平成29年度 生き方講演会

9月13日(水)多可町文化会館ベルディーホールにて全校生と中町中学校3年生が講演を聞きました。

講師は木戸俊介先生です。自称「ポジティブ・モンスター」。とても明るく楽しく元気な先生でした。

演題は「前向きに”歩く”ために」。木戸先生は交通事故による重傷を受け、足が動かなくなってしまいましたが、「仕方がないので、上半身だけ筋トレしていたら、腹筋バキバキになりました。」と明るく話されました。

~生徒の感想~

「自分の人生は考え方次第で圧倒的ポジティブに変わる」という言葉が印象に残りました。(1年女子・2年女子)

「夢は語ったほうがいい、語ることで自分が夢から逃げられなくなり、周りの人が応援してくれて、夢の実現につながるということがわかりました。」(1年女子)

「自分の時間の過ごし方を改めて見直しました。」(1年男子・3年女子)

「多可高校は可能性が多い学校と言われて嬉しく思いました。」(1年女子・2年女子)

~講演後の座談会にて~

3年生の10数名が座談会に参加し、一人ひとりの質問に木戸先生が丁寧に答えてくださいました。

夢の実現につながっていくといいですね。