日別アーカイブ: 2018年1月11日

「AI産業革命」始動 <校長ブログ654号>

1月11日(木)
突然のタイトルに驚かれたかもしれません。これは今朝の日本経済新聞1面トップの記事です。
今、アメリカのラスベガスで世界最大の家電見本市「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)」が開かれており、これまで主役だった電機、自動車メーカーに代わり、グーグル、アマゾンの2強がAIを武器に存在感を示しているという記事です。グーグルのAI「Googleアシスタント」を搭載した薄型テレビをLG電子が紹介したり、アマゾンの音声AI「アレクサ」を搭載した車載機器をパナソニックが紹介したり、これからはAIで、どんどん世界が変わるでしょう。しかし、このAI技術、トップを走るアメリカ、追う中国、…残念ながら日本企業の存在感が薄くなっていると言われています。
記事は「日本企業の多くが直面する『生きるか死ぬかの競争』を映し出している」と締めくくられていました。
11月のアセンブリー、3学期の始業式でも、みなさんにAIを話題に話をしました。「人生100年の時代」を生きる北高生のみなさん、今、世界は大きな転機です。これからのみなさんの社会を明るく夢のある未来にするためにも、ぜひ、大きな夢を持って社会の主役となって活躍することを期待しています。

<寒さは厳しいですがとても良い天気です。今朝、2年生の修学旅行の荷物が一足早く、北海道に向かいました(^^)>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』一歩でも前に進みましょう! 良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)