日別アーカイブ: 2018年10月11日

演劇科卒業生の応援(^^)<校長ブログ902号>

昨日、1年生の模擬授業のために来校された一人の先生が、元同僚であったことは<校長ブログ900号>でお伝えしましたが、その先生が今おられる大学に、もう一人、私の知り合いの先生が勤務されており、「ぜひ、紹介してほしい」と頼まれたので卒業生の公演を紹介します。
本校演劇科20回生、浅場万矢さんが今、「東京芸術祭2018」(これで検索していただくとすぐにホームページにたどり着きます)の一つのプログラム『野外劇 三文オペラ』でヒロイン役として出演されます。ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ氏の演出、池袋西口公園での野外ステージです。10月18日(木)から28日(日)まで、23日(火)を除く毎晩、19時開演、120分でなんと500円(観覧無料エリアもあるそうです)という企画です。東京に住んでいたら、すぐにでも行くのですが… 遠くから応援しています!!
この期間に東京に行く予定のある方、ぜひ、行って応援してあげてください。
  
野外ステージといえば思い出すのが本校の野外ステージ「希望の広場」かな? 実は、ここに雨量計があることを知る人はあまりいないでしょうね。「オペラ」とちょっと関係のない話で申し訳ありません(^^;;)

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』卒業生も応援します!
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

教職員課訪問指導 <校長ブログ901号>

10月11日(木)
午後から県教育委員会教職員課の訪問指導を受けました。
毎年この時期に行われる定期的なものです。管理職との面談、諸帳簿点検のほか、授業も見学していただきました。ちょうど7時間目、2年生が「総合的な学習の時間」で各テーマごとで発表をしていたので、2つの教室に入って見学しました。そのうちの一つは今年度、兵庫県政150年を機会に取り組んでいる「宝塚学」をテーマとするものでした。
  
そして後半はアポロンホールで演劇科3年生の「劇表現」の授業を見学しました。4つのグループでそれぞれ創作劇をつくっているところでした。さすがは3年生、どのグループも表現力が豊かで楽しそうに創作に取り組んでいるようでした。
  

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

1年生模擬授業 <校長ブログ900号>

10月10日(水)
5・6時間目、1年生は関西周辺の各分野の大学から来ていただいた講師の先生方から模擬授業を受けました。
文学、心理学、外国語学、法学、知的財産学、経済学、経営学、教育学、保育・幼児教育学、理学(生物)、理学(応用科学)、工学(機械)、工学(情報)、工学(建築)、農学、食物・栄養学、美術学、体育・スポーツ学、看護学、医療学(リハビリ)、医療学(臨床検査・保健)の21講座に、生徒たちは分かれて講義を聴きました。
21人の中に、かつての同僚の先生がおられたので、ちょっとだけ授業を見学をしました。受講していた生徒たちは熱心に自分の興味のある分野の授業を受けていました。普通科の生徒たちは2年生から文系・理系に分かれます。今日は、それぞれの分野の専門家の方から直接お話を聞く、とても貴重な時間となったようです。将来の夢、目標に向かって、より具体的なイメージが湧いたことでしょう。模擬授業をしてくださった先生方、誠にありがとうございました。
  
<「美術学」のほか、いくつかの授業の様子>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)