月別アーカイブ: 2018年2月

努力の積み重ね <校長ブログ700号>

2月13日(火)
今朝も日本海側では雪となっています。今年の冬は寒さが厳しく、日本海側、特に北陸地方では平年を大きく上回る積雪量となっています。そして、日本海の向こう側、お隣の韓国、平昌で行われている冬季オリンピックでは、昨日、日本人選手の大きな活躍が見られました。
フリースタイルスキー男子モーグルで原 大智選手が銅メダル、スピードスケート女子1500mで高木美帆選手が銀メダル、さらにスキージャンプ女子ノーマルヒルで高梨沙羅選手が銅メダルを獲得しました。高木選手は4年前は代表入りができず、悔しい思いをバネに4年間努力された成果が実り、高梨選手も4年前、金メダル確実とまで言われる重圧の中でメダルに届かなかった悔しさをバネに4年間努力を続けてメダル獲得となりました。二人とも金メダルが欲しかっと思いますが、とにかく表彰台に立てて本当に良かったと思います。先週9日(金)に始まった平昌オリンピックは25日(日)まで、まだまだ楽しみな競技、熱い闘いが続きます。日本人選手も大いに活躍して欲しいです。
さて、今週は15日(木)にグローバルサイエンス科、16日(金)に演劇科の推薦入試を実施します。GS科1.67倍、演劇科1.30倍、こちらも熱い戦いですが、本校を第一志望とする中学生のみなさん、これまで努力した自分を信じて全力を出し切ってください。
<天気は良いですが気温は5℃までしか上がりません。今日も寒い一日です>
<校長ブログ>も700号。『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』これからも一歩一歩積み重ねたいです。国公立の2次試験に向けて勉強している31回生のみなさん、しっかりやっていますか?努力を重ねることで得られる成果を期待しましょう。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!これからも応援します!!(校長 平松紳一)

1年 「総合的な学習の時間」 合同発表会

2月9日(金)

5,6校時に1年生の「総合的学習の時間」の発表会を実施しました。
「体験!劇表現」、「手話で表現しよう」、「ア・カペラ」、「Public Speaking」、「映像表現を楽しもう」、「シニアライフスタイル」の6つの講座を選択した生徒がそれぞれ工夫を凝らした発表を行いました。

 (「体験!劇表現」:実際に体で表現しています)


(「手話で表現しよう」:クイズを手話で出題し、答えてもらっています)

(「ア・カペラ」:美しいハーモニーを奏でています)


(「Public Speaking」:  英語劇はもちろん、英語で漫才 すごい!)


(「映像表現を楽しもう」:アニメーションGIFやポスターの力作を紹介しました)


(「シニアライフスタイル」:地域の介護福祉施設「星花苑」での交流からの報告です)

職員・PTA合同研修会

2月9日(金)

本日 山村 力法律事務所の山村弁護士を講師としてお招きをして、PTAと合同で「いじめ防止対策について」の研修会を実施しました。

「学校」とは、単に勉強だけではなく人間関係、社会生活を実体験で学べる場所でなくてはいけないという話から始まりました。

いじめの早期対応に苦慮している教員に対してわかりやすく具体的な対応を教えてくださいました。
また、PTAや教員からの質問にも丁寧に答えてくださって今後の指導に大いに参考となりました。

演劇科52名(1.30倍)、GS科67名(1.68倍)<校長ブログ699号>

今朝の朝刊に発表された通り、今年の推薦入試の志願者数は、演劇科が52名、グローバルサイエンス科が67名でした。どちらも去年に比べると志願者数が減ったとはいえ、両科合わせて39名もの生徒を不合格とせざるを得ません。とても心苦しいところです。
宝塚北高校に入学したい、という中学生のみなさん、15日のGS科、16日の演劇科、それぞれの適性検査まであまり日数はないですが、明後日あたりからは少し寒さも和らぐようです。当日まで風邪やインフルエンザにかからないよう、十分に健康管理をしてベストな状態で臨んでください。健闘を祈ります。
<6時間目、1年生の生徒たちによる校内学年清掃が行われました。窓も綺麗に隅々まで拭いてくれました。ありがとう!33回生のみなさん>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

有権者として <校長ブログ698号>

2月7日(水)
すでに<北高ダイアリー>でお伝えしている通り、6時間目、2年生の主権者教育として、講演会と模擬投票が行われました。
公職選挙法の改正により、平成28年6月から選挙権を有する者の年齢が、満20歳以上から満18歳以上に引き下げられました。この改正以後、参議院議員選挙、宝塚市長選挙、兵庫県知事選挙、衆議院議員選挙と市や県、国政選挙など大きな選挙が相次いで行われました。今日の2年生は、1年生で授業の中で主権者教育について学びました。まだ18歳に達していないので、誰一人投票には行っていません。初めて本物の投票箱や記載台を目の当たりに見たり、そこで記入したりした経験は次の選挙で活かされると思います。18歳になれば一人前の有権者となります。これからの政治、日本の将来のためにも有権者として一票の重みを感じる人となってくれることを期待しています。
<詳しい様子は<北高ダイアリー>前号をご覧ください>

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

英語の公開授業 <校長ブログ697号>

2月6日(火)
昨日の数学に続いて、1年生の英語の公開授業を見学しました。
このクラスはこれまでにも何度か見学した兵庫教育大学の「中学校・高等学校の英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」の研究協力校として実施しているため、今日も兵庫教育大学の先生と一緒に見学しました。平成33年度大学入試から大学入試センター試験に代わり新テスト「大学入学共通テスト」がスタートします。英語の4技能については、民間の資格・検定試験が併用されることになりました。本校ではGTEC for Studentsを受験していますが、これも大学入試英語提供システムにエントリーされています(まだ決定ではありません)。
今日の授業では、「リテリング」を中心に4人一組のグループワークが行われていました。生徒たちの生き生きとした表情が印象的でした。
  

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

2年 主権者教育講演会

2月7日(水)

講師の  さん4月から18歳となって有権者になっていく2年生に対し、宝塚市選挙管理委員会事務局の清水課長をはじめ10名の方々に主権者教育の講演をしていただきました。

まず、実際の選挙の例をあげて1票の大切さを説明されました。次いで、その一票をどのように行使するのかを、実際に投票で用いられる道具一式を使って、学年の代表者計16名が模擬投票を体験しました。実際と全く同じ形で模擬投票が始まり、1人ずつ説明いただきながら進行していきます。最初は余裕の笑顔だった代表生徒もすぐに緊張し始め、それが見ている生徒たちにも伝わったようです。

模擬投票の後、インターネットを用いた選挙活動についての注意点や、選挙違反とならないための行動について説明がありました。

今年は国政選挙が予定されていませんが、選挙が実施された時は、生徒のみなさんが本日の講演をふまえて、必ず投票に行くことを期待しています。

みんなの注目を背に受けながらの模擬投票 説明を一人一人受けて投票は進みます 緊張しながら模擬投票を体験中
みんなの注目を受けながら模擬投票が始まりました

笑顔の説明を受けながら投票、立会人の視線も気付いています 
選挙立会人の視線に緊張しながら投票です    模擬投票と同時に説明も続きます。

篠山層群の化石 <校長ブログ696号>

2月4日(日)の朝刊各紙に「篠山層群」から角竜の化石が新たに発見されたと報じられていました。私が兵庫県立人と自然の博物館に勤めていた頃、大型の竜脚類「丹波竜」(のちに「タンバティタニス・アミキティアエ」と命名)に続いて、別の地点から角竜の化石が発見されていましたが、今回はさらに別の地点から、同時に3個体のものと見られる化石が発見されました。これで合わせて8個体なんですが、新聞各紙によって表記が異なっています。当時、担当をしていて、いつもそうだったんですが、同じように記者発表をしても、記者によってどこをどう切り取るのかが異なります。今回は恐竜のイメージ図が逆さまになっている新聞社があることには驚かされましたけど(^^)これは単純なミスでしょうか??
本校では2年生の「総合的な学習の時間」で新聞記事をもとに学習を進めていますが、同じ内容でも報道のされ方の違いをみるのも面白いですね。何はともあれ、約1億1千万年前の恐竜のいた時代、その地層が広がる「篠山層群」からはまだまだ化石が出てきそうです。2月18日(日)には、去年GS科31回生が卒業研究発表を行った人と自然の博物館ホロンピアホールで、「日本の恐竜時代を探る!」というテーマで、国立科学博物館の真鍋 真氏や北海道大学総合博物館の小林怪次氏、福井県立恐竜博物館の柴田正輝氏らを招いてフォーラムが開かれます。恐竜研究の最前線の話が聞けるかもしれませんね。
<新聞各紙の報道>

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「数学」の公開授業 <校長ブログ695号>

1時間目、1年生の数学の公開授業を見学しました。
データの相関に関する単元でした。身長と体重、欠席・遅刻と成績など、身近にある数をデータとして扱い、「正の相関」「負の相関」「共分散」といった数学の用語の理解を深めていました。先生の準備されたプリントを埋めながら、時に友達どうしで相談しながら一緒に考えて答えを導き出していました。
寒い一日ですが、教室の中にはストーブがあり、生徒の熱?と見学に来られた先生方のおかげで、温かい環境が保たれていました(^^)生徒たちの授業中の姿を見る機会は大切にしたいと思います。
<教室の後ろから…>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「立春寒波」<校長ブログ694号>

2月5日(月)
昨日は「立春」でした。いよいよ季節は春、と言いたいところですが、猛烈な寒波が日本列島を襲い、日本海側では大雪警報も発令されるほどとなっています。ニュースを見ていると「立春寒波」という言葉も出てきました。今年は厳しい寒さで、去年に比べるとグランド横の梅の開花も遅れています。桜と違って梅の花は一斉に咲くのではなく、一輪一輪、春を感じさせてくれるはずなんですが…
寒いと体力も落ち気味です。本校のインフルエンザの生徒は一時期よりは減少しましたが、相変わらず発熱を伴って休んでいる生徒もいます。手洗い・うがい、特に外出から帰った時にはしっかりと手洗いをしてください。大学受験真っ只中の31回生や卒業生のみなさんも、元気な体と頭でベストを尽くしてください。
新しい週が始まりました。今週も元気な「笑顔」で学校生活を過ごしてください。
 <今日の梅の花>
 <ちょうど1年前>
<天気は良いのですが、寒いですね>
<さすがに桜はまだまだです>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』今週も一歩ずつ。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)