師走の候7 〈校長ブログ 第16号〉

IMG_2992 生徒会による発表IMG_2993三浦先生による講話

本日は体育館で全校生徒を対象に防災講話がありました。まず中高生防災ジュニアリーダー研修に参加した生徒会の皆さんの発表です。生徒の皆さんへのアンケートの結果や防災グッズの紹介、他校の実践例などを紹介してくれました。小中高が隣接している本校だから、防災合同行事をしたら良いのではないかという提案もありました。生徒会の皆さんからの発表は、より身近で説得力がありました。ご苦労様。どうもありがとう。

三浦先生の講話は、かつて舞子高等学校で環境防災科を立ち上げなさった実績から、なぜ防災が必要なのかと言うことがとてもよくわかる内容でした。ほぼ確実にやってくる大地震、まずは防災が大切ではあるが、いつ来るかわからないものに対して備えることの難しさがあります。だからこそ避難訓練を通じて、防災を考えることが大切なのだというご指摘でした。ボランティアを通して災害への備えをすることを学び、日常生活の大切さありがたさを実感することが出来るそうです。ぜひ若い日に皆さんも行ってほしいなあと思いました。「防災力とは仲間を大切にすることだ。」挨拶や、相手を思いやる気持ちによって防災力が高まっていくというのです。日常を丁寧に積み重ね、今あることに感謝しながら生きていきたいですね。三浦先生、愛あるお話しをありがとうございました。

カテゴリー: 校長通信 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です