日別アーカイブ: 2016年8月17日

水泳部 インターハイ開会

8月17日(水)より、広島県福山市のローズアリーナで全国高等学校総合体育大会水泳競技大会飛び込み競技が始まります。

image1

本校2年生の美濃部沙羅さんが、女子高飛込、女子シンクロナイズド3m飛板飛込、女子飛板飛込に出場します。

image2

ご声援よろしくお願いします。

8月17日 10時15分より 女子高飛込
8月18日 12時50分より 女子シンクロナイズド3m飛板飛込
8月19日 9時45分より 女子飛板飛込

http://www.inter-high-school.tv インハイ.TV 等で競技中継、結果などが確認できます。

化学部が2016ひろしま総文に出場しました

7月30日から8月1日に広島大学で開催された,全国高等学校総合文化祭「2016ひろしま総文」自然科学部門発表会に,兵庫県の化学分野の代表として化学部が出場しました。

1

研究発表のタイトルは,「熱気球はどこまで軽くできるか」。
これまでの文献上の最軽量記録の1.8gを大きく下回る0.704gの熱気球を製作し,浮揚させた研究の取り組みを,高等学校の化学で学習する「燃焼熱」「比熱」「密度」「水素結合」などの概念に触れ,発表しました。

2

最終日には,巡検研修として,広島大学の研究者とのサイエンスカフェに参加しました。
全国から集まった高校生や研究者と意見を交換し,理解を深めることができた全国大会となりました。

園芸部がひろしま総文に出場しました!

7月30日から8月1日に広島大学で第40回全国高等学校総合文化祭2016ひろしま総文の自然科学部門が行われ,本校の園芸部が研究発表物理部門に出場しました。

「扇風機の後方はなぜ涼しくないのか」というタイトルで審査員の先生と多数の高校生の前でスライドを使って12分間の口頭発表を行いました。誰もが「確かに!」と思う身近な疑問を高校生ができる簡単な実験で解決した研究について,アニメーションを豊富に使ったわかりやすい発表を行うことができ,多くの観客の皆さんに興味をもってもらえたようでした。

また,研修として広島大学作物生産精密圃場で鶏舎の見学を行い,人工授精の実習を行いました。

残念ながら,入賞には至りませんでしたが,魅力的な研究や最先端の研究に触れ,さらに科学への興味を深めることができた3日間でした。

image image(3)