月別アーカイブ: 2017年2月

演劇科の”絆” <校長ブログ393号>

午前の卒業証書授与式を終えて、午後1時からの「30廻星 演劇科卒業式」では、演劇科の生徒の縦のつながりの濃さを感じました。
3年生の卒業を惜しみながら1、2年生が歌詞を考えて歌って踊る姿も微笑ましかったですし、何より3年生が、卒業公演を創り上げるまでのエピソードを綴ったlast stageは、あの素晴らしかった去年の6月の卒業公演を思い出しました。そして、生徒たちが踊りながら涙ぐむ姿を見ていて、一緒に観ていた保護者の方々と共にもらい泣きしてしまいそうでした。講師の先生方からの熱く優しい生徒へのメッセージもまた、北高演劇科の”絆”を感じさせてくれました。
この感動を目の当たりにしていた2年生、1年生も、やがては卒業公演の舞台に立つんですね。毎年繰り返されてきた北高演劇科のドラマ、本当に素晴らしいと感じました。

<次はあなたたち2年生の番ですね(^^)>

<さすが、貫禄を見せてくれた3年生たち>

<担任の川野先生、3年間お疲れ様でした>
夢を叶える北高演劇科で目標に向かって全力で努力してきた30回生!素晴らしい感動をありがとう! 卒業しても、それぞれの夢に向かって突き進んでください!応援します!!(校長 平松紳一)

保護者の皆様、ありがとうございました <校長ブログ392号>

すでに広報部からお伝えしている通り、第30回卒業証書授与式が厳粛な中に北高らしさの溢れる雰囲気で行われました。
朝の職員打ち合わせで、学年主任から「天気に恵まれてきた30回生」という表現がありましたが、本当に快晴のもとで行うことができて良かったです。
送辞も答辞も素晴らしかったですね。特に答辞は、私の目の前でしっかりと読んでくれましたが、礼の時に私にしか見えない”ニッコリとした笑顔”を見せてくれて、とても清々しく、気持ちの良い答辞でした。本当にありがとう(^^)
そして何より、多数の来賓の方々と共に多数の保護者の方々が来校されました。平日というのに、お仕事を休まれて、30回生の晴れの門出を一緒にお祝いしてくださったことに感謝申し上げます。ありがとうございました。
<式の後、クラスで…>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力してきた北高生!卒業してからも夢や目標に向かってしっかりと努力してください!応援します!!(校長 平松紳一)

演劇科 30廻星 卒業式

2月28日(火)

多数の保護者のみなさま、講師の先生方にご参列いただき、演劇科30廻星卒業式を行いました。

オープニングは、1・2年生より歌とダンスのお祝いメッセージ。

続いて、3年生のlast stage!1年時のアポロンシアター、2年時の外部出演、そして3年時の卒業公演。3年間の思い出が歌とダンスで綴られました。素敵な笑顔の30廻星。光り輝いていました。

31回生、32回生も、先輩のすばらしいlast stage に感動したことでしょう。こうして、演劇科の歴史が積み重ねられていくのだと思います。

第30回卒業証書授与式

2月28日(火)

第30回卒業証書授与式を挙行しました。

校長先生は式辞の中で,次の論語の一節を,卒業生に贈って下さいました。

いわく、君子くんしおもからざればすなわあらず。まなべばすなわならず。忠信ちゅうしんしゅとし、おのれかざるものともとすることかれ。あやまちてはすなわあらたむるにはばかることかれ。」

(「先師がいわれた。道に志す人は、つねに言語動作を慎重にしなければならない。でないと、外見が軽っぼく見えるだけでなく、学ぶこともしっかり身につかない。むろん、忠実と信義とを第一義として一切の言動を貫くべきだ。安易に自分より知徳の劣った人と交っていい気になるのは禁物である。人間だから過失はあるだろうが、大事なのは、その過失を即座に勇敢に改めることだ。」(下村湖人 訳))

 

ご卒業おめでとうございます。
卒業生の皆さんのご活躍を,職員一同願っています。

まもなく第30回卒業証書授与式が始まります <校長ブログ391号>

2月28日(火)今日はとても良い天気になりそうです。
宝塚北高校第30回卒業証書授与式、予定通り行います。第30回生 316名の門出を祝う大切な日です。保護者の皆様にとっても、素晴らしい一日となりますことを祈念しております。ご来賓の皆様、保護者の皆様、どうか、道中気をつけてお越しください。
  
<朝から青空が広がっています(^^)>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

皆勤賞に60人!<校長ブログ390号>

11時から学年末考査3日目を終えた2年生全員が体育館に入って、3年生が入場するところから明日の予行を行いました。その中で生徒会からの記念品贈呈式、卒業記念品の贈呈式を行い、学校賞の受賞者の呼名も練習しました。皆勤賞はなんと60名。これは素晴らしいことだと思います。3年間、しっかりと体調管理ができた証拠です。明日は時間の都合もあって、代表の生徒だけに賞状を手渡しますが、みんな本当によく頑張りました。
学校賞では他にも生徒会活動の2名、全国大会出場の放送部、化学部、園芸部、写真部の21名が表彰されます。本当にみんなよく頑張りました。おめでとうございます。
  
<明日の卒業式、良い天気になりそうです(^^)>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

同窓会入会式  <校長ブログ389号>

いよいよ明日、2月28日(火)に第30回卒業証書授与式を行います。天気はとても良さそうです。さすが30回生の日頃の行いの良さが出ているのでしょう(^^)
今日は朝から予行演習を行い、合わせてPTA記念品贈呈式、同窓会記念品贈呈式も行いました。そして同窓会入会式では同窓会長の家門秀行さんが後輩たちに話をされ、「社会に出ても北高を心の拠り所として思ってほしい」「今の友達を大切に」「明日の卒業式では、いい思い出を作ってください」と締めくくられました。私も、明日の卒業式は北高生の素晴らしい姿を見せてほしいと願っています。
<同窓会から記念品贈呈>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!卒業しても応援します!!(校長 平松紳一)

演劇科3回生森上千絵さん、走っていました(^^)<校長ブログ388号>

脚本家 倉本聰さんの作・演出の富良野GROUPの今年の公演『走る』を観てきました。場所はちょっと遠かったですが富田林市の「すばるホール」です。修学旅行が富良野だったので、しおりの挨拶文にも倉本さんのことを紹介しましたね。去年の年末に今日のチケットを購入した後で、今年になってから、富良野GROUPの森上千絵さんが本校演劇科の卒業生であることを演劇科講師の藤永先生から聞き、今日の公演を楽しみにしていました。森上さんは、今日の公演でもトップに名前が上がる役者さんで、これまでにも富良野塾の公演『屋根』やテレビドラマの『風のガーデン』でも森上さんを観ていたのですが、全くその時は北高演劇科卒業生であることを知りませんでした。もちろん、その時は自分が北高の校長になるとは想像もしていなかったですが(^^;;)
そして今日、公演後に森上千絵さんに会うことができました。舞台では力強く走っておられましたが、とっても爽やかで、笑顔が素敵な女性でした。北高が、もう33回生を迎えることを話すと驚かれていました。「サインは倉本さんの横でいいですよ」と言うと、「とんでもない、(そんな恐れ多いこと)私、このページでいいです」と言って、にっこり笑いながら登場人物紹介のページの①のところにサインをしてくれました。「ぜひ、後輩たちに話をしてやってください」とお願いして帰りました。富良野塾には森上さんの他にも4人も北高卒業生が入塾したそうです。活躍している北高卒業生、とても嬉しいですね(^^)
<森上さんのサイン>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!そして北高演劇科卒業生!応援します!!(校長 平松紳一)

3月1日から朝の登校時のバスが増便します(^^)<校長ブログ387号>

職場からの帰り、宝塚駅までのバス車中で3月1日からダイヤ改正のアナウンスがあり、新しい時刻表をいただきました。朝の7時台、宝塚駅から本校に向かうバスは12本から15本に増便します。朝の宝塚駅での北高生の行列は短くなりますね。
<新しい時刻表>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

セクシャルハラスメント研修会 <校長ブログ386号>

学年末考査2日目の今日、放課後に教職員の研修会を開催しました。テーマは「セクシャルハラスメントのない学校づくり」です。兵庫教育大学大学院教授で臨床心理士でもある講師から、ハラスメントの理解、セクハラ等の防止策など分かりやすく説明を受け、本校の相談フロー図についてもアドバイスをいただきました。
先生方からの質問にも的確に回答してくださり、セクシャルハラスメントのない安心な職場、安心できる学校であるために、今一度、未然防止と相談体制について確認することができました。ハラスメント防止のためにも「心」に余裕を持つことが大切だと思います。

<中庭の「心の広場」の白い文字もくっきり! 今回の中庭のクリーニング作業でペンキも塗り替えられました>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)