月別アーカイブ: 2018年7月

オーストラリア・マレーシア研修1日目&2日目

7月31日(火)
昨日オーストラリアのパースに無事到着し、ホストファミリーたちと対面しました。少しの緊張と不安と、大きな期待を胸にドキドキわくわくしながらそれぞれの家に帰っていきました。長旅の疲れもあり、ぐっすり眠ってもらいたいと思います。
     
しっかり休んでいよいよオーストラリアの学校生活1日目が本日始まりました。
1・2時間目は、ロッキンハム高校のそれぞれの担当の生徒と共に、授業を受けました。近い年齢の生徒たちと、英語で会話しながら授業に参加し、日本との違いや共通していることを感じたのではないでしょうか。
2時間目が終わったあと、長い休み時間があり、生徒たちはそれぞれ家から持ってきたおやつなどを食べながら、談笑しながら過ごしました。
  
  
そのあと、北高の生徒たちは全員でパースのビーチに連れて行ってもらいました。
パースは今冬なので、波が高く、美しい色合いの海が広がっていました。風がとても強く、少し肌寒い気候なのですが、北高生たちは元気いっぱいで、海に足をつける子もいました。
  
  
  
明日はいよいよパース動物園に行きます。カンガルーやコアラなど、オーストラリア特有の動物が見れるのが楽しみです。
★ ★ ★
保護者の皆様お待たせしました。日本時間7月31日(火)午後8時過ぎ、オーストラリア・マレーシア研修の様子を伝えるメールが届きました。順調なスタートのようですね。しっかり英語を使って交流してください。実り多き研修となることを願っています。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!オーストラリア・マレーシア研修のみなさんを応援します!!(校長 平松紳一)

本館エレベーター完成!<校長ブログ860号>

7月31日(火)
昨年度から工事が行われていたエレベーターが完成しました。正確に言うと、完成検査を終えて、付帯設備等の若干の手直しが行われて、正式に7月31日で工事が完了しました。長い間、工事でご迷惑をおかけしておりました。ご理解、ご協力、誠にありがとうございました。


<去年の体育大会前と今。外壁も同じ色なのでじっくり見ないとわかりませんね>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

サマースクール始まりました <校長ブログ859号>

7月31日(火)
前期夏季補習は昨日までで、今日から8月3日までの4日間、サマースクールが始まりました。
昨年まで1年生は神鍋、2年生は篠山、3年生だけが学校で行っていましたが、今年から3学年とも学校で行うこととなりました。教室にエアコンが備わっていなかった頃は、涼しいところに出かけて、全く異なる環境の中で勉強することに効果はあったと思います。しかし今は、全ての普通教室にエアコンが備わっていますので、遠くまで出かけなくても、共に鍛える良き友がいれば、集中して勉強することは可能です。今日も日中、35℃近くまで気温が上がるようです。暑さに負けず、しっかり努力してください。
<今日も青空です>

<今日から午前中も部活動が始まりました。午後だけサマースクールに参加する生徒もいます>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

第65回NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会

NHK杯全国高校放送コンテスト全国大会が,7月23-26日の4日間,東京の国立オリンピック記念青少年総合センター及びNHKホールで行われました。本校放送部は,ラジオドキュメント・テレビドキュメントの2部門で参加しました。

まずは準々決勝。各都道府県から選ばれた約200本の番組が1/5の40作品に絞られます。ラジオドキュメント『楽しんでいこうか!』は残念ながら準々決勝で敗退。しかし2年生が中心となり作った番組が,県大会を突破しここまでこれたのは充分に立派なことです。そして,3年生が制作代表を務めたテレビドキュメント『ほな、やってみるさかい』は見事準決勝に進出しました。

準決勝は,40本→4本という高い競争率。39番目というかなり遅い順番でしたので他校の作品を見ながら発表を待ちました。どれも素晴らしい作品で勉強になります。
準決勝で発表
発表前にしっかりとタイトルコール。結果は翌朝発表です。

夜には兵庫県の研修会が開かれ,全員が参加しました。
研修会
番組研修会の様子です。積極的に質疑応答に参加していました。

そして迎えた決勝の日。会場は紅白歌合戦も行われるNHKホールです。
NHKホール外観 NHKホール内

結果は,
入選の発表

決勝進出はならず,5位相当の入選でした。全国550作品中ベスト20となりました。

放送部の作品は自分たちだけでは作れません。惜しみない協力と応援をしてくださったみなさんによるところが大きいです。今年も全国大会に出場することができ,本当によい体験ができました。有難うございました!
放送部集合写真

次は学校説明会と秋の大会に向けて頑張ります。

オーストラリアに向けて出発しました <校長ブログ858号>

7月29日(日)
これまでにない異常とも言える動きを見せた台風12号の影響で、出発が心配されましたが、無事、オーストラリアに向けて15名の生徒たちが関西国際空港を飛び立ちました。
2年に一度、姉妹提携校であるオーストラリアのロッキンハム高校とマレーシアのセタ高校を訪問して、語学研修・学校間交流を行うプログラムです。
オーストラリアは冬、といっても寒さはそう厳しくはないでしょう。きっと日本の暑さを逃れて、快適な生活を送ることができるでしょう。研修の成果が大きいものであることを期待しています。
気をつけていってらっしゃい。
見送りの保護者の皆様、ありがとうございました。
<遅い時間でしたが保護者とともに続々と関空に>
<出発式での挨拶>
<荷物を預けて、いよいよ出発です>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

メール連絡システムへの登録をお願いします <校長ブログ857号>

7月20日に保護者あての文書で依頼をしました「メール連絡システム」への登録のお願いについて、1週間で約60件の新規登録がありました。ありがとうございます。
本校ではPTAのご協力ご支援により、メール連絡システムを導入しています。自然災害やインフルエンザ等の感染症による臨時休業の連絡やその他の緊急時の連絡のためのものです。任意での登録をお願いしており、入学時に「入学のしおり」を見て登録していただくと、2年生、3年生で再登録の必要はありません。
今年は、6月の大阪北部地震、7月の集中豪雨による臨時休業など、緊急に全校生徒への連絡が必要なことがしばしば起こっています。緊急連絡は、本校のホームページやブログでも行なっていますが、県教育委員会のサーバーへのアクセスが集中すると更新ができない場合があります。そこで活躍するのが、メール連絡システムと公式Twitterです。現在、メール連絡システムは750件、公式Twitterには852件のフォロワー登録があります。それでも全校生徒数に対しては100%とは言えません。どちらにも登録されていない方がおられましたら、ぜひ、登録をお願いします。

<29日6時現在、台風12号の予想進路(気象庁ホームページより)>

この週末、通常とは大きく異なる進路の台風12号が近づいています。上の進路予想によると、まさに宝塚に向かっています。くれぐれも気をつけてください。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

柔道部 宝塚市民大会

5月4日

宝塚市立スポーツセンターにおいて、第65回宝塚市民柔道大会が行われました。

本校柔道部の近藤俊介君(1年)が高校男子の部(個人戦)に出場し、3位に入賞しました。

投稿が遅れたこと、お詫び申し上げます。

吹奏楽部、頑張れ!! <校長ブログ856号>

7月27日(金)
夏休みに入っての1週間、午前中は補習、午後は部活動、その合間に三者面談という毎日が続いています。先生方も大変ですが、暑い中、学校にお越しいただいた保護者の皆様、本当にありがとうございます。
さて、今日は午後から吹奏楽部の西阪神地区大会に来ています。いま、ちょうど休憩中ですが、この後、まもなく本校の演奏が始まります。一昨年、創部初の金賞、県大会への切符を手にした吹奏楽部、去年は今一歩届きませんでしたが、今年はぜひ県大会に行って欲しいです。
 <西宮アミティホール>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

シアトル研修お疲れ様でした(^^)<校長ブログ855号>

7月24日(火)
33回生GS科の2年生がシアトル研修を終えて帰ってきました。
7月12日(木)に出発して以降、期間中この<北高ダイアリー>で現地レポートを報告してきましたが、写真で見る限り、今回の研修は本当に天候に恵まれていたようですね。そして日本と違ってとても過ごしやすかったようです。長旅お疲れ様でした。家に帰って、ゆっくりと家族の方にお話をしてください。校長としては、全員が無事に帰国したこと、何よりです。
生徒たちが、この研修でそれぞれに何を感じ取ったかは私にはわかりません。でも、16、17歳のこの時期に10日間以上、シアトルで生活して、『日本に閉じこもっていてはダメだな』と感じて、将来、世界を舞台に活躍する科学系人材として、大きく成長して欲しいと思っています。33回生にとっては高校生活の折り返し地点です。これから残りの高校生活で「夢に向かって」大いに努力してください。
2年7組の保護者の皆様、ありがとうございました。
  
<大阪国際空港、帰国時の様子から>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』全て決めるのは自分です。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

第11回科学交流合宿研修会―2018サイエンス・コラボレーションin武庫川―(2日目)

7月24日(火)

2日目、朝食後から約1時間半、昨日のプレゼンテーションの推敲や発表練習を行いました。

8番目に1年の部員は六甲アイランド高校2年生2人,武庫川女子高校1年生1人の4人チームで、メタンハイドレートの解説と課題となっている採掘方法の提案について発表しました。

14番目に2年の部員は尼崎小田高校の1年生2人の3人チームで、2010年のノーベル化学賞を受賞した鈴木-宮浦クロスカップリングの有用性について実習時に撮影した動画を交えながら発表しました。

発表後は昼食をはさみ、認知に関する研修を英語で受けました。

閉会式では先のプレゼンテーションの表彰が行われ、1年の部員の発表班は全体の2位に入り、表彰されました。

今回の交流合宿を通じて得た経験を次の県総合文化祭に生かしていきたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします。