作成者別アーカイブ: 宝北高広報01

サッカー部 新人戦 阪神予選リーグ 最終結果 

サッカー部
新人戦 阪神予選リーグ 最終結果

第1節
VS 市尼崎 0-3  ●
第2節
VS 伊丹北 1-0  ○
第3節
VS 尼崎西 0-0  Δ
最終節
VS 芦屋国際中等 5-0 ○
予選Fリーグ 2勝1敗1分け
(勝ち点7)で
2位通過で決勝トーナメントへ進出しました。

決勝トーナメント 1回戦
12月22日(土)
VS 報徳学園 9:30 K,O  報徳G
応援よろしくお願いします。

☆2回戦or敗者復活戦
24日(月) 報徳G
2回戦  9:30 K,O
敗復(1) 11:00 K,O

演劇科 外部出演「まどか園」

12月18日(火)  於 特別養護老人ホーム「まどか園」 演劇科2年生

特別養護老人ホーム「まどか園」(宝塚市)を訪問し、交流会を行いました。
クイズをまじえた劇を披露し、利用者と一緒に歌を唄ったり、簡単な振りを付けて体を動かしたりと楽しいひと時を過ごすことができました。


北海道胆振東部地震 合同募金活動

12月18日(火)

9月に起きた北海道胆振東部地震から3カ月が過ぎました。最も大きな被害が出た厚真町では、復旧が進む中、本格的な冬が訪れ、被災者の生活再建が課題となっています。

今回、「被災地の方々に温かい気持ちでお正月を迎え、安心して生活いただくこと」を目的に宝塚市内の4校が合同で、宝塚駅のJRと阪急を結ぶ連絡通路にて、災害募金活動を行いました。互いに協力し合いながら一生懸命に声をかけていました。

FM宝塚『Hi! HIGH ハイスクール!! 12月』

FM宝塚の番組『Hi! HIGH ハイスクール!!』の収録2回目。今回は12月9日(16:00~17:00)放送分です。


今回の放送はこのメンバーでお送りします。

逆瀬川のFM宝塚で最後の打ち合わせを終えると,3人で副題のジングル録音。第2回のテーマは「冬の北高便り」です。元気のいいバージョン,しっとりバージョンなどいろいろなパターンを録りました。

ミキサーの扱い方を習って…

録音開始!

今回は外から見えるスタジオでした。

応援合戦を紹介した「来たれ青春! 北高体育大会レポート」,食レポに挑戦した「ええやん宝塚!」,北高でクリスマスの思い出を聞いた「来たれ! 歴史に刻むクリスマス」の3つのコーナーを順番に収録していき……なんと今回も録り直しなしの60分一発録りで終了しました。

FM宝塚の皆様,取材に応じてくださった皆様,ありがとうございました。今回は大会と重なってしまったこともあり,準備も十分とは言えない状態でしたが,皆様のお力添えもあり無事録り終えることができました。

放送は12月9日(日)16:00~17:00です。FM宝塚のwebサイトやスマホのアプリでも聴くことができます。ぜひお聴きください。

(顧問 阪本)

第42回兵庫県高等学校総合文化祭 放送文化部門

県下112校が参加し,総合文化祭放送文化部門が行われました。
本校からはアナウンス4名,朗読2名に加え,ラジオドラマ・DJ・テレビドキュメントの3部門にエントリーしました。

予選は11月4日(日),会場は神戸星城高等学校でした。

■アナウンス小部門(187名中1~35位入選)
入選1名(決勝進出),佳作3名

■朗読小部門(192名中1~35位入選)
入選1名(決勝進出)

■ラジオドラマ小部門(44作品中1~6位入選)
入選(決勝進出)

■DJ小部門(39作品中1~6位入選)
佳作

DJ番組はわずか3点差の7位で惜しくも決勝進出を逃しましたが,出場したすべての部門で賞状をいただくことができました。

そして決勝は11月18日(日)に甲南女子大学で行われました。
予選を突破した2名・1作品と,決勝から審査が始まるテレビドキュメント番組1作品を発表しました。その結果は,

■アナウンス小部門 奨励

■朗読小部門 奨励

■ラジオドラマ小部門 銀賞(2位)

■テレビドキュメント小部門 銅賞(27作品中6位)

強豪校がそろう兵庫で,立派な成績です!

大会後のミーティングでは,みんなの協力があってこその結果だという感想が多くありました。行事などで忙しい中,お互いに助け合いながら大会に臨めたと思います。そして,なにより今回もたくさんの方にご協力いただきましたこと,心より感謝申し上げます。

さて放送部員たちは,審査員の先生方からいただいた講評をもとに,大会翌日からさっそく次に向けて進み始めています。大会だけでなく,FMでの番組制作やイベントの司会など多方面で意欲的な活動ができるようこれからも取り組んでいきます。

(顧問 阪本)

第2回 近畿高等学校新人水泳競技大会

10月6日(土)に第2回近畿高等学校新人水泳競技大会(於 まほろば健康パーク スイムピア奈良)が開催されました。水泳部1年生が50m自由形に出場し,26秒24の記録を収めました。惜しくも自己ベスト記録とはなりませんでしたが,体調が万全でない中での健闘を称えたいと思います。

水泳部は今後シーズンオフでの活動となりますが,また来年春以降の大会に向けて力を蓄えていきたいと思っておりますので,応援よろしくお願いいたします!

 

サッカー部 活動報告及びお知らせ 

*2018 U18リーグ戦  最終結果

8月25日(土)今シーズンのリーグ戦が終了しました。
6勝8敗4分 勝ち点22
7位(10チーム中) 2部残留
来シーズンこそ、1部復帰を勝ち取れるようがんばります!
応援ありがとうございました。

*夏季強化合宿

8月27日(月)~29日(水)
たつの市 サンブロススポーツフィールドしんぐう第1グランドにて強化合宿を行いました。残暑が厳しい中でしたが、選手権予選に向けてチーム一丸よいトレーニングができました。

*選手権予選ラウンド 組み合わせ

9月15日(土) 宝塚北G
VS 仁川学院  10:00 K,O
9月22日(土) 宝塚北G *県大会代表決定戦
VS 夢野台VS伊川谷北 の勝者 10:00 K,O

2試合ともホームでのゲームとなります。
保護者・OBの皆様、応援よろしくお願いします!

2学期始業式

9月3日(月)

2学期始業式が行われました。

まずは校長先生よりお話がありました。

「この夏,全国高校野球選手権大会やアジア大会で高校生と同世代が躍動する姿に励まされた」「活躍している人たちに共通しているのは,夢を諦めないこと,目標に向かって努力を続けていることである」「2学期明るく笑顔で一日が始められるように」などのお話があり,接近中の台風21号に向けての注意がありました。(明日の授業や課題考査に関しては,この後更新されます本校のwebサイトやメール連絡システムでご確認ください)

続けて表彰伝達式が行われました。

文学賞佳作受賞者,化学部,放送部,写真部,陸上部,水泳部の生徒が表彰を受けました。

生徒指導部長からは,SNSトラブルについてと,夏休み明けの気持ちの切り替え方について話がありました。

2時間目は大掃除でした。エレベーターホールが完成し,閉鎖されていた心の広場(中庭)の掃除も再開です。

それぞれの目標に向け,2学期も頑張ります!

FM宝塚『Hi! HIGH ハイスクール!!』

FM宝塚の番組『Hi! HIGH ハイスクール!!』の9月放送分を本校放送部が担当します。

【放送日】9月9日(日)16:00~17:00

これは宝塚北・宝塚西・宝塚東・雲雀丘学園の放送部が持ち回りで担当する月1回の番組で,企画からパーソナリティ,ミキサーまで全て放送部員が担当します。

1時間の番組ということで,ひと月前から準備をしました。そうして考えた企画や流れを担当スタッフと入念に打ち合わせ。

スタッフの意見を参考に内容を修正していきます。

担当の放送ごとに副題がついているのですが,今回は「北高は勉強だけじゃない。よみがえれ! 夏の思い出!」に決まりました。

そのタイトルコール収録の様子です。

番組では,食レポにも挑戦!

うまくレポートできたでしょうか?

そしてなんとか準備が整い,本日8月31日(金)にスタジオ収録をしました。

トークもミキサーも練習の甲斐あって,スムーズに進行。ジングル,BGM,トーク,インタビュー,リクエスト曲などがテンポよく組み合わさり,一度もカットがかからないまま驚きの60分一発録りで収録が終了しました。

準備も含め,本当に楽しい1ヶ月でした。このような機会をくださったFM宝塚の皆様,そして快く取材に応じてくださった皆様に感謝いたします。

放送はFM宝塚のwebサイトやスマホのアプリでも聴くことができます。どうぞお聴きください。
(顧問 阪本)

Kiss FM KOBE 『ハイスクールノオト』収録

放送部がKiss FM KOBEの番組『ハイスクールノオト』に出演します。

【放送日】
9月1日(土)8:00~8:15
9月8日(土)8:00~8:15

その収録が,8月11日(土)本社スタジオで行われました。

マイクテストの段階から元気いっぱいの放送部員たちです。

収録はサウンドクルーの永田早紀さんの進行で進んでいきました。内容は学校紹介と,20秒の「北高オリジナルCM」の制作。

スタッフの的確な指示もあり,三科をアピールした宝塚北高校のCMが完成しました。

そしてメンバーを変えて,2週目の収録。信州総文祭でも活躍した化学部のCMをドラマ仕立てで制作しました。

2本ともどのような作品になったのか,ぜひ放送をお聞きください。


最初から最後まで笑いの絶えない収録となりました。永田さん,Kiss FM KOBEのみなさん有難うございました!(顧問 阪本)