月別アーカイブ: 2020年8月

SSH事業 Day camp ~環境コース~

2020年8月4日(火)
本校のSSH事業として夏休みに「Day camp」を行っています。普段はできない野外調査を行ったり科学工作活動をしたりして、短期の探究活動を行います。今年度は①生物コース(姫路市でのヤドカリ調査)、②環境コース(三田市の竹林調査とGIS入門)、③都市コース(宝塚駅および名塩駅の渋滞調査)の3コースを用意しました。今回は、8月4日に行われた環境コースの活動を紹介します。
参加生徒は1年生6名です。JR三田駅を出発し、初めて見る地形図を見ながら起点となる桑原の欣勝寺に向かいました。雷が鳴った時に、「くわばら、くわばら」と唱えれば雷が落ちてこないという話を聞いたことがありますか。桑原の欣勝寺はその由来となった地として知られています。欣勝寺を出発し、城山公園~兵庫中央病院~松ヶ丘小学校~大歳神社~JR新三田駅まで巡回しました。竹林に出会う度に地形図で現在地を確認し、地図に色鉛筆で着色し、手帳に記録をつけていきました。日焼けと蚊の襲撃には悩まされました。それでも1日が終わり、地形図に自分のルートマップが完成した喜びは大きいものがありました。山を歩きながら友達と話し合うって何て楽しいことだろう。いい1日でした。あ、忘れていました。城山公園近くでのビッグニュース。なんと鹿に出会ったんです。鹿の子模様がとてもきれいな鹿でした。不意に目の前にあらわれ、ぴょんぴょんと跳ねるように去っていきました。あっという間のできごと。これも忘れられない思い出になるでしょう。今回作成したルートマップをもとにGIS(地理情報システム)を使って竹林の分布について探究していく予定です。
城山公園キッピースタジアム

城山公園キッピースタジアム

竹林の記録中

竹林の記録中

終点の大歳神社

終点の大歳神社

GSⅠ プレゼンテーション実習

7月31日(金)~8月2日(日)

各自が科学的な内容の図書を選択し、その図書に関するプレゼンテーション実習を行いました。まず、7月31日(金)にパワーポイントを使ってスライドを作成し、8月1日(土)から8月2日(日)にかけて、午前・午後各10名ずつのグループに分かれて発表しました。
その内容は、自閉症・音律と音階・ブラックホール・睡眠・ゾウの時間 ネズミの時間・富士山噴火と南海トラフなど、多岐にわたっています。発表の後は生徒間で質疑応答を行い、最後にGS 科担当教員からの講評を聴きました。
2学期には、今回の講評を基に内容を改善し、英語の授業でプレゼンテーションを行う予定です。

  

「実験コーナー」リニューアル

8月5日(水)

8/1(土)から夏休みが始まりました。
今年は3週間と短い夏休みですが、1学期をしっかり振り返りながら、リフレッシュしてください。
コロナに負けず、暑さに負けず、
しっかり前へ進んでいきましょう。
※校長室前の「実験コーナー」のテーマが変わりました。
今回は、“Black Wall”です。
ぜひ、挑戦してみてください!!
理由は校長室でdiscussionしましょう。

演劇科3年生 メイク講習会

7月28日(火)

講師として19回生の小島響子さんをお迎えし、卒業公演に向けて舞台メイクの仕方について学びました。新型コロナウイルス感染症予防のためのメイク道具の扱い方の注意事項を含め、メイクの基礎や表情の出し方の指導を受けました。今回はコロナ感染症拡大予防対策としてマスクやマウスシールドを着用した状態での演技のため、口紅の使い方などを教えていただきました。その後、目のメイクに悪戦苦闘しながら自分たちで実習し、それぞれの衣裳に着替えそれに合ったメイクの仕方のアドバイスを受けました。

 

  

終業式・離任式

7月31日(金)

令和2年度第1学期の終業式を放送で行いました。3密を避けるために、全学年教室で校長先生のお話を聞きました。校長先生のお話の後は、生徒指導部長から、夏季休業中の生活についての講話がありました。

1年間お世話になったALTのNina先生がアメリカへ帰国されることになりました。各学年の集会の前に離任式を行い、校長先生からNina先生へ感謝状が送られました。生徒を代表して3年生の中野真緒さんがサプライズでお礼を伝えた時は、Nina先生もとても喜んでくださいました。下記はNina先生受け取った感謝状と生徒の皆さんへ送った謝辞の一部です。

My time here in Japan has come to an end and I will be going back to America. It has been a very memorable year. Right now, I have mixed feelings. I am excited to see my family and friends again. But at the same time, I am so sad to leave you all. Please continue your hard efforts in studying English. I believe that someday, English can open the door to a world of possibilities and add more color in your life. [You will have more job opportunities, be able to travel to different parts of the world and talk with people from different cultures and background. The world is a much bigger place than you think. There are some many things that you cannot discover by staying in the same place.] I truly enjoyed teaching in your classes, and I feel incredibly lucky to have you all as my students. My true passion has always been in science, so I will be going back to my job in research and development. However, my experience here in Japan and my time with you all have taught me many important lessons that I will continue to carry with me in the future.
Good luck on your studies. Stay curious. Find what you love to do. I am excited to see what kind of adults you will become and what kind of future you will help create. I wish you all good health and happiness. Thank you.