日別アーカイブ: 2016年10月6日

福井県から <校長ブログ207号>

第44回全国理数科教育研究大会が福井市内で開かれており、今朝から福井市にやって来ました。本校もグロ−バルサイエンスコースがグローバルサイエンス科(理数科)となって3年。理数科の仲間入りをして、まだまだ日が浅いですが、50年近く前の1968年に理数科を設置した北海道旭川西高校や、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を連続して13年間受けている岐阜県立恵那高校など、先進校の取組みを聞かせていただきました。
また、記念講演では福井県立恐竜博物館の東洋一特別館長のお話を聞きました。兵庫県立人と自然の博物館に勤務していた頃、ちょうど「丹波竜(正式学名はタンバティタニス・アミキティアエ)」が発見されたので、当時も福井県立恐竜博物館には何度か行きました。今は、手作業でクリーニングして化石を岩石から取り出すのではなく、兵庫県のSPring-8の大型放射光施設などを利用して、X線CTで岩石の中の化石をデジタル画像で取り出していると聞き、科学技術の進展に驚きました。丹波の篠山層群や福井の手取層群など、国内から恐竜化石が豊富に産出するようになったので、日本の恐竜研究もまだまだ進むでしょう。日本で恐竜学を研究する若い人も増えると思います。
1006%e7%a6%8f%e4%ba%95%e9%a7%85 1006%e5%85%a8%e5%9b%bd%e7%90%86%e6%95%b0 1006%e6%9d%b1%e6%b0%8f%e8%ac%9b%e6%bc%94
<福井駅前の恐竜たち(^^)> <文科省からの挨拶> <東洋一氏の記念講演>
北高生が学校でしっかり勉強している頃、校長も勉強中です(^^;;)夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)