にしきた花だより 第83号 酉年とキタロー

にしきた花だより 第83号 酉年とキタロー

 今年は酉(とり)年です。鳥にまつわる話題を取り上げます。

 JAXAが、昨年12月に「こうのとり6号機」を打ち上げました。すでに国際宇宙ステーションISSへの物資補給が終了しています。今回はさらに、宇宙ゴミを除去するミッションも追加されています。

 故障した人工衛星やロケットから切り離された部品などが、宇宙ゴミとなって宇宙空間を漂っています。これに金属製のひもをくくりつけ、安定した軌道から、地球の引力に引っ張られるように移動させます。最終的には大気圏に落下させ、燃え尽きさせる計画です。まだ実験段階ですが、宇宙ゴミが原因の衝突事故を減らすための大切なミッションとなります。

 さらに気になるのは、鳥インフルエンザです。野生の鳥は、インフルエンザウイルスを体内に生存させながら、普通に生活することができます。しかし、養鶏場で飼育されるニワトリには、インフルエンザウイルスに対する免疫がありません。野生の鳥から養鶏場のニワトリにウイルスが入ると、瞬く間に、養鶏場全体に感染が拡がる恐れが出てきます。

 人と家畜が濃密に接触する環境では、鳥インフルエンザ由来のウイルスが、人から人に感染するタイプに変異する事が危ぶまれます。高病原性のウイルスは、喉や気管だけでなく全身で炎症を起こす可能性があります。こうなるとすぐに命にかかわる事になるので、気をつけたいものです。

「飛翔(はばた)いたら戻らないと言って、目指したのは白い白いあの雲
 突き抜けたら、みつかると知って、振り切るほど蒼い蒼いあの空」                              ブルーバード(いきものがかり)

 今年に入って、西宮北高校・マスコットキャラクターの「キタロー」がお披露目されました。紹介します。
キタロー原本

カテゴリー: にしきた花だより パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です