京極夏彦先生来館!

今回の展覧会に、小説『姑獲鳥の夏』の文庫本表紙に使われた妖怪張り子などを出品していただいている京極夏彦先生が、7月23日(土)の講演会で姫路へ来られ、午前中に展示をご覧になりました

京極夏彦1

京極先生が展示室に現れると、気付いたお客さんはそのオーラに痺れたように反応していますが、ご本人は、担当の香川学芸員の説明にうなずきながら平然とお化けづくしなどに見入っておられます

妖怪造形

妖怪造形のコンテスト作品にはカラフルなものも盛りだくさん

カボソ

油断すると物陰にはカボソが潜んでいます

鬼

館内を堪能していただいたあと、講演会会場へ向かわれました

カテゴリー: 展覧会 パーマリンク