作成者別アーカイブ: 宝塚北 校長

兵庫県高等学校総合文化祭 自然科学部門発表会第1日 <校長ブログ928号>

11月17日(土)
第42回兵庫県高等学校総合文化祭の自然科学部門発表会が神戸市のポートアイランドにあるバンドー神戸青少年科学館で開催されています。自然科学部門の部長として昨日の準備から明日の片付けまで詰めています。
第一日は、開会式に始まり口頭発表で22団体が発表して、15時30分から53団体のポスター発表が行われました。ポスター発表は明日も行われます。本校からは、化学部が口頭発表とポスター発表に、物理同好会がポスター発表にエントリーしています。約400名の高校生が参加して、口頭発表、ポスター発表を通じて、発表だけでなく交流も盛んに行われています。
  
<前日準備。本校、神戸高校、六甲アイランド高校の生徒で準備しました>
  
<開会前。地下ホールには立ち見の生徒もいっぱいです>
  
<本校化学部の発表。緊張しましたが、しっかり発表できました>
  
<ポスター発表。高校生どうしの交流が深まりました。とてもいい経験です>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

消費者啓発特別講演会での熱演 <校長ブログ927号>

11月16日(金)
宝塚市立東公民館で消費者フェスタ2018「消費者啓発特別講演会」が行われ、その第1部に演劇科3年生の有志7名が出演しました。
詐欺の被害に遭わないように、どのような手口で狙われるのかを3人のおばあさんんと4人の詐欺グループという設定でした。
  
第1話は「架空請求ハガキの巻」です。
<今すぐ弁護士費用を払わないと、とんでもないことになりますよ…>
第2話は「水回りリフォーム工事にご注意」です。
<自治会の要請で排水口の点検に来ました。排水口はどこですか…>
第3話は「訪問購入、貴金属の買取り」です。
<おばあさん、着物もいいけど、もっと光るものないですか…>
最後に全員の紹介が行われ、会場からは惜しみない盛大な拍手が送られました。やりがいがありましたね(^^)

出演した演劇科32回生のみなさん、ありがとう、お疲れ様でした。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

ひとはく、来年1月から再発掘 <校長ブログ926号>

11月16日(金)
今朝の神戸新聞の1面に「篠山層群、新たに卵化石4点発見 小型恐竜 集団で営巣か」という見出しで記事が掲載されていました。GS科の1年生のみなさんは、9月に発掘現場に行って、池田主任研究員から直接、話を聞いたあのことですね(^^)高さ4.5cm、幅2cmといえば、普段食べている鶏の卵より小さく、うずら卵より少し大きめくらいでしょうか。小型の獣脚類か鳥類の卵でしょう。丸ごと見つかったとはいえ、まだ中から骨の化石は出ていません。1月8日からの再発掘で、さらに多くの化石が見つかって、中から骨の化石も見つかったりすると世界的な大発見になるでしょう。期待しています。18歳以上の発掘ボランティアを募集しています。仕事がなければ行きたいところですが…。
<9月15日発掘現場で池田主任研究員から説明を聞くGS科の1年生たち>

12年前に始まった人と自然の博物館の発掘で、毎年1月から3月、4年間広報担当課長として発掘現場での報道関係者向け記者発表をしていたことが懐かしく思い出されます。今年もビッグニュースを期待しています。
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

パソコン更新で便利に(^^)<校長ブログ925号>

11月15日(木)
今朝、校長室のパソコンが更新されました。ICT化がどんどん進み、本校でも9月から統合型の校務支援システムを導入して、先生方は日々の出欠から成績処理まで新しいシステムを利用しています。一方でセキュリティー強化も課題であり、校長・教頭・事務室のパソコンが今回、全県で更新されています。ようやく本校の番が回ってきて、設置業者の方が手際よく1台ずつ、新しいパソコンを設置して早々に次の学校に向かわれました。グループウェアのソフトも変わったので、メールの設定も含めて、これから何やら設定が面倒くさいです(^^;;)新しいパソコンではSkypeが使えるようになり、職員室、事務室とでSkypeの校内試行テストをしました。すると夕方、さっそく他校のO校長からSkypeのリクエストコールが入って、校長室間でビデオ通話をしました。これからは複数校間でのテレビ会議にも活用できそうです。便利な時代になりましたね(^^)
<校長室のパソコン>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

第2回学校評議員会 <校長ブログ924号>

11月14日(水)
今年度、第2回の学校評議員会を開催しました。
会に先立って、評議員の方に授業を見学していただきました。
まずは調理室の3年生。楽しそうにピザを作っていました(^^)
  
そのあと、情報、保健、数学、日本史、英語、国語の授業を学校評議員の方と一緒に、順に見て回りました。
  
  
どの授業も生徒が生き生きとしており、主体的な活動も数多くみられて、評議員の方からも「生徒の表情が良かった」との感想をいただきました。
評議員会では、第1回(7月)以降の学校の様子をお伝えして、教職員による学校評価アンケート(中間)結果の分析と、これから行う保護者、生徒向けの学校評価アンケートについてもご意見をいただきました。学校評議員の皆様には、お忙しいところをお越しくださいまして誠にありがとうございました。

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

スッキリとした「希望の広場」<校長ブログ923号>

暖冬とはいえ、曇り空の今日はちょっと肌寒さを感じる中、校務員の3名の方が朝から「希望の広場」周辺の木の剪定作業をしてくださいました。おかげでスッキリとしました。周辺のハナゾノツクバネウツギが生い茂って垂れ下がり、通学路を狭くしていたのも気になっていましたし、何より、県の雨量計に木が覆いかぶさっていくのも気になっていました。本当にスッキリしてよかったです。ありがとうございました。
  
<きれいになりました>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

ありがとう、北高生の皆さん!<校長ブログ922号>

11月14日(水)
すでに<北高ダイアリー>でお伝えしている通り、今朝、1時間目の前にアセンブリーを行いました。9月以降、本当にたくさんの表彰を紹介しました。写真部、演劇部、コーラス部、化学部、バスケットボール部、新体操部、ソフトテニス部、陸上競技部、そして「数学・理科甲子園2108」で見事優勝して全国大会「科学の甲子園」に出場するGS科の生徒たちと全日本学生音楽コンクールに出場する3年生の舛本くんです。
あまりに多かったのでアセンブリーの時間目一杯を使ってしまいましたが、これはうれしい悲鳴です。よく頑張った生徒たち、そして表彰状こそなかったものの、各地区の新人戦予選で精一杯頑張った生徒たちを讃えたいと思います。
ありがとう、北高生のみなさん!これからも応援します!!
<さっそく飾られた「数学理科甲子園」の大きなトロフィー>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

公開授業週間始まる <校長ブログ921号>

11月13日(火)
昨日から公開授業週間が始まりました。
2時間目、2年生の英語の授業を見学しました。兵庫教育大学が文部科学省の委託事業として進めている「中学校・高等学校における英語教育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」の協力校として、33回生は1年生の時から英語の授業でiPad miniを使って授業をしています。今日も動画を見て、ペアワークを中心に、英語の表現、構文などを確かめて、最後はiPad miniを使って英語で話すところを録画して、全員で共有するという流れでした。時々、兵庫教育大学の先生と一緒に見学をしますが、今日は公開授業週間ということで20名近くの先生が見学されました。生徒たちは着実に、即座に英語で表現する力をつけているようでした。これからも頑張って欲しいと思います。
  
<生徒たちの楽しそうな笑顔が印象的でした>
『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

初代校長 奥田圭介先生と一緒に(^^)<校長ブログ920号>

11月12日(月)
週明けの月曜日の午後、先日の<校長ブログ916号>で紹介した初代校長奥田圭介先生が来校されました。ちょうど公開授業週間が始まって2年生の日本史の授業を見始めたところでしたが、すぐに戻って校長室でいろいろと開校当時のお話を聞きました。
当時の坂井時忠知事が、「三無主義」が蔓延して元気のなかった高校生を危惧されて、井野教育長に「世間をアッと言わせるような学校」をつくるよう命じられ、教育委員会内にプロジェクトチームを立ち上げて考えられたの学科の一つが本校の演劇科です。そして「演劇科は芸人をつくるところではなく、人間をつくるところ」という山崎正和先生のご指導のもと、秋浜悟史先生を迎えて演劇科がスタートしました。しかし演劇科だけが目立つのではなく、本校の主体となる普通科を「胴体」として、演劇科と理数コースを「両翼のエンジン」として飛躍する宝塚北高校にしたいという思いがあったとも聞きました。今も3科のそれぞれが互いに良い面を影響し合って、それぞれの特色を活かした宝塚北高校を創り上げています。
<「定礎」の文字は当時の井野教育長>
<「校名板」の文字は当時の高校教育課高橋課長>
この度、山崎正和氏が文化勲章をお受けになられました。これは本校にとっても、山崎氏と同じ歳の奥田元校長にとっても、大変嬉しいことです。山崎正和先生が来られた時、いつも特別講義の前に身だしなみを確認されたという校長室のクローゼットの鏡の前で、最後に奥田圭介先生と一緒に写真を撮りました(^^)
<二人の間に縦長の鏡があります>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)

講演「AIとの共存を目指して」<校長ブログ919号>

11月9日(金)
午後から県立川西緑台高校の創立50周年記念式典に来賓として出席しました。そして、引き続き行われた記念講演で「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」の著者、国立情報学研究所社会共有研究センター長の新井紀子氏の講演「AIとの共存を目指して」を聴きました。とても軽快な口調でわかりやすく、ステージからフロアに降りて、直接、生徒にマイクを向けて生徒の反応をみたり、本にもあったAIの仕組み、その弱点を面白く話されたり、とても楽しい講演会でした。
私もこの本を読みましたが、本の内容を今一度思い出しながら、AIに凌駕されない人づくりの大切さを改めて思いました。
  
<「みなさんを無事に2030年に連れて行きたい」と締めくくられました>

『止むは吾が止むなり。進むは吾が往くなり』良き友と共に、夢を叶える北高で目標に向かって全力で努力する北高生!応援します!!(校長 平松紳一)