月別アーカイブ: 2016年6月

明日から期末考査 <校長ブログ70号>

6月も今日で最終日。シアトル研修(7/8〜7/19)のため一足早く始めたGS科2年生を除いて、明日から期末考査です。今年も1年の半分が終わりました。早いですね。そして私が宝塚北高校に着任して、ちょうど3ヶ月が過ぎたことになります。
5月末から朝の校門の立ち番の先生方と一緒に生徒に「おはよう」と声をかけています。朝の打ち合わせがあるため、いつも途中で引き上げているので、全員の生徒の顔を見ているわけではなく、また、同じ生徒とばかり挨拶を交わしているかもしれません。でも、1ヶ月前よりは確実に生徒から返ってくる挨拶の声が大きくなってきたと感じながら喜んでいます(^^)
まず、挨拶のしっかりとできる人間になることです。将来、様々な業界でリーダーとして活躍する北高生ですが、周りの人から信頼を受け、立派な業績を残せる人は必ず挨拶も丁寧ですし、何より謙虚です。逆に、それができない人に「人間力」が備わった人はいません。夜遅くまで起きていて、朝が辛い人もいるかもしれませんが、家でも朝の挨拶、とくに家族の間での挨拶も大切にしてください。そして学校に来たら、友達とも笑顔で気持ち良く挨拶を交わせる学校にしましょう。
0630野鳥<放課後勉強していた生徒も帰った後、静かな校内には野鳥のさえずりがよく聴こえていました(^^)>
期末考査に向けて頑張っている北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「有権者になるということ」<校長ブログ69号>

6時間目、3年生全員を対象に関西大学法学部の石橋章市朗教授に「18歳選挙権 有権者になるということ」というテーマで講演をしていただきました。
ちょうどイギリスでEU離脱の国民投票が行われ、もし、若者の投票率があと5%でも高ければ、結果は逆転していたかもしれない・・・という直近の話題から入って、「選挙はあなたに何を期待するのか?」「選挙は政治家、政党に何を求めるのか?」など、わかりやすく見やすいスライドで丁寧に説明されました。きっと生徒たちも、自分たちの投票が大切だということが十分理解できたと思います。
そして一方で、「なぜ、自分の意見が通らないときがあるのか?」については、一票の格差や小選挙区制など、今の日本の選挙制度のゆがみを、これも非常にわかりやすく説明してくださいました。
改正法により、選挙権年齢が18歳に引き下げられて、3年生の中には7月10日の投票日に有権者となる生徒がたくさんいます。そして、これから次々と有権者となっていきます。講師の先生の最後の言葉『自分で考えることの大切さ』を感じて、『選挙権の行使』という形で政治に参加して欲しいと願います。
062918歳選挙権講演会<石橋先生、大変わかりやすいお話、ありがとうございました>
日本の未来を拓くために、有権者として求められる力を身に付ける北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

野球部 第98回全国高等学校野球選手権大会兵庫大会 組合抽選結果

6月28日(火)

夏の甲子園の県予選の抽選会がありました。

H28summer
(ブロック①のみ)

初戦は  7/13(水) 10:00~ vs網干高校  淡路佐野運動公園第一野球場 

部員一丸となって、初めて観てくださった人に拍手していただけるような野球をしますので、応援よろしくお願いいたします!

「どこにもない青春を…」<校長ブログ68号>

18日に卒業公演を終えた演劇科3年生のグループ面談、今日は3グループ目です。
いつも通り卒業公演の配役で紹介すると、侍女エメラルド(台本担当)、トランペットソロを披露した道化師のクラリン(制作担当)、「夜叉ケ池」で体を張って熱演した娘、百合(小道具担当)、危うく服を脱ぎかけた?CHICAGOのリズ(舞踊担当)、「夜叉ケ池」の妖怪、白(衣装担当)の女子ばかり5人でした。
幼い頃からミュージカルやバレエを習っていたり、宝塚歌劇のファンであったり、実は美術科志望だったり、それぞれ経歴も異なり、入学前は北高演劇科に対する思いも異なるのですが、入学して卒業公演までの過程で、無数にある?演劇科のルールを共有して、お互い腹を割って話し合う機会を何度も経験して、とてつもなく大きな苦労はあったけれど、体力、精神力、コミュニケーション能力を身につけて大きく成長してきたようです。そして異口同音に「どこにもない青春を味わうことができた」と嬉しそうに話してくれました。
あれほどの卒業公演をやり遂げた自分たちの力を信じて、自信をもってそのパワーを、それぞれの大きな夢に向かって突き進む推進力にして、これからも頑張って欲しいとエールを送りました。
0628演劇科3<今日も明るい5人でした(^^)>
頑張る北高演劇科!応援します!!(校長 平松紳一)

GS科 EGGS PERプロジェクト最終講義

6月27日(月)

外国人講師を招いての最終講義を行いました。
今回も表情や緊張をほぐすためにまずアイスブレーキングを行いました。

20160627EGGS (5) 20160627EGGS (6) 20160627EGGS (7)

その後、本講義の仕上げとして、2グループに分かれていた生徒が一つにまとまって、クラス全体で発表を行いました。

20160627EGGS (8) 20160627EGGS (9)

発表に対して、クラスメイトからも質問が出ましたが、発表者は堂々と答えていました。

20160627EGGS (40) 20160627EGGS (41)

最後には、講師の先生と一緒に写真を撮りました。

20160627EGGS (64)

本講義を通して生徒たちは、飛躍的に英語や発表の知識技能の向上が図れました。

ICTを活用した授業展開 <校長ブログ67号>

本校ではホームページのトップ画面に”反転授業”というメニューがあり、クリックすると国語、数学、英語、理科の各教科のコンテンツが出てきます。それぞれの動画はインターネット動画共有サービスのYouTube(日本語にそのまま直すと「あなたのブラウン管」)にアップされた”反転授業”を見ることができるという仕組みです。
それぞれの先生方の作業は大変ですが、生徒にとってはインターネットにつながる端末(パソコン、スマホなど)さえあれば、いつでも繰り返し学習することができる素晴らしいシステムです。この北高ダイアリーにも昨日、紹介している通り、昨日の6時間目、2年生の数学の授業で、このシステムを活用した研究授業が行われ、私も参観しました。教室内のモニターに示された図は、パソコン操作で図形が変化して、わかりやすく図示されていました。なんでもできる時代になりましたね。かつて、黒板に白、赤、黄、青色のチョークだけでは足りず、緑、紫、オレンジ色などの色チョークを駆使して、授業をしていた頃が懐かしく、遠い昔のようです(^^)
ICT(Information and Communication Technology)という言葉も定着しましたが、かつては、IT(Information Technology)が多く使われたいたことも、昔の話ですね(^^;;)
0628研究授業<研究授業の様子から>
ICTを活用した授業に取り組む北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

反転学習と協同学習を組み込んだ授業デザイン

6月27日(月)

本日6時間目、2年6組数学Ⅱ(単元:図形と方程式/線形計画法)の授業で呉屋先生による「反転学習と協同学習を組み込んだ授業デザイン」をテーマにした研究授業が実施されました。

DSC00318

生徒は反転学習として事前に、①動画を視聴し内容を理解する、②予習プリントで問題を解く、という活動を経て授業に臨みました。
授業は、①班を編成し予習プリントの答えを共有する、②指名生徒の説明を聴く、③先生の補足説明(スライドあり)を聴く、の順で進んでいきましたが、各自の「わかったつもり」が協同学習でシェアすることで揺さぶられ、同級生の説明によって少し「わかった」ようになり、最後には視覚に訴えた解説を受けて「わかった」と深化していく、という授業デザインが有効に働いていました。
本来はその後、小テストを実施して理解の定着を確認する予定でしたが、終了時間となってしまい、小テストは次回へ持ち越しとなりました。

もう一つの「卒業公演」<校長ブログ66号>

大阪に、いろいろな点で本校演劇科を手本に大阪市立咲くやこの花高校演劇科ができたのが平成20年4月。今年、7期生の卒業公演が25・26日の二日間にわたり学校施設内の舞台実習室で行われました。
日曜日の11時からの公演に行ってきました。本校の講師の中にも指導されている方がおられるので、どんな演劇が観られるのか楽しみでした。”ON THE AIR”というタイトルで、2050年の下町の工場群で人類の火星移住計画をテーマにした演劇でした。素人の私は演劇についてのコメントは差し控えますが、校内に入った瞬間から出迎えてくれた1、2年生の演劇科の生徒の応対は、本校同様、大きな声で笑顔で挨拶してくれて、とても気持ちの良いものでした。
終了後、校長に挨拶、そのまま校長室までお邪魔して、いろいろとお話を伺うことができました。同じ理科・化学の教員であったことや10年以上教育行政職だったことなど共通点が多く、5月に訪問した東京都立総合芸術高校、埼玉県立芸術総合高校の校長との演劇科全国ネットワーク構想の話にも賛同してくださって、大いに盛り上がってしまいました(^^)
5月<https://www2.hyogo-c.ed.jp/weblog2/takarakita-hs/?p=2880
0626咲くやこの花<中学部も併設、高校は総合学科・演劇科・食物文化科の3科を有する大きな学校でした>
さあ、明日から新しい一週間、そして期末考査も始まります。頑張る北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

どんどん綺麗にスッキリと(^^)<校長ブログ65号>

昨日のブログで紹介した通り、正門のスロープ周辺は今日も校務員の方が雨の降る前に選定作業をされていました。実は私も剪定するのは大好きで、前任校でも通称「ハルヒ坂」の校地側の剪定を校務員の方といっしょにやったりしていました。
<西宮北高校:https://www2.hyogo-c.ed.jp/weblog2/nishikita-hs/?p=768
しかし本校では、すっかり綺麗になったので私の出番はなさそうです(^^;;)
今日は宝塚市内の中学校を訪問しました。ちょうど期末考査中で、どの学校も静かで中学生たちに出会うことはなく、校長とだけ話しをして帰りました。帰ってくると本校では、中庭側の4階からコーラスの歌声が聞こえてきました。やっぱり生徒の活動の様子が伝わってくるのはいいですね。
0624スロープのツツジ<今朝の登校時>
いよいよ期末考査1週間前。週末もしっかり勉強してください。とくに1、2年生は定期考査を大切に勉強しておくことが現役合格につながります。頑張る北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

思わぬ休業日だからこそ?<校長ブログ64号>

今朝は阪神間に大雨、洪水警報が発令され、本校は臨時休業となりました。期末考査を目前に控えた北高生のみなさんは家でしっかり勉強できたでしょうか?
8時8分に警報が解除されてからは夏を思わせるような日差しが照りつける1日となりました。校内は生徒がいないので静かでしたが、正門スロープ周辺では、校務員の方々が、この日とばかりに機械を使ってツツジの剪定作業をされていました。「暑い中、ご苦労様です」
校務員の方に声をかけて、楽しみにしていた演劇科の生徒とのグループ面談もないので、生徒のいない学校を後にして、3月までお世話になっていた西宮市内の中学校の校長先生方に第2回学校説明会の参加のお願いをして回りました。
第2回学校説明会は8月26日(金)です。すでに本校ホームページのトップ画面から「第2回学校説明会」のメニューをクリックすれば申し込み画面にたどり着きます。今回は3科それぞれ体験授業が用意されています。たくさんの中学生に体験授業を受けて欲しいです。
0623ハルヒ坂<ハルヒ坂とその向こうの景色。前任校の正門前からのこの景色に何度も癒されました(^^)>
臨時休業の一日、頑張る北高生!応援します!!(校長 平松紳一)