日別アーカイブ: 2018年1月15日

明日から「笑顔の北高生」お届けします(^^)<校長ブログ658号>

1月15日(月)
すでに<北高ダイアリー>にある通り、32回生修学旅行の結団式が行われました。
団長として挨拶をしました。北海道、富良野という素晴らしい場所で、生涯心に残る楽しい修学旅行であってほしいと願っています。そのためにも集団行動であることの自覚、何より宝塚北高校の生徒としての自覚を持って臨んでください。
私は公式ブログとは別に「笑顔の北高生」を追いかけて、現地での様子をお伝えします。保護者の皆様、どうか楽しみにしておいてください。
<正面から1枚!>
<今日は日差しも少し暖かかったですね>
32回生のみなさん。よい修学旅行にしましょう! 良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

1.17を前に <校長ブログ657号>

1月15日(月)
1月13日・14日、センター試験が終わりました。本校からも大勢の生徒が受験して、今日は自己採点の結果を提出する日です。
震災のあった23年前の1995年1月17日は火曜日でしたが、今日と同じくセンター試験の自己採点の日でした。あの頃は「成人の日」が15日と定められており、15日が日曜日であったため、月曜日が振替休日となり、3連休となっていました。
私は1年生の担任をしていたので普段通りの出勤予定でした。もちろんその日は誰一人、生徒は登校できませんでした。その代わりに多数の被災された近隣住民の方々が、頑強な校舎を頼りに学校に来られて、それ以来、約1年間避難所となりました。あの年の大学入試は受験生も担任の先生方も本当に大変でした。かと言って、いつ起こっても不思議ではない地震です。今朝は何事もなく、無事に自己採点の朝を迎えられて良かったです。
<化学室の薬品庫も後片付けが大変でした>
二度と繰り返したくない阪神淡路大震災です。地震は必ず起こるとはいえ、震災はできる限り小さく、とどめたいものです。そして大きな災害が起こった後の若い高校生の力(行動力)は、大きな力となります。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

32回生 冬季生活訓練合宿(修学旅行)結団式

明日、32回生2年生が北海道富良野に向けて出発します。
主なプログラムはスキー実習と小樽観光です。

本日5校時の結団式にて、引率職員と同行スタッフの紹介を行い、
明日からの旅行に向けての連絡や諸注意など、最終確認を行いました。

北海道の美しく雄大な自然のもと315人が集い、
3泊4日の集団生活とスキー実習を通して、
相互の信頼関係を深め、人間的な成長をして
思い出に残る旅行にしてほしいと願います。