作成者別アーカイブ: 宝塚北 校長

GS科卒業研究発表会 <校長ブログ825号>

6月24日(日)
今年で第3回となるGS科卒業研究発表会が三田市の兵庫県立人と自然の博物館ホロンピアホールでまもなく開催されます。雨も上がってとても天気が良く、気持ちの良い一日です。
理数コースからグローバルサイエンスコースを経て、平成26年度入学生から理数科:グローバルサイエンス科となって3期生の発表会です。会場の人と自然の博物館は以前私も勤務していたところですが、ホロンピアホールは入口がわかりにくいので申し訳ありません。生徒たちが誘導していますので気軽にお声かけください(^^)
<ひとはく>
<朝から準備を済ませて仲良くお昼を食べていたと思いきや…>
<全面ガラス張りなので天井にも写っています>
まもなく13時から始まります。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

カウンセリングマインド研修会 <校長ブログ824号>

放課後、教職員のカウンセリングマインド研修会を開催しました。講師は本校のキャンパスカウンセラーです。今日は、保護者からの相談、生徒からの相談、学校全体として気をつけなくてはならないことなどを中心に講演をしていただきました。
本校では年間30回以上、原則として金曜日の午後に相談を受け付けています。このホームページで「在校生のみなさんへ」のページから「保健室より」のページに入っていただくと日程が掲載されています。いつでも担任または保健室にご連絡ください。
<鮮やかな色の夕焼けでした>
18日の大阪府北部地震から4日経ちました。まだまだ大きな余震の恐れはあります。この週末、くれぐれも気をつけて行動してください。24日(日)はGS科の卒業研究発表会です。32回生GS科のみなさん、立派に発表することを期待しています。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

英語の授業でのICT活用 <校長ブログ823号>

6月22日(金)
4時間目、普通科2年生の英語の授業を見学しました。兵庫教育大学が文部科学省の委託事業を受けて実施している「中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」の協力校として、その中でも、研究課題「ICT研究」に関する具体的な取組として昨年度から本格的に進めている授業です。
今日も2人に1台のiPad miniを使っての授業です。後半のリスニングのところで画面を見ながら外国人の会話を聞き取り、スピーキングではお互いのスピーチを録画して、クラウド上に保存しました。世の中にアップル教信者というものがいるとするならば間違いなく私もその一人です(^^)iPhone、iPad、macbookを使っていますが、本当にインターフェイスが素晴らしいと感心させられます。まだまだ公立高校では授業に活用するには、wifi環境やICT機器を揃える予算が不足しています。さらなる普及が望まれるところです。
  
<とても楽しそうに授業を受けていました>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

「宝塚」をテーマに <校長ブログ822号>

7時間目、普通科2年生の「総合的な学習の時間」の発表が行われました。
宝塚、教育・福祉、健康・スポーツ、医療、科学、生物の各分野に分かれてグループでの学習をして、先週、各分野ごとに予選を行い、今日はそれぞれの代表グループの発表でした。
特に今年は兵庫県の県政150年にあたり、『高校生が考える県政150周年記念事業』の一環として「宝塚」をテーマに加えました。身近な宝塚について、様々な視点から調べ学習をして、直接取材に出かけたグループもあったようです。今日の代表は「宝塚のだんじりを二倍楽しむ方法」と題して、だんじりの歴史、宝塚市内のだんじりの値段について調べて、さらに街の人に直接取材したことや自分の住む街のだんじり自慢など、様々な角度から報告してくれました。これから地域の担い手として、伝統文化の継承にも大いに貢献して欲しいと思います。
 <ユニークな発表でした>

良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

いよいよGS科の卒業研究発表会は24日(日)です <校長ブログ821号>

6月21日(木)
先週16日は演劇科の卒業公演でしたが、今週末24日(日)にはグローバルサイエンス科の卒業研究発表会が昨年に続いて三田市の兵庫県立人と自然の博物館ホロンピアホールで開催されます。
GS科の卒業研究発表会は今年で3回目、GSコースからGS科になって3期生の発表です。
今日は午後から図書室で発表練習を行いました。まず、English for Global Scienceの講師の2名の留学生の方に、英語による発表見本を示していただき、GSコースを卒業して京都大学大学院で研究をしている卒業生からも英語と日本語で発表をしていただきました。
  
そして6時間目に各グループ発表を全員の前で披露しました。まだまだ手に持ったメモに目をやる場面もありました。実演を交えて発表するグループもありました。残り時間はわずかですが、24日(日)にしっかりと自信を持って発表してくれることを期待しています。
 
世界で活躍できる科学系人材のトップリーダーを目指すGS科。卒業研究発表会を楽しみにしています。
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

活力ある生徒会活動に期待します <校長ブログ820号>

すでに<北高ダイアリー>で報告されているとおり、6時間目に生徒会役員の立会演説会が行われました。今年は9名がそれぞれのポストに立候補して、一人一人に応援演説もあったので、18人がスピーチをするという長時間に及ぶ立会演説会となりました。
それでも生徒たちはしっかりと話を聞き、大きな拍手で讃えました。私も全員の演説を聞きましたが、話の内容はとても頼もしいものでした。それぞれ現在の生徒会役員の功績を讃え、さらに北高をより良くしていこうとする意欲が感じられました。中学校でも生徒会活動を経験していた生徒も多く、しっかりと発言するだけでなく、ユーモア?たっぷりに笑いを誘う場面もあり、どの演説も立派でした。
新しい生徒会役員、楽しみですね。応援します!!

宝塚北高校『全員主役!』 良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

31回生 私の合格体験記 <校長ブログ819号>

6月20日(水)
昨日、進路指導部長から「31回生 私の合格体験記」をいただきました。この春卒業した31回生のうち、25人の体験記が掲載されています。早速読んでみると、どの生徒の内容も素晴らしいものでした。どんな参考書や問題集が良かったか、何年分の過去問を解いたか、どの時期に何をやったら効果的か、反省すべき点は何か、何を大切にすべきか、それぞれに個性が感じられます。
教科ごとの勉強法の紹介もあります。学校の授業の大切さ、課題、小テスト、定期テスト、補習の活用が大事だと記しています。
何人かの生徒は「友達の大切さ」「お互いを高め合う友」「自分と同じように頑張っている友達のおかげ」とも記しています。
また、「最後まであきらめない」ということも何人もが記しています。毎日学校に来て勉強して模試の判定を覆して合格した人もいます。やっぱり「現役生は最後の最後まで伸びる」ことを信じて努力した人が満足のいく結果を残しているようです。今日のアセンブリーで後輩たちに紹介しようと思います。執筆してくれた31回生のみなさん、ありがとうございました。
<ぜひ、読んでください>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

本日、平常通り登校してください <校長ブログ818号>

6月19日(火)
午前7時現在、阪急、JRなどの交通機関はほぼ通常通りの運行中です。
本日は平常通り登校してください。ただし、電車、バスの乗車については、周りの方への配慮を忘れないようにしてください。
また、登校中、急な斜面や高い塀のそばを通るとき、地盤の緩そうな場所には十分に気をつけて通行するようにしてください。
今日も一日、良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

今回の地震に対する対応 <校長ブログ817号>

6月18日(月)
週明けの月曜日、通勤通学の時間の午前7時58分、大阪府北部を震源とする大きな地震が起こりました。この地震で亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。
幸い本校の生徒はほとんどが平常通り登校しており、校内の安全も確認できましたが、JR、阪急などの交通機関がなかなか復旧しないため、授業は4時間目までとし、午後から保護者に連絡のついた生徒から順次、下校することとしました。先ほど全員が下校しました。
明日は余震の恐れもあるので、安全のため午前7時現在で以下の路線のいずれか1つでも運休している場合、臨時休業とします。
1)阪急今津線
2)阪急宝塚線
3)JR宝塚線(福知山線)
もちろん、上記の路線が運行していても、自宅地域の交通機関が運休している場合は公認欠席の扱いとしますので、くれぐれも無理して登校することのないようにしてください。(校長 平松紳一)

ご来場ありがとうございました <校長ブログ816号>

本日の第32回卒業公演には本当にたくさんの方々にご来場いただきました。
本当にありがとうございました。改めて宝塚北高校演劇科を応援してくださっている方々に感謝申し上げます。
この卒業公演で演劇科32回生の生徒たちは一まわりも二まわりも大きくなったと思います。そして今日の公演は生徒たちにとって生涯忘れられないものになったことでしょう。
卒業まではまだまだ学校生活は残っています。そして、それぞれの進路に向かって、これからが勝負です。
  
<いよいよラスト、神様登場!そして…>
良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)