日別アーカイブ: 2016年11月19日

ポスター発表で広がる交流 <校長ブログ268号>

近畿総文自然科学部門発表会第1日目の最後のプログラムは出展20団体のポスター発表です。本校からは園芸部物理班の「扇風機後方はなぜ涼しくないのか」を飯田陽くんが発表し、化学部の「熱気球はどこまで軽くできるか」を水田千尋さんが発表しています。6つの時間帯に各3回の説明をして、残りの時間帯は他のブースを見学して、質疑応答をしてから評価シートを提出します。人前で説明することにも慣れや経験が大切です。そして、説明を聞いて質問をすることもまた大切です。こうして高校生同士の交流が深まることは、この大会の大きな意義です。他校の取り組みを知ることで、きっとこれからの研究のヒントになることが得られるでしょう。
1119%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%91① 1119%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%92② 1119%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%93
<①会場は4階特別展示室><②参加者もいっぱいです><③他校の生徒と一緒に楽しそうに進行役を務めていた吉川直文くんと新谷美波さん>
1119%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%94④ 1119%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%95⑤ 1119%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%96
<④回を重ねるごとに自信を持って説明する飯田陽くん><⑤いつも大勢の人の前で説明する水田千尋さん><⑥他にもユニークな発表がたくさんありました>
本校の自然科学系の部活動も部員数を増やして頑張って欲しいです。そして今日、他の会場で活動している文化部の活動も応援します。夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

どの学校の発表もユニークです <校長ブログ267号>

午後の口頭発表は2つの会場で行われたので、今日は化学・生物分野の発表を聞きました。
川西北陵高校は地元である北摂の「匊炭」の科学的性質について、滋賀県立河瀬高校は身近な彦根山と荒神山の植生、森林土壌について3年間の測定結果による経年変化、京都府立園部高校は人工イクラを様々な種類の金属イオンを用いて作り、その強度比較をしています。
そして生物分野、京都府立木津高校は校内に生息しているクマムシ、その「樽化」について7年間かけて調べた結果から考察した内容について、六甲アイランド高校はタテジマイソギンチャクの闘争行動を龍野から芦屋までの8地点で採取して飼育した個体間で行わせた結果を元に研究を進めていました。
どの学校も身近にある素材、生物などを対象にユニークな研究で、素晴らしい発表です。最近の高校生のプレゼンテーションは、アニメーションや動画を取り入れて、わかりやすく説明しています。パソコンの性能やプレゼンテーションソフトが良くなってきたこともありますが、センスもいいですね。きっと将来、大学や社会に出てからもこういった機会はたくさんあるはずです。何事も経験が重要です。本校でも、どんどん発表の機会を作っていきたいと思います。
1119%e5%8f%a3%e9%a0%ad%e7%99%ba%e8%a1%a8%ef%bc%91 1119%e5%8f%a3%e9%a0%ad%e7%99%ba%e8%a1%a8%ef%bc%92 1119%e5%8f%a3%e9%a0%ad%e7%99%ba%e8%a1%a8%ef%bc%93
<北高生も司会で大活躍です(^^)><動画も紹介しながら><審査員の先生方(小宮山先生もご苦労様です)>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

ニュートンか、ダーウィンか?<校長ブログ266号>

近畿総文自然科学部門発表会第1日目の記念講演は、神戸大学大学院人間発達環境学研究科の蛯名邦禎教授が「ニュートンか、ダーウィンか?ー世界を理解するために必要なことは」という題で、物理学と生態学のアプローチの違いなどについても、とても興味深い講演をされました。とても興味深い話で、私も久しぶりに物理の授業を受けて頭が活性化されたような気がしています(^^)
蛯名先生の講演は、
「物理学者は、普遍的な法則の中にある単純さを希求する。
生態学者は、複雑な関係性の中に喜びを見出す。
私たちの惑星の持続可能な未来の実現には、おそらく、
生命をこの両方の視点から見ることが求められる」
というJohn Harteの言葉で締めくくられました。素晴らしい記念講演ありがとうございました。
1119%e8%9b%af%e5%90%8d%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%91<蛯名先生>
1119%e8%9b%af%e5%90%8d%e5%85%88%e7%94%9f%ef%bc%92<物理学と生態学の違い>
北高生のみなさん、あなたは物理学者タイプ?それとも、生態学者タイプ? その両方の視点で学びたい人は、2017年度設置される神戸大学国際人間科学部「環境共生学科」がいいと蛯名先生が紹介されていました。夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

第36回近畿高等学校総合文化祭 自然科学部門発表会始まりました <校長ブログ265号>

バンドー神戸青少年科学館には2週間前の県総文と同様に、朝から自然科学系の文化部で活動している高校生がたくさん集まっています。今日は近畿・中国2府8県から集まった近畿高等学校総合文化祭自然科学部門発表会に参加する高校生たちです。開会挨拶でも言いましたが、今年ノーベル生理学・医学賞を受賞された大隅先生も高校時代は化学部に所属されていました。今日集まっている高校生たちの中から将来ノーベル賞を受賞するような高校生が出てくるかもしれません(^^)
開会式は、園芸部物理班の飯田陽くん、化学部の水田千尋さんが司会をして、生徒実行委員長の開会挨拶を化学部の新谷美波さんが立派にしてくれました。ご苦労様でした。ありがとう!
午前中は記念講演、午後から口頭発表、その後にポスター発表の予定です。明日は、口頭発表と理化学研究所 計算科学研究機構(京コンピュータ)と多細胞システム形成センター(CDB)などの巡検研修の予定です。
1119%e8%bf%91%e7%95%bf%e7%b7%8f%e6%96%87%ef%bc%91 1119%e8%bf%91%e7%95%bf%e7%b7%8f%e6%96%87%ef%bc%92 1119%e8%bf%91%e7%95%bf%e7%b7%8f%e6%96%87%ef%bc%93
<そろそろ始まります(^^;;)><会場は地下ホール><新谷さん、私の会長挨拶で抜けていた分も補うほど、しっかりと挨拶してくれました。どうもありがとう!>
夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)