日別アーカイブ: 2018年2月5日

篠山層群の化石 <校長ブログ696号>

2月4日(日)の朝刊各紙に「篠山層群」から角竜の化石が新たに発見されたと報じられていました。私が兵庫県立人と自然の博物館に勤めていた頃、大型の竜脚類「丹波竜」(のちに「タンバティタニス・アミキティアエ」と命名)に続いて、別の地点から角竜の化石が発見されていましたが、今回はさらに別の地点から、同時に3個体のものと見られる化石が発見されました。これで合わせて8個体なんですが、新聞各紙によって表記が異なっています。当時、担当をしていて、いつもそうだったんですが、同じように記者発表をしても、記者によってどこをどう切り取るのかが異なります。今回は恐竜のイメージ図が逆さまになっている新聞社があることには驚かされましたけど(^^)これは単純なミスでしょうか??
本校では2年生の「総合的な学習の時間」で新聞記事をもとに学習を進めていますが、同じ内容でも報道のされ方の違いをみるのも面白いですね。何はともあれ、約1億1千万年前の恐竜のいた時代、その地層が広がる「篠山層群」からはまだまだ化石が出てきそうです。2月18日(日)には、去年GS科31回生が卒業研究発表を行った人と自然の博物館ホロンピアホールで、「日本の恐竜時代を探る!」というテーマで、国立科学博物館の真鍋 真氏や北海道大学総合博物館の小林怪次氏、福井県立恐竜博物館の柴田正輝氏らを招いてフォーラムが開かれます。恐竜研究の最前線の話が聞けるかもしれませんね。
<新聞各紙の報道>

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「数学」の公開授業 <校長ブログ695号>

1時間目、1年生の数学の公開授業を見学しました。
データの相関に関する単元でした。身長と体重、欠席・遅刻と成績など、身近にある数をデータとして扱い、「正の相関」「負の相関」「共分散」といった数学の用語の理解を深めていました。先生の準備されたプリントを埋めながら、時に友達どうしで相談しながら一緒に考えて答えを導き出していました。
寒い一日ですが、教室の中にはストーブがあり、生徒の熱?と見学に来られた先生方のおかげで、温かい環境が保たれていました(^^)生徒たちの授業中の姿を見る機会は大切にしたいと思います。
<教室の後ろから…>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「立春寒波」<校長ブログ694号>

2月5日(月)
昨日は「立春」でした。いよいよ季節は春、と言いたいところですが、猛烈な寒波が日本列島を襲い、日本海側では大雪警報も発令されるほどとなっています。ニュースを見ていると「立春寒波」という言葉も出てきました。今年は厳しい寒さで、去年に比べるとグランド横の梅の開花も遅れています。桜と違って梅の花は一斉に咲くのではなく、一輪一輪、春を感じさせてくれるはずなんですが…
寒いと体力も落ち気味です。本校のインフルエンザの生徒は一時期よりは減少しましたが、相変わらず発熱を伴って休んでいる生徒もいます。手洗い・うがい、特に外出から帰った時にはしっかりと手洗いをしてください。大学受験真っ只中の31回生や卒業生のみなさんも、元気な体と頭でベストを尽くしてください。
新しい週が始まりました。今週も元気な「笑顔」で学校生活を過ごしてください。
 <今日の梅の花>
 <ちょうど1年前>
<天気は良いのですが、寒いですね>
<さすがに桜はまだまだです>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』今週も一歩ずつ。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)