日別アーカイブ: 2018年4月9日

宝塚北高校ならではの3つの入学式 <校長ブログ732号>

朝方は肌寒く感じられましたが、34回生の入学式が始まる頃には晴れてきて、多数のご来賓、多数の保護者の方々の臨席のもとで入学式を行うことができました。
34回生の皆さん、式辞で私が話をした2つの心がけ、ぜひ実践してください。そして最後に話したように、「何かを成そうとする時、もう一歩で完成するというのに止めてしまったら、それは誰のせいでもなく自分が止めたということです。そして、何かを成すために一歩でも始めたら、それは自分が始めたということです」
子曰、譬如為山、未成一簣止、吾止也。譬如平地、雖覆一簣進、吾往也。
この孔子の言葉の通り、最後の一歩まで諦めずに努力をすること、たとえ一歩でもとにかくスタートすること。34回生の皆さんを応援します!
  
<入学式、私も自席から写真を撮っていました(^^)歌詞はまだ覚えていないようですが、みんな大きな声で校歌を斉唱していました>
<実は始業式の後、2年7組(GS科)、8組(演劇科)の生徒たちが大急ぎで設営をしてくれていました。みんな、ありがとう!>
そして、全体の入学式の後、演劇科、GS科それぞれオリエンテーション(科の入学式)を行いました。ほぼ同時に始まったので私も体が二つ欲しかったです(^^)
<演劇科><GS科>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』止まるも進むも自分次第です。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

平成30年度始まりました <校長ブログ731号>

4月9日(月)
新しい週が始まりました。今週から平成30年度が本格的にスタートです。
すでに<北高ダイアリー>にも掲載されているとおり、午前中は着任式、始業式、大掃除、式場設営でした。その中で生徒たちが活躍してくれたおかげで午後の入学式もスムーズでした。
着任式では15名の教職員を紹介しました。先生も、生徒も、これから宝塚北高校の仲間として、一緒に素晴らしい宝塚北高校を創っていきたいと思います。
始業式では「最後」をキーワードに、またもや『論語』で、最後の一文を紹介しましました。
孔子曰、不知命、無以為君子也。不知禮、無以立也。不知言、無以知人也。
誰にも、その時その時に「命(めい)」「役割」があります。私にとって今の「命」は宝塚北高校の校長としてのこの一年です。毎日毎日を大切に過ごしたいと思います。そして「礼」を重んじて「言」を大切に、人に対する心配りを忘れず行動したいと思いますし、それを生徒の皆さんにも求めたいです。宝塚北高校を卒業して『人から信頼される』立派な社会人になって欲しいと願うからです。

今日の私のカメラから(^^)
 
<朝から階段・玄関の掃除。女子バレー部のみなさん、ありがとう(^^)!>
 
<教頭からの分掌発表と生徒指導部長のお話>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科入学式

4月9日(月)

GS科入学式を開催しました。
(1)門井淳GS科長の挨拶とオリエンテーションがありました。

(2)GS科1年担任から所信表明がありました。

(3)曽谷教頭先生からお話がありました。

(4)最後に校長先生から祝辞をいただきました。

3科合同の入学式のあとのGS科のみの入学式。
新入生の諸君、保護者の皆様お疲れ様でした。
いよいよ高校生活のはじまりです。
はりきっていきましょう。

第34回入学式

4月9日(月)

午後1時30分より平成30年度第34回入学式を体育館で執り行いました。

平松校長先生の式辞では新入生に向けて、
「 『「夢を持て』、夢をかなえるために努力をしよう。
『友を持て』、お互いを高め合う友を持とう。」と呼びかけられました。

以下、式の様子を写真でお伝えします。

   
【新入生入場】            【入学許可】 一人一人呼名に対して元気に答え、起立していきます。


【学校長式辞】             【新入生代表宣誓】


【来賓祝辞】               【校歌斉唱】 大きな歌声が響きました


【学年の先生方の紹介】


【学年主任からの挨拶】             【新入生退場】

部活紹介の準備/生徒会

4月9日(月)

生徒会が各部の代表者を集め、12日(木)の部活動紹介で1年生に配布する冊子の製本を行いました。
製本作業の後、部活動紹介での注意事項などを伝達しました。
その後、文化部の各代表に残ってもらい、文化フェスティバルについての説明を行いました。

着任式・始業式

4月9日(月)

平成30年度の新学期が始まりました。
着任式
最初に、本年度着任された先生方15名の紹介が平松校長先生からあり、その後、
着任者を代表して曽谷教頭先生からご挨拶がありました。
よろしくお願いします。

始業式
校長先生からの式辞の後、全員で校歌を斉唱しました。
校長先生のお話から、
・「有言実行」今年一年の目標を先生方に伝えて、有言実行していきましょう。
・論語から「孔子曰はく、命を知らざれば、以て君子たること無きなり。礼を知らざれば、以て立つこと無きなり。言を知らざれば、以て人を知ること無きなり。」を引用され生徒のみなさんの内面の成長を促されました。

始業式の後、新体操部の表彰伝達があり、次いで本年度の先生方の校務分掌が発表されました。中田教頭先生より部科長・主任、学年団の先生が紹介され、生徒は自分の学年の先生を探していました。その後、生徒指導部長から、「新学期を迎え、今、どんな気分?」と問いかけがあり、自分をコントロールするために客観的に「自分をとらえる」こと。新しいことを生徒会中心に始めること。マナーの話として、北高生の特徴でもある「おおらかさ」が「無配慮・いいかげんさ」にならないように、との話がありました。