祝・姫路城グランドオープンとブルーインパルス

本日(3月26日)、雲ひとつない青空のもと、姫路城大天守保存修理完成記念式典が行われました。姫路城の歴史を紹介しております歴博からも、藪田館長が出席いたしました。

Exif_JPEG_PICTURE

式典に先立ち、朝10時からは、ブルーインパルスによる祝賀飛行が披露されました。

歴博中庭からシロトピア記念公園かけても、ブルーインパルスの勇姿をもとめて、いつにない大勢の人だかり。お子さま連れのご家族、ベビーカーをひいた若いお母様、愛犬を連れた青年、ロングレンズを構えた写真愛好家のグループ、……。

お城の南側の大混雑にくらべれば、歴博(とくに喫茶「はりまっ子さん」とか、中庭とか)やシロトピア記念公園は、知る人ぞ知る、たいへん穴場なスポットなのです。

ただし、お城の北側まで式典のアナウンスは届きません。腕時計やケータイに目をやりながら、ブルーインパルスが登場する瞬間を、いまかいまかと待ちかまえます。

じっと、待ちます……。

blue-impulse20150326_03

 

あっ……!

空を割るような飛行の音に耳をすませ、目をこらすと、はるか遠方から編成が近づいてきました。blue-impulse20150326_01

兵庫県立歴史博物館の上空を、軽快に、ものすごいはやさで、6機の飛行機が飛んでいきます!

 

blue-impulse20150326_02

一糸乱れぬ編成に、大きな歓声があがりました。blue-impulse20150326_04

 

10分間の祝賀飛行は、姫路城の修理完成を待ち望んだ約5年間にくらべれば、大変わずかな時間です。ですが、シロトピア記念公園にあつまった方々との一体感は、お城を愛する市民・県民のみなさんと喜びを分かちあえたような気がして、歴博スタッフにも貴重な体験となりました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 丹下健三デザインの歴博に映(は)える、姫路城とブルーインパルス……。

 

姫路城から当館までは、お城の出入り口から、黒田官兵衛の石垣をとおって、徒歩数分です。グランドオープンした姫路城とあわせて、その歴史をより深く知るために、ぜひ兵庫県立歴史博物館へご来館ください。

Exif_JPEG_PICTURE  

 

天守閣最上階からのぞむ歴博。お城の北エリアは、穴場なのです!

カテゴリー: その他 パーマリンク