丘小学校との共演もなくなるなど、制限の多い中での開催ではありましたが、生徒達は“今年度初めて全校生徒が一緒に取り組む行事”であるということと、先輩達から受け継いできたものを“次の代へ繋いでいく”という願いのもと、思い出深い1日を仲間とともに過ごしました。今後、随時ホームページ(ログインページ内)に体育大会動画をアップしていきます。また、PTA会報“松風”体育大会特別号が発行される予定です。






大会成績
[総合の部]
(1位) 2年1組、(2位) 2年3組、(3位) 1年4組
[競技の部]
1年 (1位) 4組、(2位) 2組、(3位) 6組
2年 (1位) 1組、(2位) 3組、(3位) 4組
3年 (1位) 2組、(2位) 7組、(3位) 8組
[応援合戦]
(1位) 3年8組、(2位) 2年5組、(3位) 2年8組


 

演劇科 ひょうごユニバーサル社会づくり賞 団体部門 知事賞 受賞!

10/2(金)

兵庫県公館で、贈呈式が行われました。この賞は兵庫県内におけるユニバーサル社会をめざした先導的な実践活動を顕彰するもので、平成18年に創設されました。演劇科の長年の特別支援学校や社会福祉施設等への外部出演や地域のイベントへの参加、地域伝統芸能「千吉踊り」の継承と普及に取り組むという地域ボランティア活動が、地域貢献活動・異世代交流を推進していると評価されました。
井戸知事からは、「すばらし取組をされていますね。ユニバーサル社会の実現に向けて、今後も活動を発展させてください。」と励ましのお言葉をいただきました。