日別アーカイブ: 2018年4月16日

新しい1週間が始まりました <校長ブログ739号>

4月16日(月)
4月9日の入学式から1週間が経ちました。新入生34回生の皆さんにとって、どのような1週間だったでしょうか?
今朝も正門で多くの先生方が、登校して来る生徒たちに「おはよう」と声をかけていました。1日は挨拶に始まります。先生も生徒もお互い気持ちよく、笑顔で挨拶できる雰囲気を大切にしたいと思います。
週末の雨も上がり、今朝から中庭のエレベーター設置工事もいよいよ本格的になってきました。ユンボの音が少し気になるかもしれませんが、出来るだけ勉強に支障の無いよう配慮して工事を進めていただいています。音を気にせず授業中は勉強に集中してください。
  
校内の植物たちも活発に活動を始めています。ちょっと一周するだけで、たくさんの花に出会えました(^^)
  
  
  
いよいよ34回生は18日水曜日から集団生活訓練合宿に出かけます。四国、讃岐五色台の天気はどうでしょうか。私も団長として一緒に行きます。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科 1年「自然科学探究」の授業が始まりました

4月14日(土)

GS科1年生の「自然科学探究」の授業が始まりました。
この「自然科学探究」という科目は今年度からGS科で新しく開講された科目です。
主に休日を使って施設や大学を訪問して活動を行います。
今回は、本校でオリエンテーションと次回[4月28日(土)、県立人と自然の博物館での実習]の事前学習を行いました。

オリエンテーションでは、「自然科学探究」の目的や授業の進め方、ラボノートの重要性などの講義を受けました。また、本校のパソコン室の規則やメールの方法についても説明がありました。
そして、次回に実習で行く「人と自然の博物館」の創設当時の様子や、恐竜化石の発見により博物館に起こった騒動の顛末など興味深いお話を伺いました。
そのお話をしていただいたのは、本校の平松校長先生です!!
 

校長先生は以前に人と自然の博物館で勤務していた経験があり、当時のことを熱く語られました。
よって次回、人と自然の博物館での授業への期待感が高まりました。
宿題のタンポポ採集も頑張りましょう。

GS科「自然科学探究」オリエンテーションにて(^^) <校長ブログ738号>

4月14日(土)
今年からグローバルサイエンス科の新しい学校設定科目「自然科学探究」が始まりました。
これまでGS科が1年生で行ってきた兵庫県立人と自然の博物館見学・実習や大阪大学との「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」などを体系化して、2年生から始まる「課題研究」の基礎となる学習を行う科目です。今年から本校は兵庫県の「ひょうごスーパーハイスクール」の指定も受けることができたので、内容を充実させて実施していきます。
今日はその1回目のオリエンテーションでした。第2セミナーに集まった34回生40名に対して、私も再来週の28日(土)に行くことになっている兵庫県立人と自然の博物館見学・実習の事前学習のお手伝いをしました(^^)
  
<オリエンテーションの様子><私も秘蔵の写真2枚を公開しました(^^)>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)