日別アーカイブ: 2017年3月2日

運動部活動における安全について <校長ブログ396号>

昨日は本校で高体連阪神支部評議員会が行われ、今日は県民会館での県高体連理事・評議員会に出席しました。今年の事業もまとめ・報告の時期となり、来年度の事業計画が出される時期となりました。平成29年度の県高校総体の開会式は、6月3日(土)に兵庫県立文化体育館で行われます。会の後半は「運動部活動における安全」について兵庫教育大学の森田啓之准教授の講演を聞きました。
これから暖かくなるにつれて各運動部も活発に活動するようになります。怪我を引き起こす要因「環境・服装・心身状態・行動」を除去、排除するとともに生徒自身にも「制御」が必要です。北高の運動部も盛んです。部活動を通じて得られるものも大きなものがあります。しかし、結果だけを優先せず、指導者の細かい配慮とともに生徒自身の自己管理、自分自身の体の変調を知り、怪我を未然に防ぐことは大切です。そして何より、生徒と顧問とのコミュニケーションが円滑であることが第一であると思います。

<講演会の様子>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

たまには・・・<校長ブログ395号>

いつもよく努力している北高生の皆さん、今日で学年末考査が終わりました。明日からは午前中授業、23日の終業式まで球技大会や講演会、特別講義などもあります。考査中は夜遅くまで勉強していたことと思います。たまには、のんびり読書や好きなことをするのもよいでしょう。もちろん、友達とたっぷりおしゃべりする時間も足りなかったかもしれません。最近の高校生はスマホにはまって、読書をしなくなり、文章を書かなくなり、人と話す機会がSNSに代わってしまっていると言われます。この時期にたくさん本を読んだり、友達と楽しく話したりして過ごすことは大切ですよ。ONとOFFの切り替えは、私たち大人にとっても同様、大切なことです。
もちろん、返ってきた考査のできなかったところは、上の学年になる前の今のうちに復習しておいてください。そして来年度に向けた準備も着実に進めておいてください。

<朝からの雨。考査が終わって部活動!と意気込んでいた生徒にはちょっぴり残念な雨です>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科 卒業式

2月28日(火)

第30回卒業証書授与式の前に、GS科卒業式を行いました。

GS科1,2年生から3年生に向けて送辞が贈られました。

 

続いて、1年生は卒業生にこれからの健康と活躍を祈念しました。
2年生は卒業生を”piece of cake”とそれぞれがケーキの一片であるとたとえました。「みんなが集まらなければ一つにならない。また、そのケーキをより豪華にするためにもそれぞれが素敵な一片にしてください。」と励ましのことばを送りました。

その後、3年生から答辞が返されました。3年間変わらないクラスの中でいろいろな経験ができてよかったこと、受験は団体戦でありクラスで励ましあいながら臨むべきだということなど、GS科卒業生、先輩として後輩に3年間の感想と、アドバイスを送りました。

その後、3年生担任、科長より挨拶がありました。
学科の一期生として初の課題研究発表会を開催したこと、その研究にも授業以外でも熱心に取り組んでいたことなど、3年間を振り返りました。

高校卒業という節目を迎え、これからそれぞれが夢に向かって違う道に進むことと思います。その先で辛いと思うこともあるかもしれません。そんな時はこのGS科での3年間を糧に「臥薪嘗胆(Gashin Shotan)」すればきっと乗り越えられるはずです。そのGS魂で、これからの厳しい社会を乗り越えることを信じています。