月別アーカイブ: 2019年5月

演劇科2年 宝塚伝統芸能フェスティバル 狂言

5月25日(土)

演劇科2年生5名が宝塚伝統芸能フェスティバルで狂言を発表しました。演目は「以呂波」と「蟹山伏」でした。お稽古を重ね、袴をひとりで着付け、準備万端で臨みました。当日は、同じ演劇科2年生の箏の演奏の様子を見ることができ、刺激をもらいました。最初は少し緊張しましたが、そのうちに客席から笑い声が聞こえてきて、とてもうれしく、楽しく演じることができました。上演後、「令和」を記念したお茶会に参加しました。

 発表直前も練習です


「以呂波」

「蟹山伏」

 狂言のメンバーとお琴で出演した計6名で記念写真です

演劇科3年生 メイク講習会

5月28日(水)

演劇科3年生が卒業公演に向けてメイク講習を受講しました。講師として19回生の小島響子さんをお迎えし、メイクの基本からお薦めの使いやすい化粧品や道具などを教えていただき、自分たちで実習してみました。30分でドウラン塗り~目のメイクまで仕上げ、残り20分で完成まで。特に目のメイクは難しく、悪戦苦闘しながら取り組んでいました。メイクが完成した後、衣装に着替えそれぞれの役どころに適したメイクのアドバイスをいただきました。




化学部 甲南大学で実験の指導を受けました

5月26日(日)

今秋開催される近畿総文京都大会に向けて、一昨年度から化学部の研究でお世話になっている甲南大学フロンティアサイエンス学部の甲元研究室でサンプルの分析をさせていただきました。

今回は研究の最後の詰めの部分に当たる実験で今回は2つのアプローチの実験させてもらいました。一つはカラメルの中に含まれている物質を核磁気共鳴法(NMR)と赤外分光法(IR)という手法で同定できるかを試みること。もう一つはカラメル溶液の溶質分子やコロイド分子を動的光散乱法(DLS)という手法で比較するというものです。今まで何度も研究室で実験・分析させてもらっていることもあって、今回は実験手順等を確認し2人+大学生1名で並行しながらいろいろな手法でカラメルを分析させてもらいました。

学校に戻ってからは今回の結果について分析していくことになります。高校生にとってはいずれも測定原理が難しいのですが、その原理についても何度も説明してもらったことや扱っている分野を学習し始めたので、ある程度は理解できるようになりました。また、研究室で実験させていただくことで、先生や大学生・大学院生の方からいままでに気が付かなかった視点での助言をいただき、学問の深さを体感するとともにまだまだ勉強不足であることを認識できました。

GS科 第1回Agorá

5月24日(金)

GS科準備室(通称アゴラ)で「第1回Agorá」を実施しました。

Agoráでは、キャリア教育の一環として、いろいろな立場の方を講師にお招きし、ご自分の専門分野について語っていただきます。また、学生時代に何を考え、どのような活動をして、現在の進路を選んだのかについてもお話していただきます。

内容
今回の講師は英語科の久保田先生で、「舞台を世界に広げる」をテーマに、ネパールで活動された経験をお話しされました。10人程度の生徒が参加し、ネパールのお菓子をいただきながら、講演の内容について語り合いました。

 
 

GSⅠ 探究基礎実習Ⅰ(オープン講座)

5月20日(月)

GS科1年生全員と1~3年生の希望者を対象に、「探究基礎実習Ⅰ」を実施しました。
前回の「マルチプル・インテリジェンス」の結果によって4人ずつの班に分かれ、
「ヤマトシロアリの行動」について実験・考察を行いました。

授業内容
1.ヤマトシロアリのある行動に関する探究についての説明。
2.班ごとに実験方法を考え、考察する。
3.自己評価シートに記入する。


GS科 探究基礎実習Ⅰ(オープン講座)

5月17日(金)

GS科1年生全員と1~3年生の希望者を対象に、「探究基礎実習Ⅰ」を実施し、GS科非常勤講師の向井先生による「マルチプル・インテリジェンス」に関する講義を受講しました。

授業内容
1. 各自が潜在的な能力に関する設問に回答し、プロファイルを作成する。
2. 設問中の各インテリジェンスの意味の説明。
3. 各自のプロファイルを用いて班分けを行い、次回の探究基礎実習より班ごとに活動する。

第1回学校説明会

5月18日(土)

2019年度第1回学校説明会を行いました。本年度は、中学生とその保護者、中学校の先生など
1000名を超える方々に来校いただき、無事終了いたしました。ご来校ありがとうございました。
本年度も受付・誘導・司会進行・学校生活の説明、各科からの説明、アンケートの回収などのほぼ全てを本校生が行う、生徒主体の説明会でした。
以下、写真を交えて様子をお伝えします。

受付は生徒会執行部が中心に、会場の体育館までの誘導は女子バレー・ハンドボール・放送・水泳・コーラス部の部員が行いました。司会進行は放送部の二人が努めます。
 

宮垣校長先生の挨拶の後、生徒会の二人から学校生活について、自分たちで作ったスライドを使って説明を行いました。会場の人の多さに、少し緊張していたようでした。
 

次に3科それぞれの説明を代表生徒から行いました。
普通科からは、勉強と部活動の両立をどのように行えているかを寸劇仕立てで、
GS科からは、自分たちで準備したスライドを用いて特徴的な活動や行事について、
演劇科からは、最初にセリフを音楽にのせてオペラのように演じて見せた後は、今年も、
ピンと背筋を伸ばして直立不動の姿勢のまま、マイクを使わず体育館全体に響き渡る声で、
どんな科目がありどんな勉強をしているかを、お伝えました。
私からはしっかりプレゼンできていると見ましたが、いかがだったでしょう。

全体説明会の最後に、各科の生徒へ司会から質問があり、
「入試前に努力したことは?」の問いに、科の特徴がよくわかる回答を返していました。

全体説明会の後は、6校時の授業を自由に見学いただきました。
1000人を超える来校者に見学をいただいたことで、廊下が混みあいじっくり見学いただけなかった教室もあったようです。申し訳ありませんでした。


アポロンホールでは演劇科2年生のクラッシックバレーと劇表現の授業が行われていました。
2階の劇表現の授業は中に入れず窓の外から見学いただいた方も多かったようです。

パソコン室ではGS科3年のGS科独特のEGGSの授業が行われていて、教室内に自由に入って
生徒の取り組みを見ていただきました。

会議室では個別相談会が行われ、科ごとに本校職員がご質問にお答えしました。

6校時終了後は、部活動見学を行いました。

本日は多数のご来校をいただき、誠にありがとうございました。
本校の雰囲気を感じてもらい、北高を知っていただけたでしょうか。
次回、第2回学校説明会-学科を体験する- は8月23日(金)です。
こちらもよろしくお願いします。

2019年度 PTA総会

5月14日(火)

本日午後より体育館で、PTA総会が開かれました。
PTA会長挨拶、学校長挨拶に続き、議事が進められていきました。
総会の後は、学年に分かれての保護者会が行われました。

演劇科2年 劇場見学

5月9日(木)

演劇科2年生がピッコロシアターへ劇場見学に行きました。
来年の卒業公演をイメージしながら、劇場スタッフさんから説明を聞き、
劇場の大きさ、照明や音響の大切さ、機材やセリなど舞台の危険性や怖さを学びました。
普段は入れない舞台の天井部位(すのこ)にも上り、貴重な経験ができました。
そして、アポロンホールの充実した環境を再認識しました。
来年この場所で演劇科34回生として胸を張って立ちたいと思いました。

GS科1年 GSⅠ プレゼンテーション実習Ⅱ

4月28日(日)~30日(火)、5月2日(木)

第3回GSIプレゼンテーション実習を実施しました。
1日につき10人ずつの少人数制で、
博物館実習を経て各自が決定した研究テーマについて発表しました。
GS科ではメンター制を導入しており、今回は3日目に、
3年生が1年生のプレゼンテーション指導をしてくれました。

授業内容
1. パワーポイントによるスライドの作成
2. 各自の発表
3.質疑応答
4.GS科担当教員・「人と自然の博物館」研究員の鈴木先生・GS科3年生からの講評