血潮なる熱き情~校長ブログVOL.186

5月7日(火) 全校朝礼

10連休が終わりました。この連休中、多くの部活動が公式戦等で活躍してくれています。これから3年生は最後の大会を迎える部もあります。日頃の練習の成果を思う存分に発揮して、活躍を期待します。ところで、今日の1校時が始まる前に全校朝礼です。今日は次のような話をしました。

  • 連休中に平成が終わり、令和が始まりました。ニュース等で「令和」と筆で書くシーンを多く見ました
  • それと、次の二つの理由で今日の漢字は「和」にしました
  • 理由の一つ目は「和」には「互いに相手を大切にし、協力し合う関係にあること」という意味があります
  • 「和」に「む」と送り仮名を付けると「なごむ」と読みます
  • 「和む」には「なごやかになる」という意味があり、互いを大切にして協力し合う北高生であり、そしてなごやかな北高にしましょう
  • 理由の二つ目は京都の清水寺の森清範貫主のインタビューのテレビ番組を見ました
  • 収録は3月でしたが、新しい元号には「和」の漢字が良いと言われていました
  • 「える」と送り仮名を付けると「あえる」になります。「和える」という意味でも「和」が良いと言われていました
  • 私なりの解釈ですが、一つ一つの食材でもおいしいが、それぞれの食材が和えられるとさらにおいしくなる、調味料が加わるとさらにおいしくなる
  • 一人一人がもつ良いところを、北高生全員が「和える」ことでさらに良い集団になることを期待します

カテゴリー: 校長通信 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です