血潮なる熱き情~校長ブログVOL.276

10月5日(土) 県立西宮高等学校100周年記念式典

兵庫県立芸術文化センターで行われた県立西宮高校の100周年記念式典に出席し、お祝いしてきました。大ホールに入るのは2回目です。宝塚北高校の教頭時代にここで30周年記念式典をしました。その時は裏方でホールの様子をくまなく見る余裕はなかったのですが、まじまじと見ると茶系統で統一された”木”をイメージする素敵なホールです。あの時も大変でしたが、ここまでの準備が大変だっただろうなと思います。
邦楽部の太鼓演奏、吹奏楽部の演奏、100年の歴史のスライドショーと豪華なオープニングです。井戸知事が来賓のあいさつで「100年は経過点に過ぎないが、節目である」と言われていましたが、一つの世紀ですから大きな節目だと思います。
記念演奏会は音楽科の合唱とオーケストラの演奏、それにハンブルグ音楽院の方のピアノ演奏など素晴らしいものでした。
本校も来年度、50周年を迎えます。「県西」に比べると「北高」は半分の歴史ですが素敵なお祝いになるよう準備を進めています。進捗状況についてはこれからお知らせしていきます。

カテゴリー: 校長通信 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です