タイ王国国際交流フェアウェルパーティー挨拶(平成30 年11 月17 日 土曜日)

本日この場に参加いただいた皆様、ありがとうございます。この場に来ていただいた岸原教育長、校長先生、国際交流委員の皆様、そしてタイ教育省ユパさんをはじめとする引率の皆さん、トウィさん、マンさん、トンティンさん、モックさん、ヌックウィーさんありがとうございます。そしてホストファミリーの皆さんありがとうございます。
今日の皆様の思いはどうのようなものでしょうか。私自身も、11 月9 日からご一緒させていただき、まさしく家族が増えた感じがして、今日のこの場は寂しさを伴っています。

ホストファミリーとの時間は互いの国の文化の伝えあいではなかったでしょうか。文化の違いに戸惑いもあったかもしれませんが、そういうものを超えた互いの愛情が通い合ったのではないでしょうか。今はひょっとしたら、新たに加わった息子や娘、親戚を送り出す気持ちになっているのではないでしょうか。今、この場に皆が安全・無事にそろい、笑顔を見ることができたことがこの事業の成功をうかがえるものです。本当にありがとうございました。このあとの時間、さらにこの先、タイと日本の両国が友好な関係を続けられますよう、十分に互いの別れを惜しんでください。そして、この先のつながりをまた築いておいてください。

ユパさんはじめ、この企画をいただいたタイの教育省をはじめとする皆さまに改めて感謝申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。国際交流委員会の皆様ありがとうございました。

これからもこの交流がさらなるよきものとなっていくことを祈念いたしましてご挨拶といたします。