日別アーカイブ: 2017年8月2日

化学部の発表を終えて <校長ブログ569号>

宮城県仙台市を中心に行われている今年の全国高等学校総合文化祭「みやぎ総文」の自然科学部門は石巻市の石巻専修大学で行われています。
石巻駅から会場までのバスからは、未だに残る仮設住宅と新しく区画整備された住宅街が目を引きました。仙台駅から石巻駅までの途中でも、比較的高台のところに真新しい住宅がたくさん見受けられました。確実に復興は進んでいるのでしょう。
さて、本校化学部の発表、17時12分から始まりました。「糖類を定性的かつ簡単に判別できるか」というタイトルで3年生の水田千尋さんと新谷美波さんが発表しました。二人は緊張もせずに、原稿を見ることもなく立派な発表でした。去年の県総文から今年の文化フェスティバルでも見せてくれた発表です。スライドもさらに見やすく、とても工夫が込められていました。審査員の先生からも「とてもおもしろい」「身近な素材で興味深い」と絶賛されました。よく頑張りましたね(^^)

<発表を終えた二人を囲んで、後輩、顧問の先生と一緒に1枚!>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

今年は「みやぎ総文」<校長ブログ568号>

今年の全国高等学校総合文化祭は宮城県で開催されています。本校から化学部と美術部が出場しているので、宮城県までやって来ました。
東北地方は今日、梅雨明けしました。午前中、曇り空でしたが午後になって晴れています。自然科学部門の発表が行われるのは、石巻専修大学です。JR仙石線石巻駅より徒歩約51分⁉︎(みやぎ総文ホームページより)そんなに歩けるわけはないので1時間に1本ある路線バスを待って、約20分ほどで会場に着きました。物理、化学、生物、地学の各部門ごとの口頭発表会場とポスター発表会場、いずれも全国から大勢の高校生、先生方が参加されています。
本校化学部の発表は、この後、17時12分からです。昨日もしっかりリハーサルができたようです。緊張せずに頑張って欲しいですね。会場で応援します!
  
<会場には大勢の高校生が集まっています。ポスター会場も満員です>
8月1日からサマースクールも始まっています。1・2年生は3泊4日でそれぞれ神鍋高原、篠山に3年生はエアコンの効いた本校の教室で行われています。良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)