作成者別アーカイブ: 宝塚北 校長

彼岸花 <校長ブログ884号>

9月21日(金)
明日からまた3連休です。そして9月23日の秋分の日は「彼岸」です。すでに昨日20日が「彼岸入り」26日が「彼岸明け」となります。毎年、この時期になると決まって一斉に咲いて、すぐに枯れていく「彼岸花」を目にします。昨日も三田方面への出張の帰り、道路脇に咲いている彼岸花をちょっと車を止めて撮ったのが下の写真です。

雨が降っていたので綺麗には撮れませんでしたが、水に濡れた彼岸花の赤色が鮮やかに感じられました。ヒガンバナの花言葉の一つは『情熱』です。
今日は日中曇り空でしたので校務員の方が体育大会に備えて、グランド周りの草刈りをしてくださいました。また、生徒昇降口前の花壇には綺麗な花も咲いています。本校の体育大会は10月2日(火)です。ちなみに明日は市内の中学校の体育大会ですが、今夜からの雨が心配です。
放課後、生徒たちは応援合戦の練習をしていました。体育大会まで2週間を切りました。クラスで一丸となって頑張ってほしいです。
<放課後、中庭での練習>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

10月27日(土)に学校説明会を開催します <校長ブログ883号>

9月20日(木)
秋雨前線の影響でしょうか、朝からずっと雨が降っています。この週末、22日(土)に体育大会を予定している市内の中学校は、今後の天気が心配されるところです。
さて、第3回の学校説明会を10月27日(土)に開催します。
今回は、3科合同の説明会に加えて、普通科は個別相談会と部活動見学、演劇科は「劇表現」の授業見学と入試説明会、在校生による相談会、グローバルサイエンス科はGS科説明会、相談会、過去問配布の予定です。
第2回(8月24日)が大雨警報で中止となったため、今年度は5月と今回の2回だけとなります。本校を希望する中学3年生の皆さん、ぜひ、学校説明会に来てください。

<本校ホームページから「第3回学校説明会」をクリックして案内のページに進み…>


<下にスクロールさせて、赤い「申し込み」をクリックして申し込みのページに進んでください>

■申し込み締め切りは、10月18日(木)です。
■10月27日(土)にご都合がつかない方のために、10月29日(月)15時受付、15時15分から説明、個別相談会、部活動見学を実施します。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

大学からの授業見学 <校長ブログ882号>

9月18日(火)
神戸女学院大学文学部から先生3名、大学院生・学生13名が来校され、1時間目から国語の授業見学をされました。1時間目は1年生「国語総合」で、普通科4組の古典は「古今著聞集」、演劇科8組の現代文では映画版『羅生門』の広告ポスターというテーマでの授業でした。ワールドカフェ方式に取り組んだり、映像を駆使しながら読み取ったものを伝えるにはどうするかを考えさせたり、初任1年目、2年目の先生、どちらもよく工夫された授業でした。
  
2時間目は3年生理系の2クラス。古典と現代文、それぞれ入試を意識した授業展開でした。こちらはベテランの先生らしく、話し方も落ち着いており、重要なポイントをしっかりとおさえて、板書にも一工夫があり、50分を最大限に生かす授業でした。
  
<授業のはじめに生徒の発表もありました>
3時間目は図書室で研究協議を行い、将来、国語教師を目指す学生たちから授業者への質問に、丁寧に答えておられました。さらに4時間目はアポロンホールで伝統芸能「狂言」の授業参観をして、午前中4時間の日程を終えました。
  

神戸女学院大学の3名の先生、ありがとうございました。学生の皆さんも、4時間連続で疲れたことでしょう。そして何より暑い中、山の上の本校までお疲れ様でした。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

『丹波竜』を訪ねて <校長ブログ881号>

9月15日(土)
GS科オープン講座「フィールド実習」を丹波市・三田市で実施しました。GS科1年生は学校設定科目「自然科学探究」のプログラムの一つとして40名全員参加、そして普通科の生徒3名も参加しました。

私は、この発掘を行った三田市の兵庫県立人と自然の博物館から、池田忠広主任研究員(兵庫県立大学准教授)と一緒にバスに乗り、車中で池田先生と博物館や今回の発掘について生徒たちに話をしながら、『丹波竜(学名はタンバティタニス・アミキティアエ)』の発掘現場に向かいました。
多少小雨の降る天気でしたが、駐車場から篠山川沿いに整備された遊歩道を歩いて、発掘現場の真上に整備された見学スペースで池田先生からさらに詳しい説明を受けました。来年1月から恐竜の卵の発掘を行うそうです。恐竜から鳥への進化の過程を知る大発見になるかもしれません。
  
<池田先生から>
なんと、ちょうどそこに第1発見者の一人、村上 茂さん(もう一人は、元高校教員の足立 冽さん)が偶然、現れました(^^) 村上さんから、発掘現場の真横に建つ「旧上久下村営上滝発電所記念館」の中でお話を聞くことができました。
<村上さんから>
そのあと、丹波竜化石工房「ちーたんの館」に移動して、丹波竜の全身骨格標本の前で池田先生から説明を受け、篠山層群から発見されたそのほかの恐竜、哺乳類、カエル、トカゲなどの化石の前でも詳しく解説をしてもらいました。
  
午後からは、人と自然の博物館に移動して、2班に分かれて化石の発掘体験をしました。
発掘体験といっても、正確には「発掘調査の一連の流れの中の一部分を担当した」という方が正確かもしれません。今回の発掘では、大型草食恐竜、竜脚類のタンバティタニス・アミキティアエの他に無数の小動物の化石も産出しています。しかし、まだまだ小さな小石の中に眠っている状態で保存、保管されています。今回は、それをさらに細かく砕いて資料として収集する作業に当たります。従って、発見したものは、すべて発見者の名前とともに人と自然の博物館の大切な収蔵資料となるのです。
今回、43人で9個の化石が見つかりました。すべて貴重な資料として保存されることになりました。見つけてくれた生徒のみなさん、ありがとう!
  
最後は池田先生から、篠山層群から発見され、新種として記載されたトカゲの論文資料をいただき、科学者として論文に対する意義を話してもらいました。
充実した1日でした。池田先生、1日ありがとうございました。恐竜ラボの和田さんをはじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

季節は秋に <校長ブログ880号>

9月14日(金)
「季節は秋に」というタイトルですが、暦の上では8月7日の「立秋」から秋は始まっており、9月23日には「秋分」を迎えます。もう十分に秋です。
今日、地元「コミュニティすみれ」の幹事会からの帰り道、本校の東側の道路を少し上がったあたりの街路樹のコブシが、たくさんの実をぶら下げていて、思わず秋を感じました。木々の緑は、常緑樹を除き、あるものは黄色に、またあるものは赤色に次第に染まっていきます。私は個人的には木々が色づいた秋がとても好きです。心和む日本の風景を感じます。
さあ、実りの秋、読書の秋、勉強の秋、食欲の秋、そしてスポーツの秋です。放課後、10月2日の体育大会の応援合戦の「採点説明」を生徒会の女子生徒が校長室に持ってきてくれました。気を遣う悩ましい採点です。「これ、難しいんだよね」というと「校長先生、頑張ってください(^^)」と、笑顔ですぐさま返ってきました。さすが北高の生徒ですね。もちろん採点は、公平公正、厳正にします。生徒たちも頑張ってください!応援します!
<コブシの実>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

10月2日体育大会に向けて−2 <校長ブログ879号>

9月13日(木)
昨日もお伝えしましたが、今年の体育大会は10月2日(火)に開催します。
恒例となっている「応援合戦」の練習は、もちろん朝練もあります(^^)今朝は3年8組が玄関ロータリーで練習をしていました。朝から爽やかな歌と踊りのパフォーマンスを見せてもらいました。ありがとう!
本番は10月2日です。それまで磨き上げていくのでしょうが、「打倒!劇科」の中で優勝候補の筆頭だけにプレッシャーも相当あると思います。「さすが、劇科」と言われる演技を楽しみにしています(^^)←また、プレッシャーかけたかな(^^;;)

  
<生徒昇降口にある去年のクラス旗も体育大会の機運を高めてくれます>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

10月2日体育大会に向けて <校長ブログ878号>

9月12日(水)
今年の体育大会は来月、10月2日(火)に開催します。
本校の体育大会の恒例、「応援合戦」の練習が昨日から昼休みに始まりました。先陣を切ってクラス全体で練習するのは、いつも演劇科の生徒たちです。
今日の昼休みも校長室の外、玄関ロータリー付近から、明るい生徒たちの歌声、そして指示をする生徒の声が聞こえてきました。一つ一つの動きを考えながら工夫しながら、何度も何度も繰り返し試行して創り上げていく。素晴らしいことです。今年も最高位に輝くクラスは、相当レベルが高いものとなるでしょう。期待しています(^^)
<校長室の窓から>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

嬉しい卒業生の笑顔(^^) <校長ブログ877号>

9月11日(火)
校舎の4階の窓からボーッとグランドの練習風景を眺めていたら、この春GS科を卒業した卒業生に出会いました。笑顔で話してくれた彼は今、北海道大学に通っています。
昨日から宝塚に戻ってきて、かつてのクラスの友人と学校を訪れて、GS科準備室を出て友人のいるグランドに向かうところでした。
大学ではクリケット部に入っているそうで、寒くて雪の多い北海道なら安心して楽しめるスポーツのようです。先日の北海道地震の時は「震度5」を体験したそうです。かなりの揺れだったようで、私も阪神・淡路大震災では震度5を経験したので食器棚や冷蔵庫の話はとてもよくわかる話でした。
「高校時代が楽しかったです」と満面の笑顔で話してくれました。もちろん今も楽しいのでしょうが、「みんなと勉強に打ち込めた」「みんな一生懸命なので自分も一緒に一生懸命勉強できた」と話してくれました。ちなみに今は周りに流されてサボり気味? 工学部ですから大学院進学を視野に頑張るようにハッパをかけました(^^)
卒業しても母校を訪問してくれるって嬉しいですよね。「校長先生もご活躍ください」って、逆にエールをもらいました。しっかりした大人になったね(^^)
<放課後のグランド>
<彼のクラスと一緒に行った2年前のシアトル研修はとても良い思い出です(^^)>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

学校らしさが戻った放課後 <校長ブログ876号>

9月11日(火)
昨日までの雨模様から一変して、秋を感じさせる青空が広がっています。
今日は1時間目から6時間目まで普通に授業ができてホッとしました。今年は地震、豪雨、台風などの影響で交通機関がストップしたり、警報が発令されたりで、臨時休業となることが多いので、今日のように普通に授業ができること、当たり前のことが嬉しく感じられます。
放課後は、校舎内、体育館、グランドなどで生徒たちは部活動に励んでいました。ようやく学校らしさが戻ってきた感じです。
<雨と風の被害でグランド東側の防球ネットが大変なことになってしまいました…>
<秋を感じさせます>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

9月10日(月)臨時休業 <校長ブログ875号>

9月10日(月)
先週の金曜日から秋雨前線の影響で断続的に激しい雨が降っており、今朝も7時現在、宝塚市、西宮市に大雨警報(土砂災害)が発令中のため臨時休業としました。
6月18日の大阪北部地震以来、7月の西日本豪雨、台風20号、21号、そして今回の秋雨前線と3ヶ月の間に臨時休業となる日が本当に多い年です。先日の台風21号では、停電、高潮による浸水被害などもありました。被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
今日は、授業ができないことはとても残念ですが、生徒のみなさん、身の回りの安全を確認して、自宅でじっくりと時間を有効に過ごしてください。
<激しくはないですが、ずっと雨が降っています>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)