月別アーカイブ: 2018年10月

明日から11月 <校長ブログ914号>

10月31日(水)
いよいよ明日から11月です。今年も残り2ヶ月、3年生にとっては卒業式まで4ヶ月です。
今日は6時間目、卒業アルバム恒例の学年写真の撮影がありました。校長室で仕事をしていると、3年生の元気な声が聞こえてきたので、集まってきたとろこでちょっと1枚(^^)

そして、上を向いて写真屋さんのカメラに向かっているところをもう1枚(^^)

写真屋さんが撮影した本物は卒業アルバムでのお楽しみに。

今日の職員会議で10月の生活実態調査の結果が報告されました。32回生3年生、考査期間を除く平日の自宅学習時間は平均3.2時間。5時間以上勉強している生徒が全体の2割、GS科では4割でした。これから寒くなってきます。家で勉強するときも、寒さ対策をしっかりとしておいてください。それと、手洗い、うがいを忘れないように。受験勉強、まずは健康管理からです。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

快挙!数学・理科甲子園で兵庫県代表に!<校長ブログ913号>

本校の学校説明会が行われていた先週土曜日、神戸市の甲南大学で開催された「数学・理科甲子園2018」で、本校の『宝塚北GSボンバーズ』が見事、優勝を果たしました。
詳しくは<北高ダイアリー>に報告のとおりです。「数学・理科甲子園」は、私が兵庫県教育委員会の指導主事をしていた頃に関わっていた平成15年からの理科教育推進事業「いきいきサイエンス推進プラン」に続く、平成18年からの「ダ・ヴィンチ・プラン」の中で始まった事業です。13回目の今回、校長として勤務している自分の学校が優勝できたことは、この上ない大きな喜びです。『宝塚北GSボンバーズ』のみなさん、本当にありがとうございました。そして指導してくださった先生方に感謝いたします。
第8回科学の甲子園全国大会は、来年3月15日(金)から埼玉県さいたま市で行われます。全国大会でも大いに健闘してください。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

学校説明会、ありがとうございました <校長ブログ912号>

10月29日(月)
先週の土曜日と今日、今年度最終の学校説明会を開催しました。
北高ダイアリー<土曜日の様子>今日の様子>でも紹介されているとおり、土曜日は体育館で行い、今日は校舎内の多目的ホールで全体会を行いました。そして、それぞれ全体会の前に行った演劇科の授業見学にも大勢の中学生、保護者の方が来られました。本当にありがとうございます。
平成31年度入学者選抜では、先日の報道のとおり、この第2学区では複数志願選抜で10クラスの定員が減ります。しかし本校の普通科は、今年度と同じ6クラス240名を定員としています。本校を第一志望としている中学生のみなさん、合格目指して頑張ってください。そして演劇科、GS科を志願する人も、合格目指して頑張ってください。
  
  
<食堂のメニューの紹介を忘れました(^^)これも大切な情報ですね>
学校説明会、準備・片付けのほか、運営を手伝ってくれた北高生の皆さん、ありがとうございました。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

地域の皆様とともに <校長ブログ911号>

10月28日(日)
本校を見下ろすようにそびえ立つラビスタのマンション群の地域のお祭り「ラビスタふれあいフェスティバル」が晴天のもとすみれガ丘中央公園で行われました。
すでに<北高ダイアリー>で紹介されている演劇科の創作ダンスの他にも、本校から総合司会、吹奏楽部演奏、2年生の総合学習発表がありました。今年は兵庫県が県政150周年ということで、2年生の「総合的な学習の時間」で地元宝塚についてテーマを設定して活動しています。その中から3つのチームがステージ発表をしました。地域の方も資料を見ながら熱心に聞いてくださいました。
地域の皆様、登下校に乗っている路線バスでは、満員状態でご迷惑をおかけすることもありますが、どうか今後とも宝塚北高校をあたたかく見守ってくださいますよう、よろしくお願いいたします。
  
  
  
出演してくれた生徒のみなさん、お疲れ様でした。ありがとう。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

第3回学校説明会 29日ver

10月29日(月)

学校行事のため27日(土)の説明会に参加できなかった中学生と保護者の皆さんを対象に、
午後より学校説明会を行いました。生徒は7時間目まで授業のため不参加でした。

説明会の前に、演劇科希望者に6校時の演劇科のバレエと狂言の授業を見学していただきました。

説明会は、曽谷教頭の司会で、平松学校長から3科の教育と学校生活について、
さらに入学者選抜について説明を行いました。

次に、進路指導部長から本校の指導の方針、指導計画、進路状況について説明を行いました。

全体説明の後は、普通科は個別説明、GS科と演劇科は場所を移し、
それぞれの科独自の説明会を行いました。

生徒会や放送部のみなさんの生き生きした姿を見ていただけなかったのが残念ですが、
部活動の見学で生徒たちの姿を見ていただいて本校を目指していただきたいと思います。

数学・理科甲子園2018でGS科のチームが優勝

10月27日(土)

甲南大学岡本キャンパスで行われた「数学・理科甲子園2018(第8回 科学の甲子園全国大会兵庫県予選)」にGS科2年生を主体としたチームで出場しました。

ここ数年は予選(筆記)の問題に苦戦していましたが、なんと今年度は1位通過の灘高校に2点差に迫る60点(/96点)を取り2位通過。3年ぶりに本戦進出を果たしました。

本戦の数学分野では「テトリスでおなじみの図形を組み合わせて線対称図形を作る」という問題が、理科分野では「パン酵母にできるだけたくさんの気体を作らせる」という問題が出題されました。数学分野では多少苦戦したものの、理科分野では生物選択者がいない中、善戦し、甲陽学院と共に最高得点を取ることができました。その結果,甲陽学院に次いで2位となり決勝に進出しました。
決勝では6名が相談しながら「固定されたワッシャーの質量を求める」という課題に挑戦しました。決勝は測定値だけでなくその方法などについてのプレゼンテーションも評価対象となります。今回出場したGS科2年生は普段からチームでの課題解決に取り組むことを重点に置き、説明することを重視した学習活動を行っているため、普段の感覚で全員一丸となって課題に取り組むことができました。他のチームと違い本校のチームは複数のアプローチとそれぞれの測定精度についての検証を含めたプレゼンテーションを行ったことが評価され、初優勝を飾りました。
今回の結果を受け、3月に埼玉県のサイデン化学アリーナなどで開催される第8回科学の甲子園全国大会に兵庫県代表として出場します。例年名だたる学校が出場している大会です。胸を借りるつもりで兵庫県代表チームとして恥ずかしくないよう、全国に向けこれからも頑張ります。

第3回学校説明会

10月27日(土)

早朝の雨も上がり、快晴の下で第3回学校説明会を開催しました。
第2回が中止となったこともあり、840名以上の参加をいただきありがとうございました。
以下、簡単ですがその様子を紹介します。

受け付けは生徒会役員が担当しました。
緊張から少し笑顔が硬かったかな。でも元気な挨拶はよかったと思います。

3科合同説明会の司会も生徒会役員が務めました。
まずは、平松学校長から挨拶に引き続き、3科の教育と入学者選抜について説明しました。

次に、進路指導部長から本校の指導の方針、指導計画、進路状況について説明を行いました。

続いて、PTA会長からご挨拶と、保護者の立場からの本校の紹介がありました。

3科合同説明会の最後は、放送部が学校生活の紹介を行いました。
スライドや体育大会の映像、部活動についてのインタビュー映像を使いながら、
番組形式で行いました。アナウンサーもミキサーもステージ上で行っています。
体育大会での応援合戦の映像や、部活動のインタビューなどでは、
会場中からのどよめきや拍手が起こり、しっかり伝わっていることがわかりました。

この後、GS科、演劇科の説明会と、進路指導部・生徒会・PTAによる質問会が、
部活動見学と並行して始まりました。
進路指導部・生徒会・PTAによる質問会は今年度初の取り組みです。
様々な疑問・質問に、進路指導を直接担当している教員や、生徒や保護者の立場から答えていただこうという趣旨で始まりました。

GS科は、会場に入りきらないため3回に分けての説明会となりました。

演劇科は、全体説明会に引き続き個別の相談会を行い。質問に演劇科3年生が答えました。

進路指導部では、進路部や昨年度3年学年団の先生方が、高校の進路指導について答えました。

生徒会による質問会では、多くの方々に来室していただき、生徒会役員全員が分担して様々な質問に本音で答えていたようです。

食堂ではPTAの役員の皆さんと茶話会のような雰囲気で質問会が進められていたようです。

また、運動部だけでなく、校舎のあちこちで活動している文化系の部活動にも多数の見学にきていただきありがとうございました。

放送部では放送室が人であふれ、廊下にも人だかりが長時間発生しました。
化学部では、掲示していた研究内容に保護者から質問が出て、緊張しながらもしっかり答えていたようです。
美術部では、部室に置かれている様々な作品を熱心に見てもらえて、部員たちはとてもいい笑顔を見せていました。


校内の掲示物や、中庭などにも関心を示していただき、説明会の内容以上に知っていただけたようです。
本日お越しになった中学生のみなさんと,来年の春にお会いできることを楽しみにしています。

本日、学校説明会まもなく始まります <校長ブログ910号>

10月27日(土)
心配された雨も上がり、予定通り本日、学校説明会を開催いたします。
今年は8月に予定していた第2回学校説明会が気象警報のために中止となっため、第3回学校説明会といっても5月に続いて第2回となります。前回、申し込みをしていただきながら来ることができなかった生徒、保護者の方もたくさんおられると思います。今日は約850名、週明け29日(月)には約150名の生徒・保護者・教員の方に申し込みをいただいています。
じっくりと本校の雰囲気を味わっていただき、ぜひ、第一志望で本校を受験してほしいと思います。迎え入れる在校生のみなさん、準備ありがとう。今日はよろしくお願いします。
  
<朝から準備です。青空も見えてきました(^^)良かったです>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科1年生、来年夏のシアトル研修に向けて <校長ブログ909号>

中間考査最終日の今日、毎年GS科のシアトル研修でお世話になっている日米国際交流協会のペリー・バネット氏が本校に来られました。今年の夏にシアトル研修に行った2年7組、そして前年度の3年7組の生徒たちとの交流会を行なった後、いよいよ来年の夏にシアトル研修に行く予定の1年7組の生徒がペリー氏から話を聞きました。
生徒たちは一人ずつ、自己紹介を英語でしました。もちろんペリー氏は日本語も堪能なのですが、やはりここはシアトル研修に向けてのスタートですから、しっかりと英語ですね。この後、担任とGS科長とペリー氏とで来年度の内容について詳細な打ち合わせを行いました。来年は7月11日(木)出発を予定しています。1年7組GS科の生徒の皆さんは、充実した研修となるように、シアトル研修に向けて英語で話せる力をしっかりと身に付けておいてください。目的があるって、いいことですね。期待しています。
<一人ずつ自己紹介>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)