月別アーカイブ: 2017年6月

明日25日はGS科の卒業研究発表会です <校長ブログ474号>

今年は6月21日が夏至でした。最近、本当に一日が長く感じられます、と言っても日が暮れてからものこと??それはさておき、昨日の<校長ブログ>でもお伝えした通り、明日25日、グローバルサイエンス科2期生の卒業研究発表会が行われます。
天気が心配なのでホームページTopにも掲載している通り、午前10時の時点で、宝塚市・西宮市・三田市を含む地域に大雨警報又は暴風警報又は洪水警報が発令されている場合は、卒業研究発表会は中止します。もちろん、そうならないことを祈ります。
今回2回目となる卒業研究発表会ですが、31回生GS科の40名とは、昨年、一緒にシアトル研修に行った生徒達です。おまけに会場は私が8年間も勤めていた人と自然の博物館です。明日がとても楽しみです。ご来場される皆様、会場となる兵庫県立人と自然の博物館ホロンピアホールは駅、駐車場(フラワータウン駅前イオン三田店の3〜6階)から歩いて、ちょっとわかりにくい場所にあります。本校の生徒が案内板を持って立っていると思いますので、気軽に声をかけてください。

<兵庫県立人と自然の博物館の外観。もとは深田大橋という橋の周りをガラスで囲んでできた建物?構造です。面白いですね。設計者は当時、有名な丹下健三氏です>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

宝塚市公立高等学校合同説明会にて <校長ブログ473号>

先月から市内の12の中学校で、市内にある県立4高校の説明会が行われていることは<校長ブログ>でも紹介しましたが、昨日と今日の二日間は、さらに宝塚駅前のソリオホールで保護者を対象とした公立高等学校合同説明会が行われました。
宝塚市内4高校だけでなく、伊丹市内の県立3高校の説明を同時に聞くことができるとあって、二日間で500名を超える保護者の方々、今日も定員302名のソリオホールは8割以上の席が埋まり、熱心な保護者の熱気が溢れていました。宝塚市内の保護者の方ばかりではなく、他市からも来られていて、本校への通学時間なども紹介しました。会場でご案内した通り、ぜひ、8月25日(金)に行う学校説明会に足を運んでいただき、本校の雰囲気を感じ取っていただきたいです。よろしくお願いいたします。
帰って放課後、GS科3年生の様子を見に行くと、明後日25日の卒業研究発表会に向けて、最後の仕上げをしていました。頑張れ!GS!
  
<発表当日まで残りわずかです。いい発表を期待していますよ(^^)>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

2年 総合的学習の時間 全体発表会

6月22日(木)7校時

これまでの総合的学習の時間にグループで取り組んできた研究の発表会が行われました。
今日発表があったのは、政治・社会、経済、教育・福祉、医療、自然科学、農学の各分野の
発表で、独自の視点や論理展開によく工夫されたものが多くありました。

    

初任者の授業見学−2 <校長ブログ472号>

21日(水)2時間目の後半は、1年生の英語の授業でした。
今年度、1年生の英語科では、兵庫教育大学の文科省委託事業「中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」の協力校として、次期学習指導要領を踏まえた「聞くこと」「読むこと」「話すこと」「書くこと」の領域別の学習到達目標を設定して、目標達成のための指導・評価の改善の方向性の実証研究を進めています。
特に本校は「ICT硏究校」として、iPadを使った授業を進めています。生徒たちはスマホ、iPhoneやiPadを使った経験のある生徒も多いようで、スムーズに使いこなしているようでした。生徒に英語で声かけながら、楽しそうな雰囲気、活気のある授業でした。
  
<二人に1台> <先生の描いたものがそのまま生徒のiPadに> <録音まで>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

初任者の授業見学 <校長ブログ471号>

21日(水)2時間目に今年、初任者として本校に赴任された2人の先生の授業を見学しました。
一人目は2年生の国語の授業でした。単元は「山月記」です。まず、2年生国語科の共通課題であるスキルアップドリルに各自5分間、静かに取り組みました。そして授業が始まると、ペアワークで前回の授業の確認をして、数名に発問。そして授業に入っていきました。
終始穏やかな良い雰囲気で、ペアワークの時には席の隣同士の生徒で活発な活動が見られ、発問にもしっかりと答えているようでした。クラスの友達同士、信頼し合えていないとうまく行きません。これからも「良き友と共に」しっかりと授業に臨んでください。
  
<朝方、あわや警報かという雨も上がり…><みんなしっかりと取り組んでいました>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

6月アセンブリー

6月21日(水)

6校時にアセンブリーを行いました。
出張で不在の校長に代わって坂本教頭からの講話に続き、
各部活動での活躍とその結果が紹介され、表彰伝達が行われました。

アセンブリーの終了後、生徒会役員選挙に伴う立会演説会が行われました。
候補それぞれの意志表明と応援演説があり、この後、教室に戻って投票が行われました。

教頭講話 表彰伝達 立会演説会

GS科3年生「EGGS」第4回

6月19日(月)

今日はGS科の3年生にとって卒業研究発表会前の最後の「EGGS」。

今まで講師の先生方に教わってきたことをクラスの前で実践。卒業研究発表会の予行演習となりました。

今回の予行演習を通して指導を受けた、発表の未完成な部分を修正して、さらに完成度の高いプレゼンテーションを目指して、残り1週間を頑張ります!!

数字をどう読むか <校長ブログ470号>

演劇科の卒業公演も無事に終わりました。次は週末の日曜日、25日に三田市の兵庫県立人と自然の博物館ホロンピアホールで行われるGS科の卒業研究発表会です。
さて、今朝の新聞各紙に一斉に「内閣支持率」が報道されています。ところが、神戸新聞と産経新聞は同じ「44%」ですが、毎日新聞は「36%」、朝日新聞は「41%」、読売新聞と日本経済新聞は「49%」と各社各紙によってこれだけ数字が異なります。なぜでしょうか? 神戸と産経は同じ共同通信社の全国調査のデータですが、他紙はすべて独自の調査によるもので、たまたま読売と日経は同じ数字となったものです。それにしても「約半数が支持している」のと「3分の一程度しか支持していない」のとでは印象が異なりませんか?
「加計学園」の問題や国会で審議された改正組織犯罪刑罰法など、高校生のみなさんも最近の報道を見聞きして、いろいろと考えていると思います。購読している新聞によって、これだけ差が出るということも知っておかなくてはなりません。兵庫県では知事選挙が7月2日に行われます。どのような選挙でも、投票前に立候補者の演説を聞く機会があればいいですが、様々な報道からだけで判断する人もいるでしょう。情報はどこから得るのか、その情報は正しいのか、偏ってはいないか、誤った情報に流されないように、慎重に考え判断する必要があります。
今回の知事選挙で3年生の一部の人は投票に行く権利があります。必ず、投票に行ってください。でも、その前によーく考えてくださいね。
<今朝の新聞各紙第一面から>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

卒業公演、ありがとうございました <校長ブログ469号>

昨日の第31回卒業公演にお休みのところをわざわざお越しくださった皆様、改めて御礼申し上げます。満席のお客様の前で演技ができたことは本当に彼ら、彼女たちにとって幸せだったと思います。ありがとうございました。
私も1回目(ゲネプロ)で初めて通しですべての演技を客席から観て、2回目(卒業公演)は舞台袖で違った角度から観て、最後となった3回目は再び客席から、まさにパワーあふれる生徒たちの熱演を、その必死な表情を目の当たりにしました。一生に一度の生涯忘れられないであろう一日を過ごした31回生を見ていて、”感動”というありきたりの言葉以上に、生徒たちの真剣な思いを感じた一日でした。生徒たちにも、本当に「ありがとう!」と言いたいです。
卒業公演が終わっても、宝塚北高校を卒業するまでには、まだまだ8ヶ月以上あります。この間に、それぞれ将来の夢や目標に向かって進路決定をしなければなりません。入学以来、培ってきた力を大いに発揮して、夢を叶えてください。
  
<受付・誘導・御礼。1、2年生の皆さんもご苦労様でした。次はあなたたちの番です!>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

悔いのない一日に <校長ブログ468号>

演劇科31回生卒業公演も、いよいよ残り1回の公演を残すのみとなりました。
最後は本校生徒、保護者が主なお客様です。一日に3回の公演はかなりキツイと思います。でも、そこはさすが高校生、若さでカバーできそうです。そして、正真正銘の最終公演に向けても最後のダメ出しを受けていました。まだまだ上を目指して公演に臨む。クラス37人全員が、これまでにない最高の自分を目指す。そして何より、悔いの残らない一日として終える。そんな瞬間が近づいています。そんな瞬間に立ち会うことができて幸せです。

<舞台袖で31回生を支える卒業生たち>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)