月別アーカイブ: 2015年11月

演劇科30回生 上野ケ原特別支援学校 外部出演

11月28日(土)

恒例の上野ケ原特別支援学校との交流会に、演劇科2年生と生徒会役員が参加しました。

安倉中学校で上演した「演劇科版『サマーウオーズ』」から、数学オリンピックの部分を抜き出し「演劇科版『数学オリンピック』」として上演。数字に関係する3つのゲームを、上野ケ原特別支援学校の生徒のみなさんと楽しみました。積極的にゲームに参加してくださり、おおいに盛り上がりました。最後は、全員で『世界で一つだけの花』を歌い、学年ダンスを披露しました。プレゼント交換をし、花束もいただきました。また、来年も、交流して、一緒に楽しみたいと思います。

CIMG6840 CIMG6863 CIMG6866 CIMG6869 CIMG6874 CIMG6888

園芸部・化学部 全国総合文化祭出場決定

11月21日(土),22日(日)

第39回兵庫県高等学校総合文化祭自然科学発表会が,バンドー神戸青少年科学館で行われ,園芸部と化学部が参加しました。

園芸部は「扇風機の後方はなぜ涼しくないのか。」を発表し,物理分野最優秀賞を受賞して,物理分野の兵庫県代表として「ひろしま総文2016」に出場することが決まりました。
また,ポスター発表でも優秀賞を受賞し,来年度,兵庫県で開催される第36回近畿高等学校総合文化祭への出場も決まりました。

化学部は「熱気球はどこまで軽くできるか」を発表し,化学分野最優秀賞を受賞して,化学分野の代表として全国大会へ出場します。
また,ポスター発表では最優秀賞を受賞し,近畿高等学校総合文化祭への出場も決まりました。

おめでとうございます!

P1090510 P1090550

放送部 近畿総合文化祭鳥取大会 出場

11月21日(土),22日(日)

第35回近畿高等学校総合文化祭鳥取大会に,放送部1年生が参加しました。
大会は11月21日(土)22日(日)の2日間,鳥取県の米子市文化ホールで行なわれ,本校放送部はビデオメッセージ小部門に出場しました。
残念ながら入賞はできませんでしたが,他県の作品を見たり,他校放送部員と交流を持ったりと,今後に繋がる貴重な機会となりました。

また今回は来年の近畿総文兵庫大会に向けた視察も兼ねています。本校からも2名の生徒が実行委員に立候補しており,大会の様子だけでなく,本部やスタッフの動きなどを視察してきました。

DSCN2952 DSCN2957 DSCN2985

演劇科 安倉中学校 外部出演

タイトル:演劇科 安倉中学校 外部出演

11月13日(金)

演劇科2年生の外部出演が行われました。安倉中学校における人権学習の一環として、「演劇科版サマーウォーズ」を上演しました。仮想世界OZでうまれた人工知能「ドロシー」が、仮想と現実という二つの世界で混乱を巻き起こすという、映画「サマーウォーズ」をベースにしつつも原作とはひと味違う作品を、生徒が一からつくりあげました。2年生は、夏休みから長い時間をかけて準備してきた今回の公演を力の限りやりきったようでした。

CIMG6483 CIMG6546 CIMG6588 CIMG6729

放送部 第39回兵庫県高等学校総合文化祭で金賞受賞

11月15日(日)

11月15日に県総文・放送文化部門決勝大会が大阪芸術大学短期大学部伊丹学舎にて行われました。

11月3日の予選を通過したアナウンス1名、朗読2名、ラジオ番組小部門(ドラマ)に加え、決勝から審査が始まるテレビ番組小部門に出場しました。

ラジオドラマは3年ぶりの決勝進出で見事第1位・金賞となりました。

テレビも第1位・金賞となり、この部門4年連続の金賞という大変ありがたい結果となりました。

また、アナウンス・朗読の3名も、奨励賞をいただきました。

取材に協力してくださった先生方・生徒の皆さん、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました!

これからも部員一丸となって、楽しい番組作りを目指していきます。

応援よろしくお願いいたします。

放送部一同

1.開会式 2.表彰式 3.集合写真

吹奏楽部 第39回兵庫県高等学校総合文化祭

11月7日(土)

三田市の郷の音ホールで、吹奏楽部門の演奏会が開かれました。

宝塚市は合同バンドで、渡辺秀之先生の指揮のもとバーンズ作曲「交響曲3番」第3,4楽章を公開リハーサルと本番を披露しました。その後、中山五月台中学校に移動して特別出演として吹奏楽講習会でも演奏しました。練習時間が少ない状況でしたが、精いっぱいの演奏をすることができ、決して色あせることのない素晴らしい思い出になりました。

satsuki1 satsuki2 soubn3 soubun1 soubun2 soubun4

2学期 アセンブリー

タイトル:2学期 アセンブリー

11月11日(水)

1時間目の前に,2学期のアセンブリー(全校集会)が行われました。

はじめに,校長先生よりお話をいただきました。
「人生80年,これで良かったと思える人生を送ることができるよう,将来の職業,それに必要な学問,そして,いま何をすべきか考えよう。
「夢」を実現するため,はっきりした目標を立て,自分に与えられた時間を大切に過ごそう。
自分のやっていること,考えていることを文字にして,しばらくして客観的に読み返すと,自分が何をすべきか見えてくることがあるので,試してみよう。」
そして最後に,いつも校長先生からいただいているメッセージをいただきました。
「自分の夢を実現するために最も大切なことは,その夢を見続ける力を持つことである。」

表彰式では,数学・理科甲子園2015で準優勝の成績を収めたグローバルサイエンス科をはじめ,写真部,新体操部,ソフトテニス部が表彰されました。

美化委員から全校生徒へのメッセージでは,ゴミの分別についてコント風に伝えてもらいました。学校では,燃えるゴミ,ペットボトル,缶を分けて捨てましょう。

最後に,生徒指導部長より,学校生活についてのお話をいただきました。
地域の方々に応援してもらえるような振る舞いを心がけていきましょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9