日別アーカイブ: 2020年9月7日

演劇科2年生 特別講義「殺陣」

9月5日(土)

講師として、役者、時代劇・殺陣指導者の演劇科7回生青山郁彦氏をお迎えし、「殺陣(たて)」について実技指導をしていただきました。
「抜刀」「正眼」「上段」「下段」・・・「八相」「柳」「霞」・・・「抜き胴」「血振り」「納刀」。
生徒「かっけー!!」
さて実習。斬り役、斬られ役上段、下段に構えて、「ヤーッ!」の掛け声とともに「真向」斬られ役。「受け」のつもりがそれもう死んでる死んでる!と斬り役。足払いに対し飛び跳ねてかわし、左手斬りつけ、真向かわし振り返ってとどめの胴切りズバッ、バタリ。それぞれ真剣に立ち回り、最後のポーズが決まると快感!みんなノリノリの殺陣実習でした。

演劇科1年生 劇作実習「劇作に取り組もう」

8月 7日(金)17日(月)8月19日(水)8月26日(水)

1年生が、インスパイアハイスクール事業として、特別講義「劇作講座Ⅱ」劇作実習を行いました。講師として、劇作家・演出家の小原延之氏、高橋恵氏、筒井潤氏、橋本匡史市氏、村上慎太郎氏をお迎えしました。

今回のテーマは「空気」でした。5班に分かれ、各自で戯曲を作り、それを土台に班全体で練り直したものを発表しました。

1班「何かを願うなら何かを失う」「重要な役割」
2班「パエリア~家族けんかを添えて~」「約束」
3班「空気みたいな存在」
4班「一番必要のないのは誰?」「デルタの記憶」「空気の重さ」
5班「あの日を思い浮かべ空気を吸った」「誰も知らない」「悪になった空気」「打算的親切心」「真面目でバカな恋愛事情」「優しさ」「闇を数える」


演劇科1,2年生 特別講義「パントマイム実習」

8月27日(木) 1年生
8月28日(金) 2年生

講師として、俳優・演出家・振付家のいいむろなおき氏(本校3回生)をお迎えし、「パントマイム」について実技指導をしていただきました。

1年生は、マイムとはどんなものかについて、見えないボールやロープ、壁がいかにも存在しているように見せるにはどうすればよいか、言葉なしで仲間と舞台をつなげていくにはどうすればよいか、楽しく実践しながら学びました。2年生は、昨年学んだテクニックを思い出しながら、役者としてのスキルを上げていくことを目的とし、声だけでなくしっかり身体を使うことを意識して取り組みました。どうすれば一緒に演じる相手に演技のきっかけを与えられるかなど、物語を想像しながら存在しない壁や扉を用いて実践しました。

警報発令による臨時休業について

9月7日(月)

本日午前7:00現在、宝塚市、西宮市を含む地域に暴風警報が発令されているため、
本日は臨時休校とします。
詳しくは生徒手帳の「警報等発令措置について」をご覧ください。

※朝7時現在、学校HPのサーバーに接続できないため、こちらでお知らせしています。