歴史の旅「旧福知山線の鉄道遺産を訪ねる」

12月1日(金)に現地見学会を実施し、旧福知山線の廃線跡に訪れました。

昨年、ハイキングコースとして一般開放され、トンネルの中を散策したり、絶景を拝みながら緩やかな時間を過ごすことができます。

今回はJR福知山線生瀬駅を出発し、ハイキングコースを辿って武田尾駅まで赴きました。

生瀬駅から廃線跡入り口まで。

奥が現在の橋桁で、手前が昔の橋桁

いざ、旧福知山線廃線跡!

 

枕木

様々な所で解説を聴きながら散策。ここではレンガの配置について解説。

レンガ造の土留擁壁

長尾山第1トンネル

武庫川第2橋梁

記念の集合写真

最後は虹に見送られ、JR武田尾駅にてお開きとなりました。

 

紅葉のシーズンにもぴったりの旧福知山廃線跡、みなさんもぜひ足を運んでみてください!

 

カテゴリー: 未分類, 館外活動 | 歴史の旅「旧福知山線の鉄道遺産を訪ねる」 はコメントを受け付けていません。

館長鼎談「豊臣秀吉を語る」

11月12日(日)にイーグレ姫路 あいめっせホールにて、特別展「ひょうごと秀吉」のイベントが開かれました。

前半は講談師の旭堂南海氏による、豊臣家と姫路にゆかりのあるお題での上方講談『難波戦記』より「片桐且元と方広寺梵鐘」。

大坂の陣開戦へとつながる、方広寺梵鐘の銘にまつわる話を秀吉、鋳物師芥田家など今回の特別展に展示されている古文書と関連付けて上演していただきました。

 

後半は大阪大学名誉教授・大阪歴史博物館前館長の脇田修氏と、大阪城天守閣館長の北川央氏、藪田館長による鼎談。

史料調査や資料収集に関することから「秀吉とはどういう人物であったか」というお話まで、様々なお話をしていただき、盛況の中お開きとなりました。

特別展「ひょうごと秀吉」は11月26日(日)まで開催しております。博物館の周りも秋の装いとなっていますので、紅葉狩りも兼ねてぜひご来館ください。

カテゴリー: 展覧会 | 館長鼎談「豊臣秀吉を語る」 はコメントを受け付けていません。

歴はく倶楽部「木で列車をつくろう」

たくさんの方にご参加いただき、鉄道の根強い人気がうかがわれます。兵庫県立歴史博物館のロビーにて、歴はく倶楽部「木で列車をつくろう」が開催されました。

見本を見て色を塗っていきます。

色が塗れたらドライヤーで車体をかわかし…

さらに細かい模様を描いていきます。

描き終わったらまたドライヤーでかわかして完成です。こういう黄色い新幹線をつくる人が多かったように思われます。

歴はく倶楽部は当館のイベントボランティアさんが企画運営を行っており、毎回ユニークなイベントを考えていただいています。次回は8月27日(日)に「ダンボール箱で貯金箱をつくろう」です。どんな貯金箱ができるのか、みなさんも一度体験しに来られませんか?

カテゴリー: 教育普及, 館内雑観 | 歴はく倶楽部「木で列車をつくろう」 はコメントを受け付けていません。

歴はく倶楽部「ぶんぶんゼミをつくろう」

去る平成29年6月25日(日)、歴はく倶楽部「ぶんぶんゼミをつくろう」を開催しました。歴はく倶楽部は当館のイベントボランティアのみなさんが企画する体験学習行事で、毎回席が満員になるほど多くのお客さまにご参加いただいています。この日、制作したぶんぶんゼミは、柄を持って回すと、糸の先についたセミの部分がブンブンと音を鳴らしながら回るという、どこか懐かしい玩具です。

続きを読む

カテゴリー: 教育普及, 館内雑観 | 歴はく倶楽部「ぶんぶんゼミをつくろう」 はコメントを受け付けていません。

歴はく倶楽部「風車をつくろう」

今日5月28日(日)、兵庫県立歴史博物館にて歴はく倶楽部「風車をつくろう」を開催したところ、ご家族連れを中心に多くのお客様にお楽しみいただきました。

受付の見本を見てつくりはじめます。 続きを読む

カテゴリー: 教育普及, 館内雑観 | 歴はく倶楽部「風車をつくろう」 はコメントを受け付けていません。

11月6日 絵本研究会シンポジウムの報告

芸術の秋にふさわしく、特別展「描かれた大正モダン・キッズ」では、あたたかな子どもの暮らしや空想の世界を描いた絵画が並んでいます。

blog_1611_1105

当館では去る11月6日(日)に、絵本学会(http://ehongakkai.com/index.html)との共催で、シンポジウム「絵雑誌の研究 その意義と新たなアプローチ-「池田コレクション」、「入江コレクション」を中心に-」が開催されました。

続きを読む

カテゴリー: 展覧会, 未分類 | 11月6日 絵本研究会シンポジウムの報告 はコメントを受け付けていません。

夜の姫路城大天守

dscf0275-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ライトアップされた世界遺産姫路城の大天守が闇夜に浮かび上がる姿に見惚れてしまい、帰宅途中についカメラを向けてしまいました。

dscf0287

かつて大天守を照らす明かりといえば月明かりしかなかったでしょう。今はライトアップされたおかげで、夜中でもこのような写真を撮ることが可能になりました。

カテゴリー: その他 | 夜の姫路城大天守 はコメントを受け付けていません。

テレビ出演情報です

こんにちは。

当館学芸員のテレビ出演情報です。

11月3日(木・祝)午前8:15~午前9:00

NHK総合テレビ 真田丸最終章「大坂の陣」まるわかり!「真田信繁と後藤又兵衛~最強の同士~」(仮)

姫路市内に伝わる後藤又兵衛関係文書が紹介される予定です。

ご関心のおありの方はどうぞご覧ください。

 

カテゴリー: お知らせ, 調査研究 | テレビ出演情報です はコメントを受け付けていません。

特別展「描かれた大正モダン・キッズ」開幕

澄みきった青空。カエデやスズカケなど樹木の紅葉もはじまり、日中は散策を楽しむ市民でにぎわうシロトピア公園です。

blog_1610_1501

さて、本日は特別展「描かれた大正モダン・キッズ-婦人之友社『子供之友』原画展」の開会式が行われました。

blog_1610_1502

『子供之友』とは、大正時代に婦人之友社より創刊された、子供向けの雑誌です。その表紙や挿し絵のため、竹久夢二や武井武雄など著名な画家たちが、競い合うようにして筆をとりました。 続きを読む

カテゴリー: 展覧会, 未分類 | 特別展「描かれた大正モダン・キッズ」開幕 はコメントを受け付けていません。

姫路のやきもの「東山焼(とうざんやき)」を展示中!

江戸時代のおわり頃、東山焼(とうざんやき)という焼き物が、姫路藩の経営により、姫路城のすぐ近くで焼かれていました。

いま兵庫県立歴史博物館では、東山焼の花瓶(かびん)や煎茶道具など9点を、館内の「歴史工房」という展示室で展示しています。

東山焼を展示している「歴史工房」には無料でご入場いただけます。

img_9903-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

続きを読む

カテゴリー: お知らせ, 館内雑観 | 姫路のやきもの「東山焼(とうざんやき)」を展示中! はコメントを受け付けていません。