血潮なる熱き情~校長ブログVOL.195

6月4日(火) 全校朝礼

毎月恒例の月初めの全校朝礼です。今週末の7日(金)・8日(土)にある北高祭のサブテーマが「新しき時代(とき)」にちなんで、今日の漢字は「時」にして、「時」について話をしました。今月の10日は「時の記念日」ですしね。
通勤の時間、「時」をうまく活用して「本を読む」ことで得ることが多い話をしました。
少し前になりますが2月に藤原和博さんの講演を聞きました。藤原和博さんはリクルート社に長く勤められ、東京の中学校の校長、奈良の高校の校長を務められました。リクルート社といえば、本校でも取り組んでいるスタディサプリを提供している会社です。藤原和博さんはスタディサプリの中で「よのなか科」という動画コンテンツを提供されています。この動画ではいきなり、「どうすれば稼げる大人になれるのか、学校で教えてくれますか」などの少しショッキングなフレーズが出てきます。
ここまでは前置きで藤原和博さんの「10年後、君に仕事はあるのか?」という本の紹介をしました。この本は高校生向けに書かれているため、読みやすく、この本にも述べられていて、講演でも話のあった次のことを紹介しました。
学校の勉強は「情報処理力」を鍛える、すなわちアタマの回転の速さを鍛える、これだけでは十分ではなく、「情報編集力」が必要である。「情報編集力」は正解がなく納得解を生む力、経験や体験から身につく力でアタマの柔らかさを鍛えるものである。これにはコミュニティでのナナメの関係が必要である。
あまり書くと面白くないので続きは読んでみてください。本校の図書室の蔵書にはなったようなので早速買ってもらうようお願いしました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です