月別アーカイブ: 2020年5月

GS科 校内の植物たちの様子とクイズ

5月13日(水)

校内では少しずつ季節が進んでいます。今日は、校内の植物とそれに関したクイズを出してみます。

最初は1階の保健室前に咲くヒラドツツジです。保健室は事務室のある校舎の正面玄関から入って左手の方にあります。ヒラドツツジにはたくさんの園芸種があり、紫色(オオムラサキツツジ)とか白色とか薄桃色とか色とりどりです。このツツジからブンブンという音が聞こえてきました。よく見ると黒いハチが盛んに密を集めに来ていました。
では、ここで第一問。このハチの名前は何でしょう?ヒント:黒くてお尻の先が黄色くなっています。

続いてヒラドツツジから1,2年生の校舎のある方へと目を移すと、広場があり花壇になっています。臨時休校になる前は園芸部のひとが毎朝、水やりをしていました。ちょうど今、ラベンダーが満開ですが、ふとイチゴが植えてあるのを思い出しました。

小さな赤い実がひとつなっていて、茎にはテントウムシの幼虫が歩いていました。
では、第二問。イチゴの果実ってどこでしょう?
①もちろん赤い部分 ②ゴマ粒みたいなつぶつぶ

二つのクイズの正解は、、、? 秘密です。
各自で調べてみましょう。

#TRY 4# 月と木星と土星の接近

5月13日(水)

午前2時頃から1時間ほど
校長先生の # TRY 4# の1に挑戦し、撮影もしてみました。
黄砂の影響もあって、月の光が広がり、
他の星が見えにくくなっていましたが土星もかろうじて見えていました。

月,木星,土星
(画像をクリックすると少し大きめの画像が表示されます)
なお、画像処理ソフトで文字を追加しました。
月が明るすぎるため”白飛び”していますが、この時の月は下の写真です。
ピントは甘いですが、月面も楽しんでみてください。
月面

GS科 Big News!!!

令和2年5月12日(火)
GS科卒業生(33回生)の課題研究が学術誌に掲載されました!

この春、卒業した33回生GS科の課題研究プラナリア班の研究論文「プラナリア3種の食性の違い」が 兵庫県生物学会が発行する「兵庫生物」という雑誌に掲載されました。本校生の研究論文が学術誌に掲載されるのは2年ぶり2度目 で、“原著(Orignal paper)”としては初めてのことです。
プラナリアは小中学校の教科書にも掲載されている水質階級の指標生物の一つです。きれいな河川に生息する扁形動物で、外来種のアメリカナミウズムシやツノウズムシなどは武庫川でもよく見られます。プラナリアは一般に肉食性が強いとされており、飼育下ではレバーや赤虫を与えます。課題研究のため、何種類かのプラナリアを飼育していくうちに「地中海産のプラナリアは日本産やアメリカ産のプラナリアと違って肉よりも野菜の方を好んで食べるのではないか?」ということに生徒自身が気づきました。兵庫県立大学大学院生命理学研究科助教の織井先生らから助言をいただきながら実験方法や器具を工夫し、研究を進めました。そして昨年6月のGS科課題研究発表会の際、人と自然の博物館の研究員の先生から論文投稿を勧められ、論文査読者や学会編集部と何度かやり取りし、ついに原著(Orignal paper)として受理・掲載に至りました。
兵庫生物 15(5):237-239,2020
なお、論文は一定期間置いたのちに学会のWEB上で誰でも閲覧できる形で公開されますが、もしご興味がありましたらGS科までお問い合わせください。

野鳥 北高の自然

5月12日(火)

日の出時間が早くなり、朝の学校で野鳥の姿を見かけなくなってきました。
さえずりはよく響いてるのですが…
先日のこげらの他に撮影できたものをアップします。

ツグミ  めじろ
ツグミ(左)とメジロ(右)いずれも玄関前で撮影
メジロは鳴き声のする方向にカメラを向けて撮影し、画像の中で探しました。

元画像の一部

どこにいるでしょう。画像をクリックして大きく表示して探してください。

3年7組オンラインSHR

5月11日(月)

10時から約25分間、zoomを使ってオンラインでクラスのHRを行いました。
連絡事項をしたり、前期クラス役員を選出したりしました。
何よりも、久し振りにお互いに顔を合わせて話すことができたことがとても良かったです。

 

GS科 Online meeting 2

令和2年58日(金)

GS科2年生の課題研究のOnline meetingも2巡目を迎えています。いま、GS科のWeb会議の拠点は校舎4階のSSHルーム(通称:Agoraアゴラ)です。Agoraは図書室の隣にあります。普段はGS科の生徒のフリースペースとして大学のゼミ室のように活用しているのですが、今は生徒がいなくてガランとしています。廊下の外から見える長尾山の山並みもいつしか初夏の装いです。学校が再開したら、1年生の皆さんもぜひAgoraに来てくださいね。GS科でなくてもウェルカムです!

Stay home and Try question #4# !!

毎日どのように過ごしていますか?
アイザック・ニュートンは、学生時代にペストが大流行し約1年半の間大学が閉鎖され、故郷に帰省していたときに“万有引力の法則”を考えだしました。
ウィリアム・シェイクスピアも、ペストの大流行で劇場が一時閉鎖されていた時期に、詩作にも取り組み「ソネット集」などを執筆したと言われています。

今は、Social Distancing を取ることが一番の思いやりの表現になります。
明けない夜はありません。それを信じてゆっくりでも前に進みましょう。
物理的な距離はとっていますが、先生方はみなさんを“近くで”見守っています。
何でも相談してください。

# Try 4 #  今回は観察です。
昨夜はきれいな満月でしたね。5月の満月は“Flower Moon”と呼ばれています。
天体観測にも適した季節になってきました。時には、夜空の星を見ながら、雄大
な自然を感じてリフレッシュしてみてください。

  1. 1. 5/13(水)の未明から明け方
  2.   南東から南の空で、下弦の月前の”半月“と木星、土星が接近して見えます。
  3. 2. 5/15(金)の未明から明け方
  4.   南東の空で月と火星が接近して見えます。
  5. 3. 5/24(日)の夕方(日の入り30分後以降)
  6.   西北西の低空で、細い月(月齢2)と水星、金星が接近して見えます。
  7. 4. 6/21(日)には、部分日食をみることができます。

※次回のDAYS通信18に、4/15の# Question 1 # の回答例を載せます。