日別アーカイブ: 2019年11月7日

R1.11.4 高大連携課題研究発表会

令和 元年11月4日 (日)

京都大学において高大連携課題研究合同発表会が行われました。
参加校16校 生徒166名、教員33名が27の研究テーマのポスター発表を行い、発表後
は、グループに分かれて京大の教授、大学院生や学部生に講評および今後の課題研究に向
けての様々なアドバイスを頂きました。

本校からは、1年生6名が「プラナリアはどのようにしてエサを見つけているのか」
2年生2名が「国道176号線における交通渋滞について」というテーマの発表を行いました。

ポスター発表前に各テーマの1分間プレゼンテーションの様子と、渋滞調査のアンケート募集QRコードです。
  

GS科1年探究基礎実習

11月3日(日)1~3時間目(8:45~11;30)の時間帯に化学教室で

グローバルサイエンス科1年生が生物と化学を融合した農学的な内容の実験をしました。
いろいろ条件をかえて試行し、最後は各班が考えた最も良いと思われる条件で時間を限定して発生する気体の体積を比較しました。

第13回U18日本陸上競技選手権大会

10月18日(金)から10月20日(日)にかけて、第13回U18日本陸上競技選手権大会

(場所:広島広域公園陸上競技場)が開催され、陸上競技部から2年生の木子雄斗君が男子走高跳に出場しました。1m95を3回目にクリアし、1m99に挑戦しましたが、惜しくも失敗。7~11位までの選手が同記録ながら試技数の差で10位という結果になりました。入賞が手の届くところにあっただけに悔しさは残りますが、初めての全国大会でよく戦ってくれました。

【結果】U18男子走高跳 木子雄斗(2) 記録:1m95 順位:10

阪神地区高等学校駅伝競走大会

10月26日(土)に阪神地区高等学校駅伝競走大会(場所:武庫川河川敷)が開催されました。阪神地区からは、男子9校・女子5校が県大会へ出場できる中、結果は、男子2時間27分50秒・10位、女子1時間25分40秒・9位と惜しくも県大会出場は成りませんでした。

男子は、途中9位と県大会出場圏内でレースを進めましたが、後半粘り切れず、女子は、1年生の入佐さんが5区で区間3位の走りで追い上げましたが、惜しくも届かず、男女とも県大会出場校とは約1分差でゴールしました。

男女アベックでの県大会出場を目指していただけに、悔しさの残る結果となりましたが、また新たな目標に向け、練習に励んでまいります。今後とも、ご声援のほど、よろしくお願いします。